ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

元エリア51の科学者は、大衆には見ることのできないプロジェクトを発表します


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200829232800j:plain

エリア51の科学者は、大衆には見ることのできないプロジェクトを発表します

(図 空港 Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

宇宙技術の専門家で元エリア51のロケット設計者のデビッド・アデール(David Adair)氏は、航空宇宙コミュニティ(Aerospace Community)がシャトル計画で宇宙空間を構築しようと意図していた映像とグラフィックスをあなたに見せたいと思っています。これらの計画は、これまで決して見たことがないか、または公衆にアナウンスされていません。

何について学んで欲しいか: 宇宙ステーション、宇宙での製造、宇宙基盤の医薬品、およびマイクロ重力処理などについてで、宇宙航空会社は構築したかったのですが、NASAはこれを否定しました。何故ならば、それは「宇宙の工業化があまりにも多すぎた」ためだからです。存在する可能性に驚くことに準備してください。私達の時代で最も特別なロケット科学者の一人に会い、そして聞いてください。

 

貼られていたビデオ、「Former Area 51 Scientist Discloses Projects That have Never Been Seen by the Public」(1:26:16) は、視聴不可になっています。

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同様な記事)

lifeboat.comwww.everythingunderthemoon.netwww.verdensalt.dk

 

----- 参考ビデオ -----


David Adair Future Space Program Skylab

(33:06)  2019/09/10

 

 

----- この記事を読んで ----

ビデオ紹介記事でしたが、視聴不可になってしまいました。これは、エリア51に勤務されていた研究者デビッド・アデールさんのユーモアを交えた講演のビデオでした。エリア51で従事されたり見聞きされた科学技術について話されます。この元ネタは変わりませんので、おおよそ似たような話の参考ビデオを挙げておきます。

蛇足になりますが、デビッド・アデールさんは、映画アバーブマジェスティック(Above Majestic)にも登場されています。

このドキュメンタリー映画がどのような内容かは、以下の2つのタイプの予告編にてどうぞ。

(このドキュメンタリー映画では、ナチス(Nazi)の先進技術、マジェスティック-トウェルブ(MJ-12)、イルミナティ(Illuminati)、カバール(cabal)、核施設等へのET干渉、軍産複合体(Military industry complex)、ディープ・ステート(deep state)などの用語を把握されていれば、背景が良く理解できるかと思います。)

 


映画「Above Majestic -勇敢を超えた人達・Secret Space Programの含意」予告編

(2:49)  2018/07/09

 


秘密宇宙プログラムの真実を暴く映画"Above Majestic" 予告編

(2:30)  2018/10/25

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp