ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

CSETI協会会員によるUFOとの直接接触ヴェロ・ビーチ、フロリダ


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200726043802j:plain

CSETI協会会員によるUFOとの直接接触ヴェロ・ビーチ、フロリダ

(図 グローブ Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

2つのUFOは、世界で最も有名なUFO調査者の1人が率いるグループに召喚された後に、空に登場したと言われています;ドクター・スティーブン・グリア(Steven Greer)氏が行った「エイリアン・コンタクト」セッションのショッキングなクレイビー(clavier)で、このセッションでは、フロリダ州(Florida)ヴェロビーチ(Vero Beach)の海上にある光の1つ、そして2番目のオレンジ色に輝く球体の様子を示しています。

元医師であったグリア氏は、米国政府がすべてのファイルを公開するようにするための公開プロジェクトの中心人物です。それは、エイリアンとUFOについて、エイリアンが地球を訪れたことを認めているものです。

2001年に彼は、問題を議論する議会の前に何名かの目撃者を立てた、議会の公聴会を開催するのを手伝いました。 ビデオの中の医学。

彼はまた、「地球外情報の理解を促進することに専念した国際的な科学研究教育機関」と言われる地球外情報研究センター(Center for the Study of Extraterrestrial Intelligence、CSETI)を設立しました。

グリア氏は、エイリアンのクラフト[宇宙船]を瞑想して登場させることができると主張し、2つの物体に「存在するもの」が含まれ、それらは彼らと通信していことをグループに伝えます。

ビデオの中では、2つのオーブが数分間存在し、一方が消えてもう一方が消えます。

ビデオのサブタイトルは、「高度な意識訓練の間に捕獲された地球外の接触」です。

グリア氏はエイリアンを召喚するための「一貫した思考」と「瞑想の実践」を使用すると主張しています。彼はCE-5プロトコルと呼んでいます。

彼は以前UFOセミナー中に、同様のセッションに参加してフランス国防省のメンバーのエイリアンと接触したと主張しました。

フランス人(French)のモッド(Mod)氏は、彼の主張についてエクスプレス・ドット・シーオー・ドット・ユーケー(Express.co.uk)誌にコメントすることを拒否しました。

ビデオで彼は、彼の主張する技巧を教えられている学生グループに言います:「オレンジ色の物体は何でしょうか。なんてことだ。ワォ」

「あなたはその色が分かります」

誰かが、それがただのフレア[燃えて揺らめくもの]であるかどうか尋ねますが、彼は答えています: 「いいえ、全く違います。 来てくれてありがとう。

「ああ、ここに来ます。どれほど豪華な2つを見ています。

「私は暗視望遠鏡を見ていますが、煙もなく、道もありません - これらはフレアではありません。

「さあ、彼らを歓迎しましょう」

グリア氏は、彼の主張している技巧を新しい世代の訓練と組み合わせています。

 

www.dailymotion.comDirect UFO contact by CSETI association members vero Beach Florida

(10:21)  2018/06/18 ・・・ 貼られていたYouTubeと同じビデオ

 

ティーブン・グリアさんのオリジナル版


Steven Greer CE-5 UFO Sighting: Vero Beach FL February, 2015

(9:06)  2015/02/02

 

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(原文は、このdailymotionのビデオ解説に、元記事と同じものが貼られています。)

Direct UFO contact by CSETI association members vero Beach Florida

(出典のソース)

www.express.co.uk(同様な記事)

www.inquisitr.com

 

----- この記事を読んで -----

ビデオ紹介記事になります。スティーブン・グリアさんが行われている活動の1つを知ることができます。

この中でとても印象的なことは、瞑想によりUFOと交信されているとのこと。このことは、私達の意識とUFOのコンタクトがある、つまり意識でコンタクトがされる、こうした理解をしなければならないようです。

従来、私達がUFOと呼んではいるものは金属で作られたイメージの乗り物です。そして無線機のようなデバイスで交信するものだろうと思っていました。しかし、意識でのコンタクトになってくると、実は生物的な存在なのではないかという可能性を考えてしまいます。

もしそうならば、その生物的な存在は、私達が逆らえない重力に関係なく空中に存在しています。どういう事なのでしょうか。

私達の常識を見直さなければいけないようです。学校で教育されたり、この社会で生きてゆくために身に着けた社会常識を否定しなければならないことがあるかもしれません、苦痛でしょうか。

 

ティーブン・グリアさんのチャンネル:Dr. Steven Greer - YouTube

Steven M. Greer - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

第2部

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpティーブン・グリアさんのビデオを紹介しています。

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp