ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

リンダ・モールトン・ハウ、3400万年前の構造物が南極の地下2マイルで発見された


f:id:Zzak:20211019052547j:plain

リンダ・モールトン・ハウ、3400万年前の構造物が南極の地下2マイルで発見された

(図 Opening Antractica GoogleEarth)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

リンダ・モールトン・ハウ(Linda Moulton Howe)氏は、南極で驚くべき何か、即ち南極の氷の下にある巨大な構造物を見た目撃者と2年間働いています。

構造の一部のみは、これまでに考古学チームによって明らかにされましたが、残りは氷の下に埋められており、そして遥か下に伸びています。地中レーダー(ground penetrating radar)は、構造物が八角形であり、62エーカーの領域をカバーしていることを示していました。

 

rumble.comLinda Moulton Howe 34 Million Year Old Structure Discovered 2 Miles Under Antarctica

(1:03:23) Published July 18, 2021 ・・・ 貼られていた2019/08/06のビデオは視聴不可になりました。ランブルでカバーされています

 

 

----- 出典 -----

LINDA MOULTON HOWE 34 MILLION YEAR OLD STRUCTURE DISCOVERED 2 MILES UNDER ANTARCTICA」は、掲載終了しております。

(同様な記事)

alien-ufo-sightings.comnewsinstact.comverytopsecret.infotrueblog.net

 

----- 参考ビデオ -----

Linda Moulton Howe Interview of Naval Officer - Antarctica

(1:56:27)  2017/11/12

 

【ビデオ内容 冒頭部のみ】

2015年1月2日、私は引退した米海軍の少将のファーストクラスの飛行からメールを受け取りました

私に彼をブライアンとだけ呼ぶように頼んだエンジニアは、今61歳で、彼は私達に入った1977年に海軍、そして20年後に引退しました

彼は地球ファイルにDD214文章と1984年11月20日に彼に与えられた南極サービスメダルを含むその他のサービス証明書を提供しました。

彼らが1984-85年から1977年にかけて南極で貨物を飛ばして救助を行っている間、C-130の乗組員は全員、東南極西南極ブライアンを隔てる南極と北極の山々の上空を疾走する銀色の円盤を見ました。

彼の乗組員はまた、空気サンプリング・ステーションであるはずだった地理的な南極から わずか約5~10マイルの氷の中に巨大なフットボール・フィールド・サイズの穴を見ましたが、緊急のメデバック危機の間に彼らのスピードを上げるために、飛行禁止区域にありました

旅行乗組員は、その飛行禁止区域を横切って飛んで、明らかに人間とET科学の共同研究であると噂されているものへの疑惑の入り口を見るはずが、なかったものを見ました。

B 氷の下で落ち着き、マレーバートランド近くのキャンプで数十人の科学者が2週間姿を消し、彼らが再び現れたとき、ブライアンの飛行乗務員は、彼らを迎えに行く任務を得ました。

飛行乗組員は話をしないように異なる時間にいくつかの命令を受けました、そして私たちは、あなたが何も見なかった氷の穴を見なかったと厳しく言われました。しかし、ブライアンは公式の非開示声明に署名するように頼まれなかったので、彼は引退したので、彼は共有することに決めました

人間以外の人がこの惑星で働いていた、そしておそらく今働いていると彼が核心しているので、彼が見て経験したことは、彼が私に、彼の電子メールで言った、ポールで働いている科学者の何人かから、EBAの地球外生物がその空気サンプリング・キャンプの下の科学者と一緒に働いていたと話します。

(4:05)

ル・クローズ・クォート 1年かそこらの2016年6月に南極大陸での1980年代から1990年代の現象についてのラジオ・インタビューの後のブライアンと私の驚きの両方、ブライアンは彼のオフィスで驚くべき、そして不穏な電話を受けました。

ブライアンはフェノメナ・ラジオに参加し、エミー賞を受賞した調査ジャーナリストのリンダ・モールトン・ハウがここKTRでフェノメナ・ラジオをホストしているのを聞いている南極近くの氷の大きな穴の上を海軍C-130が飛ぶことから始めます

今夜のラジオの落ち着いた特別ゲストは、これらのメッセージが私達に届いた直後にショーに参加します

(5:30) 番組宣伝

何年もの間、デジタル放送局であるKTRは、世界中のライブUFO超常現象トークラジオの連絡先であり、研究でトップの名前をもたらします。

調査週7夜、リスナーは、Spreakeri tunesのトーク・ストリームライブ・チューンのようなさまざまなプラットフォームでKGRAに接続します。

完全に統合された新しいカスタムKTRを使用して、お気に入りの超常現象トークラジオ番組をストリーミングできます。

AndroidおよびiPhone用のモバイルアプリは、スマートフォンまたはタブレットで24時間年中無休で任意のモバイル・デバイスからお気に入りの超常現象トークショーを聴きます。

カスタム機能を利用してニュース番組ページにアクセスします。

コンテスト・イベントとライブ・インタラクティブ・チャットルームをアーカイブ

通知アラート表示し、お気に入りのライブ・プログラムをすべてむりょうで見逃すことはなく、GooglePlayまたはiTuneApp Storeでダウンロードできるので、昨晩ディナーに行ったので、お気に入りのパスタを食べたり、左側にある重いスパイシーな食事は、t-dot-com 0を取得します。

おそらく、巨大なステーキを刈り取り、配管はすべてプラグインです。

T.comを取得します。

私達にはたくさんの素晴らしいサプリメントがありますが、私達のスーパーTはナンバーワンです Tを落ち着かせます それはTを落ち着かせます 地球上で最高の代替トークのためあなたの公式連絡先 K GRA radio.com

(7:30)

今夜、この特別版のフェノメナ・ラジオ ライブにご参加いただきありがとうございます。

特別なゲストが今夜私たちに加わってくれます。

ブライアンが今夜インタビューを開始します。

リンダ・モールトン・ハウ リンダ・サンクス レイとブライアンがフェノメナ・ラジオへようこそ、あなたのことは、この惑星の非常に神秘的な地域についての軍の声から最も重要なものの1つであり、毎月、毎年、ホイッスルブロワーのような噂が増えているようです。

南極にはあるのエイリアン基地があり、2015年1月に私に最初のメールで書いたように、C-130の乗組員と一緒に300回飛行したことを記録します。

サウスポール だから、今夜から始めて、あなたの活動の拠点であるC-130の乗組員が、その神秘的な南極大陸 全体であるとはどういうことかを一般の聴衆に説明してみてはどうでしょうか。

ありがとうリンダまたお会いできて光栄です

前に私があなたに送ったその電子メール 南極大陸は、乗組員が通常12時間働いているかなり荒涼とした場所であり、その大部分は実際らは、9月から2月までの夏のシーズン中に24時間昼間を飛んでいます。

日が来るので、いつ寝るのか分からないので、私達が滞在している部屋にはカーテンが遮光されていたので、乗務員が休んで飛行機から戻ってきたときに12時間後にミッションにでかける準備ができているので、眠ることができるようにみえる必要があります。

そのため、身体のリズムが完全に整っているため、身体的には非常に厳しいものになります。

あなた あなたがいることを知っているので、あなたはあなたがこれを6ヶ月間やっているのです。

配備中の乗組員は通常、私達がいつも一緒に飛んでいた人々のグループです。

私たちが戻ってきた夏のシーズン、または次のシーズンのためにカリフォルニアに戻った冬のシーズン、私たちは常にさまざまな人々と、さまざまなパイロットからさまざまな入隊したナビゲーター・エンジニアのロードマスターに、飛んでいますが、展開中は全員が常に一緒に飛んでいます

だから私達はお互いを本当によく知るようになり、私達は私達の生活でお互いを信頼します。

何故なら私たちはダウンしなければならず、その荒涼とした大陸は通常のミッションが、午前3時から午前9時の間に起きて下がるからです。

一年のどの時期に応じて氷の滑走路またはスキー場に行き、少なくとも3時間の長さのひこうきの事前飛行を開始するので、私はそこにいる前に飛行機を見ています。

維持するアンスコントロールと私は好機の何が悪いのかを見眼ために不一致の本のログブックを見ています

そして飛行機が乗組員が飛ぶのに安全であるなら、飛行機を私のロードマスターの燃料ピットに自分でタクシーを始めさせてください

私たちは飛行機を手に入れます

パイロットが、パイロットとナビゲーターに要求した燃料を積んで、マクマードの丘の報告に上がった後、彼らは後で私たちに加わりました。

そこには、飛行機がVXE6が2機で運用されていた建物があります。

私たちの人事部と他のいくかの管理職の事務所の操作とログと記録があった物語の建物と、その建物は半分の時間でいったい何が起こっているのか誰も知らなかったので、パズルの宮殿と呼ばれました。

LMH: ミッションの中には奇妙なものもありましたか

BRN: パズルは、次に何をするのかわからなかったので、いつかミッションを実行してサウスポートに行くことができたのです。

ルまたはMステーションに行くと、翌日、大陸の反対側に科学チームを配置することができます。

今、私たちは戻って来て、ポールから何かを拾い、クライストチャーチに飛んで、たくさんの貨物を拾います。または科学者と彼らが行う 彼らの科学的使命のために 彼らを大陸に連れ戻すこと

LMH:それがクライストチャーチニュージーランドであり、私はあなたが私のために作ってくれた地図を見ています

私は大陸を見下ろしています

そして私は探していますマクマードでは、ロス海西南極の最南端にあり、南極横断の山々を超えて行くと、西南極東南極を分ける東南極は、総ての大陸より大きな部分です。

極東側の向こう側には、オーストラリアのメデバックの源であるデイビス・ステーションがあります。

ここで、西南極から常にマクマードから飛んでいる場合、いくつの空のサイズを指しますか。

マイルは、東海岸デイビス・ステーションに到着するためメデバック緊急事態に行く必要があります。

BRN: 私の仕事は基本的に飛行機の世話をして安全を確認し、パイロットに戻ることだったので、マイルは分かりません。飛行中および緊急時には、ナビゲーターは、ポイントからポイントへりルートを計画しているので、距離に関してはそれを知っていますが、飛行時間に関しては、マクマードからのフライトが最初のランドマークの上を飛んでマクマードから着陸しました。

これはミナブラフと呼ばれ、一時的な北極圏の開始直前で、南極への飛行は風にもよりますが約3時間10分でした。

その後、大陸の東東側にあるデイビス・ステーションに進むために、飛行機に燃料を補給しなければならず、そこからさらに3時間半から4時間かかりました。

それは、デイビスへの飛行時間だったので、Dに到着したばかりのかなり長い日でした。

デイビス・ステーション、そして地上で私たちのメデバックが上手く出てくるのを待っている

LMH: 私は、聴衆と共有し、84から85頃に南極に割り当てられ、その年代順に展開するのが良いと思いました。C-130の乗組員が、マクマードを拠点として発生した最初の非常に奇妙なイベントから始めましょう。この緊急の患者後送金の呼び出しで

BRN: 私たちの乗組員がその朝の準備をしていて、航空機の飛行前に飛行時用に降りて、南極に行かなかった私たちの任務のためにそれを積み込みます。

正しく覚えていれば、私たちの任務は大陸の西側のどこかにある科学の補給でした。

たぶん1時間45分の短い飛行だったのですが、私たちが運用に取り掛かったときに任務の変更を受け取った前に出されていたその科学パーティーに、彼らは OUと言われました 乗組員は私たちの模型飛行機の1つを取り、ガスを最大限に活用して南極に飛んだ後、そこから燃料を補充し、デイビスに飛んでメデバックをしました。

何人かの人が負傷し、すぐに大陸から離陸する必要がありました。

LMH: 何が起こっの

BRN: 私たちはポールに着きました。

通常の飛行では、航空機に貨物が積み込まれていませんでした。

私たちが戦隊にいた2人のコーマンの1人であり、医療看護師のようなタイプでした。

その後、航空医が航空機に乗せられ、彼はその後患者の世話をしていたはずの男でした。

私たちは彼を迎えに行き、マクマードに戻ったので離陸し、南極に無事に飛んだ。

南極は海抜1万1千から1万2千フィートのどこかにあるので、1万1千フィートの氷を想像することができます。

ポールが座っているので、私たちは燃料で航空機を最大にしました。

マクマード以外の場所では、車輪に着陸する代わりにスキーをしなければならなかったため、スキー離陸の総重量を最大にしました。

恒久的な氷の滑走路で車輪付きの操作を使用できるシーズンの早い時期であり、スキー以外の最大負荷を増やすことができますが、スキーの重量制限のために負荷を大幅に減らすことができます。

それを上げて、私がサウスポールから燃料を取り込んでいる航空機をガス処刑している間、私たちのナビゲーターはサウスポールからデイビスまでの彼のコースを計画していました。

私たちは離陸してここの納屋に着きました、そしてパイロットは私たちのナビゲーターに大丈夫と尋ねていました、それで私たちは、私たちが行くと思っていた場所に行くことをあなたが知っているつもりはないので、私たちは今どこに行くつもりですか 行く予定だったので、私たちはたまたま南極から約5~10マイル離れた空気サンプリング・ステーションでたまたま進んでいた特定のコースを飛行するように指示されました。

LMH: ほんの一瞬、あなたは地図を持っています。

私たちが話したときに、船長が乗組員またはナビゲーターに、この新しい飛行禁止区域を通過できるかどうかを尋ねたのを思い出します。

このメデバックの問題で時間を節約することができました、

BRN: そしてそれは、私たちが離陸した後に議論が起こっていたのになぜ飛行禁止区域があったのかについての議論でした。

備前に毎回、これは飛行禁止区域であると説明されました。

これは、空気サンプリング・ステーションとしてラベル付けされていたため、飛行禁止区域であり、乗組員としてその直接ルートを使用することを決定したため、飛行禁止区域でした。

代わりに、デイビスにその方向に行かなければならない場合に彼らがしなければならなかったのと、ほぼ同じであるそのくうきサンプリングの周りに20マイル逸脱したので、私たちはその真上を飛ぶことに決めたので、ポールから離陸しました 

今南の高度を覚えています

極は11,000~12,000フィートのどこかにあるので、南極から燃料を全負荷で登っていました。

最初の高度では約25,000フィートまで登り燃料を燃やして行くと軽くなり、より高く登ることができたので、エンジンからより良い燃料効率を得ることができ、範囲を少し広げることができたので、あなたが登っているときに離陸し、誰かが道を探すことにしました。

彼らの計器とナビゲーターが行うレーザーを見る代わりに、誰かがここにこの大きな暗いスポットがあると言ったので、私たちはその真上でなはなく、左を見ることができるようにいくらかオフセットして飛んでしまいました

機体の側面が約45度の角度で下がっていて、この空気サンプリング・ステーションがあるはずの氷にこの大きな開口部があったので、私たちは続けて2番目の頭脳を作りました。

LMH: インタビュー、あなたはそれがどれくらい大きいと思いますか、そしてそれは幾分うまく構造化されているように見えましたか

BRN: 私はあなたが、私たちの航空機の1つをそれに飛ばすことができなかったと推定しました その翌幅を収容するのに十分な大きさで無ければならなかったでしょうが、大丈夫だと想像できるのなら、おそらくサッカー場のサイズよりも大きかったでしょう。

12,00フィートだから、私たちがその数マイルにいたとき、私たちは約20 12,00フィート上がっていたので、そのエリアを見下ろすと、その高度でも、その開口部のサイズが大きく見えました。

LMH: あなたは、私はランプの始めに何かがあったり、ランプの中で何かが下がっていたりして、

BRN: そのエリアを通りかかったときのように、事故のように平らに見えなかったことが分かります

太陽は、太陽が左にずれていたので、それが輝いていたとき、開口部は多かれ少なかれこれを斜めに置く方法が分かりません。

それは、あなたが戻って、西に戻ってその上に輝く太陽が影を落とすようにしなければならないでしょう、そしてそれからあなたはより高いグレードが高原にやってくるのを見ることができます

そこには、ランプのように下り坂のように見えました。

LMH: また、パイロットがあなたに尋ねたり、乗組員になぜ飛行禁止区域が空中にあるのかを尋ねたりしたことを覚えている、別の非常に重要な議論がありました

唯一の飛行機の場合、南極にある引用されていない空気サンプリング・ステーションを引用する

それはあなたが25,000から30,000フィートの間のどこかにあるようになり、誰かが私たちが空気サンプリングに影響を与えないだろうとコメントしたので、なぜ彼らはこれを飛行禁止区域として持っているのですか?

(24:07)

 

 

----- 2019/08/07公開の記事を読んで -----

ビデオ紹介記事です。この地球上で辺境地になる南極は、その環境の厳しさから調査が進んでいませんし、タイムカプセルのように遺物が閉じ込められているものが発見される可能性があります。

もしもそうした遺物が、例によって考古学的な意味で説明ができない、時代にふさわしくないアーティファクトとして発見されるかも知れません。

 

参考ビデオの内容も興味深いもので、意味ありげな空中に設けられた飛行禁止区域...  何のためなのでしょうか

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp