ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

オーストラリア最悪のエイリアン遭遇の歴史


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200513150320j:plain

オーストラリア最悪のエイリアン遭遇の歴史

( 図 UFO Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

幸運な国には、数十年に渡って奇妙な第3種遭遇(encounters of the third kind)にことかきませんでした。 ここで、私達は、最も奇妙ないくつかを語ります。真実はそこにあります。

それについて考えてください:大規模で広大な土地、あまり精査することなくソーサー(saucer)[円盤]を回転させるのに十分な空間、変わった探索のために潜んでいる人間の適切な人口...オーストラリア(Australia)はちょうど休暇を取るエイリアンのための最適な場所かもしれません。

オージー(オーストラリア)は世界のUFO中心として知られていないかもしれませんが、オーストラリア人は、何十年にも渡り、原因不明の現象を伴う不気味な遭遇を数多く報告しています。

ここでは、最も悲惨な自家製の「Xファイル(X-Files)」の出来事の幾つかの概要があります。

 

フレデリック・ヴァレンテッヒ(Frederick Valentich)氏の場合

(Fig.1) バレンティク氏の飛行機 - 彼と共に - 二度と見られませんでした。

 

耳障りな無線送信。水面上の飛行。頭上を直接飛ぶ不可解な物体。フレデリック・ヴァレンテッヒ氏の場合は、オーストラリアの最も謎だらけのUFO未解決事件かもしれません。

1978年10月21日の夜、20歳のヴァレンテッヒ氏は、日没の1時間前にビクトリア州(Victoria)のムラビン(Moorabbin)空港からレンタルされたシングル・エンジンのセスナを借りました。おそらくキング島(King Island)に向かってシーフードを食べることになりました。バス海峡(Bass Strait)のどこかで彼の上にUFOを見つけた後、ウァレンテッヒ氏は支援を得るためにメルボルンの航空飛行サービス(Melbourne’s Air Flight Service)に無線をしました:「大型機と思われ、5,000を下回っている」と彼は言いました。「...何らかのゲームをしている... 2回、3回、一度に私の上を飛び越えました。私が認識できなかったスピードで。」

ヴァレンテッヒ氏は、信号が消える前に、緑色の光る長い金属の物体を説明しました。 彼の中に、飛行機は再び見られませんでした。

 

1966年のウェストール(Westall)での目撃

学校は、最高の時に子供に幻覚を与えるのに十分ですが、それは珍しいことですが1ヒットで教師を含めてとても多くの人に起こります。

それは多かれ少なかれ、1966年4月6日の午前6時に、クレイトン・サウスのウェストオール(Clayton South’s Westall)高校で200人以上の人々が驚くべき光景を見るために外に走った時:本格的なフライング・ソーサーのトリオです。「それらは木々の上でホバリングしていて、木々に降りて、1 - 2分後に消えてから元に戻りました。そして、その側で一種のバンクの類をして、時速1000マイルで離陸していきました。」当時13歳の目撃者、スー・サベージ(Sue Savage)氏は語りました。

間もなく軍事要員と「黒服の男性(men in black)」が現場に現れたと言われています。郊外のUFOミステリー、 または政府の天気実験でしょうか。それは、あなたが決めることです。 (情報(FYI):事件の映像を含むチャンネル9本のフィルム缶が、その後、保管場所のアーカイブから行方不明になりました)。

 

ミステリアスなマウント・ガンビア

(Fig.2) 奇妙なライトがミロウィック氏の豚舎を「スポットライトのように」照らしました。

 

ストーンヘンジ(Stonehenge)。 グレートピラミッド(The Great Pyramid)。 バミューダトライアングル(The Bermuda Triangle)...マウント・ガンビア(Mt Gambier)[町の名前]。ビクトリア州(Victoria)の田舎町は「私達の年齢の隠されたミステリー」を叫ばないかもしれませんが、これを考慮してください:30年代後半以降、マウント・ガンビア周辺の地域は、主張されているUFOの重要なシェアをされています。

1969年2月18日に行われたマウント・ガンビアの「境界ウォッチ」を取上げます:ある1人の目撃者の報告によれば、「ブルース・ミロウィック(Bruce Millowick)氏のブタ小屋が灯台のように輝きました。」彼らの農村の近所の空に、点滅する不気味な赤と緑のライトを描写しています。

それは、その週に報告された無数の症例の1つでした。他の人達は、強烈な明るい光にプリンセス・ハイウェイ(Princess Highway)に沿って追われています。 気味の悪い。

 

ワシントン(WA)トライアングル

パース(Perth)[西オーストラリア州の町]の人々は10年ほど前には少し神経質になりました。それは、ジェラルトン(Geraldton)[の町の]近くの砂漠に不自然に大きな三角形の物体をGoogle Earth経由で探ったときです。このサッカーサイズの三角形は何だったのでしょうか。変色した芝生でしょうか。土地に絵かがれた芸術でしようか。あるいは、もっと邪悪なもの - おそらくそれらの普遍的なフライング・トライアングルの1つでしょうか。それは、過去数十年の間、世界中の人々が注目してきましたものです。

米軍基地が近所にあって、 一部の薄くそうした傾向のあるローカルの住民は、最高機密の軍用機や邪悪なHAARPスタイルの天気兵器を含めて、あらゆる種類の陰謀論的な結論を肯定しました。陪審(july)は、今日に至るまで出ていません。

 

ノールズ(Knowles)

(Fig.3) 広大なナラボー砂漠:エイリアンの活動に最適な場所でしょうか。

 

1988年1月19日、奇妙な武勇談がノールズ家に降りかかりました。広大なナラバール砂漠(Nullarbor Desert)の小さな辺境のムンドラビラ(Mundrabilla)の側で、フェイ・ノールズ(Faye Knowles)氏と彼女の3人の息子は遠くに現われるミステリアスな光に気づきました。

恐怖の中で車をフローリングし、家族は後で警察に語りました。車が地面に叩きつけられる前に、光線が車を空中にぐいと引き上げました。タイヤが不能にされ、車内が不気味な灰色の霧と悪臭で満たされました。「私の脳が吸われているように感じました」と、長男のパトリック(Patrick)は後に語りました。次の町のトラック運転手は次のことを証明しました。家族全員が奇妙な経験から目に見えるほど揺れ動いていました。

 

タスマニアのケタリング事件

最近のテレビドラマ「ケタリング事件(The Kettering Incident)」は、オーストラリアの「ツインピークス(Twin Peaks)」への答えで、説明のできない現象のタスマニア(Tasmania)で最も永続的なケースの1つから、その手かがりを取り上げています。

タスマニアは、60年代と70年代の主要なUFOホット・スポットでした。  - 1976年2月、ケタリングの南の町の外に住む男が、彼の幼い子供により目覚めました。リトル・オイスター湾(Little Oyster Cove)の海岸に落ちる「飛行機」を目撃する前に、その地域は明るい輝きで覆われました。

彼のナイトガウン(nightgown)で調べると、彼は風変わりなブンブン言う、ドーム型の物体を見たと主張します。焦げた草の円形パッチ跡は、翌朝にその場所で見つけられました。

 

ケリー・ケイヒル(Kelly Cahill)氏のアブダクション

(Fig.4) 不気味に、数人の目撃者がケリー・ケイヒル氏のアブダクションのストーリーを裏付けました。

 

1993年8月深夜頃、ケリー・ケイヒル氏は、ナーレ・ウォーレン・ノース(Narre Warren North)の友人の家から運転して帰宅しました。そのとき彼女と彼女の夫が目撃しました。それは、上空にオレンジ色のライトが付いた大きな飛行船だと理解しました。彼らは、他の2台の車も存在するなかで、調査に行きました。彼らは、一秒後に彼らの車の中に「来た」強い光で盲目になっていましたが、方向が分からないにもかかわらずリラックスしました。

ケリー氏は後に痛烈な胃の痛みで入院し、そして彼女のヘソの近くに三角形のマークを発見しました。彼女は後に繰返しの夢と記憶を経験し始めました:飛び出た赤い目をもついくつかの背が高い、やせっぽちの影状の人物像と、彼女のその後のアブダクション[拉致]のビジョン。

不気味に、他の車にいた目撃者は、催眠術の下にケイヒル氏の話を独立に裏付けました。似たような記憶と自身のヘソにマークが付いています。なので、UFOサークルの中の「カルト(cult)」は、ケイヒル氏のストーリーで、モルダー(Mulder)氏とスカリー(Scully)氏自身が名前をつけた最新の「Xファイル」の具体化のエピソードです。

 

 

----- 出典 -----

Alien encounters in Australia: The 7 strangest ever (関連記事)

www.pedestrian.tv

www.news.com.au

 

----- この記事を読んで -----

世界中でさまざまなUFO事件が報告されています。そうした中で、オーストラリアでのUFO事件のダイジェストです。

既にご存知のことや、ないものあるかと思います。オーストラリア大陸なだけあって、かなり広範囲でさまざまな事件が挙げられています。エアーズロックのあるレッドセンターでは、もっと何かありそうな気がしますが、事例としては出てきていません。

こうした遭遇事件やアブダクション事件は、日本での情報はあまりないのでしょうか。

 

UFO sightings in Australia - Wikipedia

 

(MUFONにも、いろいろと登録されています)

www.mufon.com

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp