ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

月は実際にエイリアンの観測所です


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191218032151j:plain

月は実際にエイリアンの観測所です

( 図 満月 Pixabay )  (Fig.) 月のホロー構造のイメージ

 

多くの探検がこれまでに明らかにしてきた多くの情報にもかかわらず、月は依然として研究者のミステリーとされています。NASAが投資した月探査委員会の初代議長の人物、ジャストロウ(Jastrow)博士は、月を「惑星のロゼッタ・ストーン」と関連付けます。

誰もの意見として月は自然の衛星です。しかしながらUFOの研究者達は、それが私達の生命種の行動を記録する研究拠点として、より高度な文明によって研究拠点として建設されたと信じています。他の人達は、エイリアンは私達の社会に興味がないので、人類が地球を離れて宇宙を旅することを望むのならば、月は単なる警告だと信じています。

 

NASAの研究者であるロビン・ブレット(Robin Brett)氏は述べます:

「月が存在するよりも、存在しないことを説明する方が簡単です」

ここに、月が実際にゼロから構築されたと信じさせる、いくつかの奇妙な事実があります。

 

(Fig.1) 月とエイリアンのイメージ

 

1969年、米国はモジュールを作りました。それは、月に衝突させた後の効果を研究することが目的でした。 その力はTNTの1000キロと推定されます。

激突によって引き起こされた波は、専門家によって観察されその結果は、月が作った巨大な鐘の音で、エコー(余韻)は30分以上持続しました。月もまた振動したか対照的に「揺れた」と言われています。「まるで巨大な油圧ダンパーストラットが内部にあるかのように」。

ロシアの科学者であるミハイル・ヴァシン(Mikhail Vasin)氏とアレクサンドル・シュルバコフ(Alexander Shcherbakov)氏は、ソビエトスプートニク(Sputnik)誌に「月はエイリアンの知性の創造ですか」と題した記事を掲載しました。彼らは、月が知的存在によって過去に空洞化された小惑星だと主張しました。

 

研究できる唯一の部分ですが、月面からのサンプル(試料)は、ミネラルを合成し、それ自体では形成できなかった金属材料を鍛造したことを示しました。プルトニウムの製造に通常使用される高度に処理されたウランと放射性金属を発見した科学者達は、これが自然なプロセスでは達成できないと主張します。 これは、月に放射能がないとする私達の考えを否定するものです。

 

(Fig.2) 奇妙な月面

 

他の惑星や自然衛星のように月が硬い核を持たず、質量がとても浅い深度に集中していることは、よく知られている事実です。 また、私たちの惑星や他の衛星とは異なり、4億5千万年以上の歳月を経ており、それは私達の惑星よりも約100万年も古いものになっています。

 

完璧な周回軌道の形式で惑星の周りを回っていて、どの点を見ても、月の片側は常に見えなくなります。

 

その岩石は、チタンが大量に濃縮されています。チタンは、先端技術(宇宙船や潜水艦)の目的に使用される極めて希少で高価な金属です。

 

そのような奇妙な事実が毎日現れ、現代科学はそれを説明する合理的な方法をまだ見つけていません。

なので、これらの事実や月に関する情報が奇妙なだけでなく、人々へのアクセスも拒否されたり、管理されていることがよくあります。

 


Ancient Aliens: Space Station Moon (S11, E11) | History

(4:16)  2016/08/05

 

 

----- 出典 -----

元記事は掲載終了しております。

(以下は、同じ内容の記事になります)

www.physics-astronomy.orghumansarefree.com

 

 

----- 参考 -----


The Moon is Artificial and I Can Prove It: Alien Observatory

(26:31) 2018/11/11

 

 

---- この記事を読んで -----

人工地震の観測データが、月が中空構造であることを示してしまい、未だに詳しい説明がされていません。

片面しか地球に見せない天体。月の自転と公転がシンクロしていることは、科学的にタイダル・ロックとして説明できるとしても、地球よりも古いと言われている月。解明されていない月の本当の姿があるのでしょうか。

 

自転と公転の同期 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp