ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ペルーで発見された、極めて細長い頭蓋骨を持つ新生児のミイラ化した頭


ADVERTISEMENT/広告

お食事中の閲覧注意

ペルーで発見された、極めて細長い頭蓋骨を持つ新生児のミイラ化した頭

古代のパラカス(Paracas)文化に属する新生児のミイラ化した細長い頭が、ペルーで発見されました。この発見は、遺伝的に細長い頭蓋骨を暗示しています。つまり、頭蓋の人工的な変形のプロセスが、目的の効果を得るのには少なくとも6ヶ月かかるからです。パラカスでは長年にわたって300頭以上の細長い頭蓋骨が見つかっており、この奇妙な特徴を持って生まれた種族がそこに住んでいた可能性があります。

この発見は、ヒドゥン・インカ・ツアーズ(Hidden Inca Tours)のブライエン・フォレスタル(Brien Foerster)氏によって発表され、彼は次のように報告しています。赤ちゃんが約2,000〜2,800年前に死亡し、0〜3ヶ月の歳でした。赤ちゃんの髪の毛は保存されており、回収された多くのパラカスの頭蓋骨と同様に、色は赤褐色(auburn)であり、土着の(indigenous)人々の典型的な黒い色と矛盾しています。赤ちゃんの脊柱(vertebral column)は、通常よりも頭蓋骨の奥にあり、「細長い頭蓋骨を補うための、進化的適応を十分に示すことができます」と、フォレスタル氏は述べています。

 

Fig. ベビー・パラカス・スカル

パラカスの頭蓋骨

パラカスは、ペルーの南海岸のピスコ州(Pisco Province)にある砂漠の半島(peninsula)です。ペルー人(Peruvian)の考古学者フリオ・テッロ(Julio Tello,)氏が1928年に驚くべき発見をしたのはここです - 大規模で精巧な墓地には、世界中のどこでも見つかった細長い頭蓋骨の最大の細長い頭蓋骨の個体の遺骨で満たされた墓が含まれます。これらは、「パラカス・スカル[頭蓋骨]」として知られるようになってきました。合計で、テッロ氏はこれらの細長い頭蓋骨を300個以上発見しましたが、その一部は約3,000年前のものです。

 

Fig.1 ペルーのイカ(Ica)市にあるイカ地域博物館(Museo Regional de Ica)で展示されている細長い頭蓋骨パブリック・ドメイン

 

ペルーのパラカスの細長い頭蓋骨は、2014年に騒動を引き起こしました。それは、予備的な(preliminary) DNA検査を実施した遺伝学者(geneticist)が、次の報告をしたときです。  彼らは、「これまでに知られている人間、霊長類の動物(primate)、または動物で、未知のミューテション(mutations)[突然変異]をもつ」ミトコンドリア(mitochondrial) DNAを持っています。 L.A.マルズリ(L.A. Marzulli)氏により報告された2回目のDNAテストが2016年に完了し、同様に物議をかもしました - テストされた頭蓋骨はヨーロッパと中東の起源を持つことが示されました。 これらの驚くべき結果は、アメリカ大陸がどのように居住されたかついて既知の歴史を変えます。

パラカスの頭蓋骨の奇妙な特徴

頭蓋骨の伸びの大抵の場合は、頭蓋の(cranial)変形、頭部の平坦化、または頭部の拘束の結果なことがよく知られており、長時間にわたって力を加えることで頭蓋骨は意図的に変形します。これは通常、2つの木片で頭を挟むか、または布で縛ることで達成されます。しかしながら、頭蓋の変形は頭蓋骨の形状を変化させますが、他の機能は変更されずで、それは通常の人間の頭蓋骨の特徴的です。 しかし、パラカスの細長い頭蓋骨には、典型的な人間の頭蓋骨とは異なる特徴が含まれています。大後頭孔(foramen magnum)の違った位置、とてもはっきりした(pronounced)な頬骨弓(zygomatic arch、頬骨)、異なる眼窩と、頭蓋骨の2つの頭頂骨(parietal bones)間の結合組織の関節(connective tissue joint)での矢状縫合(sagittal suture)がありません、こうしたことが含まれます。 これは、パラカスの頭蓋骨の伸長が天然のものであり、人工的に生成されたのではないことを提示しています。

 

Fig.2 パラカスの頭蓋骨に基づいたアーティストの印象。

写真提供:マルシア・ムーア/シアマー(Ciamar)スタジオ

 

2014年の古代の起源(Ancient Origins)誌とのインタビューで、ブライエン・フォレスタル氏は次のように説明しました:

「頭蓋の変形は、世界の多くの異なる地域で発生したことが知られています。最も顕著(prominently)なのは約2,000年前、中東、メラネシア(Melanesia)、中央アメリカからです。しかし、私はパラカスの細長い頭蓋骨、そして2,000年前に消えたパラカスの文化全般に親密に(intimately)に関わっているため、私は世界中のコレクションにある何百もの頭蓋骨と同様に、頭蓋骨の多くを直接見る機会がありました。そして、それらのいくつかについては、おそらくそれらの5〜10%の間で、板で抱きかかえた(cradle boarding)かまたは他の形態の頭蓋の変形の、明らかな兆候が見られません、と私は言うでしょう。一般的には、額または頭の後ろに平らな表面を作成する傾向があります。これらの幾つかは、文字通り、外観が自然なように見えます。」

 

Fig.3 パラカス産の細長い頭蓋骨とその特徴的な赤褐色の髪。

クレジット:ブライエン・フォレスタル

新生児の細長い頭蓋骨は、人工の頭蓋変形がされたことを排除します

人工頭蓋変形は、普通、頭蓋骨が最も柔軟(pliable)なとき乳児(infant)に対して行われます。典型的な場合として、頭部結合(head-binding)は、生後約1か月で始まり、少なくとも6か月間続きますが、通常はそれより長くなります。 故に、頭蓋骨が細長い新生児の発見は、次のことを提示しています。頭蓋骨の形状が変化を作るためにはより長い時間が必要なので、人工的な頭蓋の変形は起こりません。

 

Fig.4 ペルーの新生児のミイラ化した細長い頭。 矢印は眼窩と口を指します。

クレジット:ブライエン・フォレスタル/ヒドゥン・インカ・ツアーズ

 

研究者イゴールゴンチャロフ(Igor Gontcharov)は、細長い頭蓋骨で発見された他の赤ちゃんや、胎児(fetuses)でさえ発見について報告しています。1851年に、リベロ(Rivero)氏とチュディ(Tschudi)氏は、ペルーの古美術に次のように書きました: 「私達は、同じ年齢の子供達の多くのミイラで[人工圧力の兆候がない-IG]の同じ事実を観察しました。彼らは、彼らの衣服は持っていましたが、頭蓋骨の圧力の痕跡や外観はまだありませんでした。さらに:頭の同じ形成は、まだ生まれていない子供に現れます; そして、この真実から、妊娠中の女性のミイラの子宮に囲まれた胎児の、目の前に説得力のある証拠がありました。 ウイチャイ(Huichay)の洞窟で発見したもので、タルマ(Tarma)の2つの同盟(leagues)であり、現時点では私達のコレクションにあります。」

リベロ氏とチュディ氏はまた、ペルーで発見され、1838年にイギリスに持って行かれた2つの細長い幼児の頭蓋骨についても言及しています。それらは、デボン博物館(Museum of the Devon)とコーンウォール自然史協会(Cornwall Natural History Society)に展示されました。

ゴンチャロフ氏は、次のように結論付けています:「胎児と子供に存在する細長い頭蓋骨の証拠は、リベロ氏とチュディ氏、ベラミー(Bellamy)氏、グレイブス(Graves)、他を次の仮説に導きました。これらの頭蓋骨は、絶滅した種族に属しており、人工的に頭蓋の変形の実践として、彼らを引き継いだ集団に彼らの遺産を残しました。

ブライエン・フォレスタル氏は、赤ちゃんの遺体のDNA検査は現在検討中です、と言います。

  

 

----- 出典 -----

www.ancient-origins.net

 (同様な記事)

contatoalienigena.blogspot.com 

 

 ----- この記事を読んで -----

人間とは異なるヒューマノイドの種族の遺骨が、考古学的に発見されています。つまり、私達とは異なるヒューマノイドが地球で暮らし、埋葬されています。こうした事実は、学校では教わることのない地球史で、パラダイム・シフトせざるを得ません。これも、不都合な事実なのでしょうか。

生後に頭を縛るなどして変形させたとする話がありますが、ここでは頭部の変形までに要する歳月に満たない乳幼児、はたまた胎児でこうした変形が確認されているとまで紹介されています。つまり、先天的な頭蓋骨の変形で、自然なものと言う事は ?

本文には、彼らはミュータントだと言われていますが、彼らにしてみれば私達がミュータントかハイブリッドなのかもしれません。

あなたは事実を受け入れることができますか。



f:id:Zzak:20191115051840p:plain

   (ペルー、パラカス)

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp