ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

エイリアン生命体は、物理法則と区別がつかないほど進んでいるかもしれません


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191218152010j:plain

エイリアン生命体は、物理法則と区別がつかないほど進んでいるかもしれません

(図 イメージ画像 クレジットNASA)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

私達は宇宙人を見たことがない...もしくは、見た事があるのでしょうか。 ロズウェル(Roswell)事件の陰謀論者でありません、今ではありません。 座ってください。 私達は、より複雑さが増した多数の人で話します。 これを試してみましょう:エイリアンは物理法則の背後にある人形師です。 あるいは、エイリアンは文字通り物理学かもしれません。 私達が宇宙の基本的な定数や、ブーム[原因不明の大気音]、ダークマター(dark matter)の正体とか、そしてE.T. などについて把握したい思った時に。 これらが本当なためにはあまりにもクレイジーでしょうか。 証明しましょう。

英国のSF小説家で未来派アーサー・C・クラーク(Arthur C. Clarke)氏は、クラーク氏の3つの法則として知られる有名な3つの格言を定式化しました。 そのうち、3番は大きく注目されています「十分に高度なテクノロジーは、魔法と区別がつかない」。

まずは洞窟人について考えてみましょう。 あなたが古代の穴居人にiPhoneを手渡したなら、彼は「魔法」のデバイスに唖然とするでしょう。 しかし、時間を与えたら、フレッド・フリントストーン(Fred Flintstone、原始家族フリンストーン/米TVアニメ)は、おそらくツイートやスナップ・チャットを開始するでしょう。 さあ、思考のペースを上げてみましょう。 テクノロジーが非常に進歩していると想像してください。それらについてテクノロジーやマジックとしても認識されません。 魔法と呼ぶことが侮辱になるほど進歩する可能性があります。 申し訳ありません、デイヴィト・ブレイン(David Blaine、奇術師/米国)

2016年、コロンビア大学(Columbia University)の宇宙生物学ディレクターのキャレブ・シャーフ(Caleb Scharf)氏は、ノーチラス(Nautilus)誌の記事で思想実験を行いました。エイリアンは大変に進歩しているため、私達は物理学の法則から離れてそれらを語ることができないだけかもしれません。 「結局のところ、宇宙が他の生命を抱いていて、その生命の幾つかが私達の複雑さと技術の分岐点を超えて進化したのならば、私達は大変に極端な可能性を考慮しなければなりません。」とシャーフ氏は書いています。

極端な可能性がある限り、「おうぃ、おそらくどこにも存在する総てが、それ自体がエイリアンの知性かもしれない」と仮定するよりも、それほど深刻になることはありません。

どうして正しいでしょうか。 「おそらく生命は原子や分子で作られる必要はありませんが、必要な複雑さを持つビルディング・ブロックの任意のセットから組み立てることができます」とシャーフ氏は書いています。 「もしそうなら、文明はそれ自身を書き換えられたでしょうし、物理的な領域全体を新しい形態に変換します。その通りで、おそらく私達の宇宙は、他の文明が世界を変えた新しい形の1つです」 これはフェルミパラドックス(Fermi paradox)に対する可能な限り大雑把な解決策でしょうか。 まあ、それは確かに慣れた回答ではありません。

 

(Fig.1) 訪問者のイメージ図

 

これは、まったく遠く離れたサイケデリックな思考ではありません。(例えそうだったとしても、私達はまだここにいるでしょう) 音であれば仲介人として、シャーフ氏は、彼の考えの実験が最も神秘的な宇宙現象を説明できると主張しています。 親愛なる友人、ダークマターを連れてきてください。 この見えないものは観測可能な宇宙の27%を占めていますが、それについては事実上すべて不明です。

宇宙論者や天文学者の仮定や予測に基づいて、ダークマターは私達が理解しているよりも遥かに複雑になる可能性があります。 ダークマター・モデルと観測値との間の不一致は、それを裏付けるだけです。

このように総ての明らかに複雑なことは、テクノロジー面で進歩した生命体がそこに保存されていると思うのは珍しいことではないと、シャーフ氏は述べています。 「電磁放射の影響を受けない形態を採用するよりも、超新星ガンマ線バーストの厄介なものを逃れるためには、より良い方法は何でしょうか。ダークサイドで膨大な量の財産にあなたの世界をアップロードし、それを済ませてください。 不一致は人為的に改ざんされた結果かもしれません。

宇宙のおよそ68%を占める謎のダーク・エネルギーと同様の運動をすることができます。 宇宙は、50億年前まで冷えて、加速された速度で拡大を始めておらず、科学者は理由を知りませんでした。 おやおや、なんて都合のいい。

シャーフ氏によれば、先進的なエイリアン文明はスピードアップに打ち勝つことができたので、宇宙のような混雑した熱い混乱の中で生きる必要はありませんでした。 「宇宙で最も初期の生命は、時間の拡大が加速し始めるまでに、既に80億年の進化の時間を経験していただろう」と、彼は書いています。

「それは拡大解釈ですが、おそらく宇宙に影響を与える生命そのものについて何かがあり、進化し鍛錬された者が、その拡大して変化させることを決めたのかしれません。」 シャーフ氏が出しているアイデアは、まさにそのアイデアです:アイデア。 これはどれも査読されていませんし、なおかつテスト可能でもありません。 これは、理論的な可能性の境界とあなたが避けられない総ての理由を超えて、ブレーンストーミングの使命を果たしているある勇敢な宇宙生物学で、あなたに影響を与えるいわゆる「自然」の法則は、地球外知性です。 私達は楽しんでいるだけです、坊やちゃん。

シャーフ氏はマインドベンダー(mind-bender)との契約を結んでいます:「おそらく超高度な生命は外的なものではないでしょう。たぶんそれは既に周囲のものです。それは物理学そのものだと認識しているものに埋め込まれており、粒子や場の根本的な振る舞いから、複雑さや出現の現象に至るまでです。言い換えれば、生命は方程式なだけではないかもしれません。それが方程式なのかもしれません。」

 


Do Aliens Exist?

(6:06) 2016/09/27

 

----- 本文中の参照 -----

nautil.us 

 

----- 出典 -----

www.thespaceacademy.org

  

----- この記事を読んで -----

アメリカンな文章表現の調子なので、いささか捉えにくいところもあります。それはさておき、カルダシェフ・スケール(そのうち投稿いたします)に見られるように、文明の科学水準に開きがあり過ぎると、魔法とか、神のなせる業として片付けられて終了してしまうのかもしれません。私達も、理解できないと思考停止に陥ることが多々あると思います。果たして、私達を訪問している存在の科学水準とは、どの程度のものなのでしょうか。

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp