ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

NASAは、アルクビエレ・ドライブの駆動を開始します


f:id:Zzak:20191218034943j:plain

NASAは、アルクビエレ・ドライブの駆動を開始します:光の速度より速い

(図 アルクビエレ・ドライブ クレジットNASA)  

(Fig.) アルクビエレ・ドライブのクラフト想像図

 

NASAは現在、光の移動よりも速い可能性について、最初の実地試験に取り組んでいます。

光よりも早く旅行することは、常に科学小説に起因していますが、ハロルド・ホワイト(Harold White)氏とNASAのチームがアルクビエレ・ドライブ(Alcubierre Drive)を操作して調整を開始すると、総てが変わってしまいました。 特殊相対性理論が成り立つかもしれませんが、より速くまたは光の速度で移動するには、その速度で移動できるクラフト(船体)は必要ないかもしれません。 解決策は、光の速度よりも速く動いている空間内にクラフトを置くことです。 したがって、クラフト自体は自らのタイプの推進システムで光の速度で移動する必要はありません。

 

(Fig.1) アルクビエレ・ドライブの原理解説

 

あなたが空港の地上のエスカレーターを考えるならば、理解するのは簡単です。 エスカレーターはあなたが歩いているよりも速く動きます。 この場合、船を含む空間は、船が飛ぶよりも速く動くはずで、船の総ての問題は損なわれません。 それ故に、私達は時空の巨大な雲の中で、光よりも速く動くことができます。

アルクビエレ・ドライブとは何でしょうか。 実際にはアインシュタインの場の方程式に基づいており、宇宙船が光よりも速い移動を達成できることを示しています。 クラフトだけで光の速度を上回るのではなくて、宇宙船は、その前の空間を縮小し、その背後の空間を広げることで長距離を跳躍するでしょう。 この結果は、光の移動よりも速くなります。 物理学者ミゲル・アルクビエレ(Miguel Alcubierre)氏は、この可能性を特定することができた最初の人物でした。 彼は、それは「超ルミナール」(光よりも速い)速度で動くように作られた、ワープバブルの中の平らな空間時間の中にとどまっていると説明しました。 私達は時空間が歪曲でき、歪められることを忘れてはなりません。それは動かされることができます。 しかし、船の後ろの時空を拡大し、船の前で時空を縮めることによって作られた時空のセクションを動かすことはどうでしょうか。

この種のコンセプトは、最近、アデレード大学(University of Adelaide)の数学者、ジェームズ・ヒル(James Hill)氏とバリー・コックス(Barry Cox)氏によって説明されました。 彼らは、王立協会の議事のジャーナルに論文を掲載しました:数学と物理学。

 

かつて、アインシュタイン特殊相対性理論は、光の移動よりも速いことは不可能なことを意味すると考えられていました。 これは誤解で、特殊相対性理論は単に、あなたが移動する距離は、あなたがどれほど速く動いているか、動いていている時間によって決まることを述べています。 あなたが70 mph(マイル毎時)で走行している場合、1時間で70マイルをカバーします。 混乱する部分は、あなたがどんなに速く動いていても、あなたは光の速度は常に同じものとして見ることです。 それは音に似ています。あなたの目を閉じて、あなたが持っている唯一の感覚が聴覚だと想像すれば、あなたはそれらがどのように聞こえるかで物を識別します。 車が高速で運転していてホーンを鳴らしていると、ホーンは常に同じ音色をしていることがわかります。それは変化するように見えるだけの車の動きです。

特殊相対性理論はまた、物質を構成する原子と分子は電磁場によって結ばれ、同じ物質が光で構成されていることを示しました。 光の速度のバリアを壊すオブジェクトは、バリアそのものと同じもので構成されています。 どのようにしてオブジェクトが、原子と結びついたものよりも速く移動できるのでしょうか。 これがバリアでした。

現代の科学の唯一の問題は、時空間のゆがみを作り出すには、人間にとってはまだ不可能なエネルギー密度が必要です。 NASAの科学者たちは現在、アルクビエレのモデルを調整中です。

大衆が確実に知っているハイパースペースまたは「ワープ」ドライブとしても知られ、光よりも速い移動は、現在は推測のレベルにあります。 しかしそれは可能であり、既に達成されていることを示す多くの証拠が既に存在します。主流の科学は追いついています。 私たちは現在、光よりも速い旅行はまだ理論的だが、可能であるところにいます。

同時に私達は、いまや明るみに出ている他の要因を見なければなりません。 元NASA宇宙飛行士で、プリンストン大学の物理学教授のブライアン・オレイリー(Brian O’leary)博士が説明しました。 このトピックは、最近になって一方のメディア爆発を起こしました。議会は最近、ケプラー望遠鏡によって最近発見された地球的な惑星の証拠を議論し、検討しました。 おそらく生命に満ちている、正確には3つの「超地球」。 さらに、元議員や女性は、数週間前にUFOのテーマに関する市民の聴聞会に最近参加しました。 あなたはそれについてもっと読むことができます。 私はこれまで多くの記事でこのビデオを使用してきましたが、オレイリー博士がまだ私達と一緒だったときの素晴らしいビデオ・クリップです。

 


UFOs - Brian OLeary    (0:54) 2011/10/28 

 

UFOとその背後にある技術は、推測の対象にすべきではありません。 公算としては、私達は、その技術の一部を得ているか、または自分で製造しています。 結局、私達の科学の一部は理論的ではないかもしれません。

「私達は現在ETを家に持ち込む技術を持っています」 - ベン・リッチ(Ben Rich)

 

----- 出典 -----

NASA ADMITS ALCUBIERRE DRIVE INITIATIVE: FASTER THAN THE SPEED OF LIGHT」は、掲載終了しております。

(出典のソース)

www.nasa.govtechland.time.com(同様な記事)

dailygalaxy.comwww.sci-nature.vipwww.physics-astronomy.org

 

 ----- 参考ビデオ -----


An explanation of the Alcubierre-White Warp Drive | AsteronX

(11:54) 2017/02/16

 

 

----- この記事を読んで -----

太陽系内の探査であれば、現在の技術がさらに進歩すれば、十分に可能です。しかし、数光年先の恒星系に地球型の惑星が見つかっても、楽に往復するドライブがなければ、見ているだけになります。

宇宙の制限速度と言える光の速度。コロンブスの卵のような発想で、光の速度を超えられるかもしれません。私達は、このテクノロジーを獲得できるのでしょうか !?

 

アルクビエレ・ドライブ - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp