ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

「UFO 球体」がスウェーデンの海岸でボートを追いかけた


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191222233954j:plain

(図 以下のYouTubeより)

「UFO 球体」がスウェーデンの海岸でボートを追いかけた

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

海岸からボートを追いかける大きな白い水中の球が、スウェーデン(Sweden)で撮影されました。それは何者なのか。水中のエイリアンや秘密の軍事プロジェクトなのか。

未知の動物種なのでしょうか? ビデオを見て、この目撃についてどう思うか教えてください。

 


white UFO_ sphere or orb chases boat off coast of Sweden Sept 17_2011

(1:55)  2012/01/16

 

 

----- 出典 -----

元記事は掲載終了しております。

 

----- このビデオ紹介記事を読んで -----

アーカイブ的に、こんなものも取り上げられているとしてのピックアップです。

ビデオでは、バスケット・ボールよりも大きい白い球体がボートに近づいてきます。スウェーデンの沿岸という場所柄、ベルーガ(Beluga、シロイルカ、シロクジラ)の頭部のような雰囲気ですが、残念ながらスウェーデン沿岸はベルーガの生息域から外れるようです。それに、海洋で暮らす動物とは泳ぎがまったく異なり、動物とは思えない印象です。

一方で、リモコン操縦のドローン類だとすると、機械的な意味で推進するときの航跡が見られません。バスケットボールのような球体に、ボートの速度に見合う動力を収納するのは、設計製造上なかなか難しそうです。もし、そうしたものが開発されていれば、今頃は商品化されているのかもしれません。

または、別のボートからロープまたはチェーンのようなもので曳航しているブイ(buoy、浮標)の可能性があります。ブイだと断定するには、なんとなく奇妙な感じもします。特別な仕掛けがあるのでしょうか。狙ったフェイクなのか、たまたま出くわしたものを撮影し誤解しているのか、こうした可能性は否定できなさそうです。

まあ、これが未確認物体だとして話を進めますが、びっくりするくらいショボい感じがします。派手な印象のものほどフェイクかもしれない定説もありますので、地味なものほどリアルなのかもしれません。

2019年、米国海軍のチックタック(Tic-Tac)のパイロット目撃情報と合わせると、チックタックは空中飛行から潜航までする未確認潜水物体(Unidentified submerged object、USO)でもあり、こうしたものなのかもしれません。こうしたサイズのものは、地球外のドローン探査機なのかもしれません。

 

シロイルカ - Wikipedia

未確認潜水物体 - Wikipedia

Unidentified submerged object - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp