ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

チリの空軍は、航空母艦の10倍以上のサイズのUFOのレーダー・リターンを受け取る


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20210803084151j:plain

チリの空軍は、航空母艦の10倍以上のサイズのUFOのレーダー・リターンを受け取る

(図 FuturePixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

訓練中の2人のパイロットは、それぞれがF5戦闘機で飛行し、空中レーダーで物体を追跡しました。

カルロス・カベロ(Carlos Cavero)将軍は、1979年に世界に伝えました。世界の他の地域と同様に、総てがスペイン国内外で調査中です。

地球規模で、世界の国々は、現在UFO現象の調査に協力しており、国際的なデータ交換が行われています。

それで、彼らはどんなタイプのデータを分析しているのでしょうか。

 

Chilean Air Force Receives A Radar Return of A UFO Equal To The Size of Ten or More Aircraft Carrier

(3:20) 2018/04/06

 

【ビデオ】

カルロス・カヴェロ将軍は1979年に世界に伝えました、すべてが米国とスペインの両方、そして世界規模で世界の他の地域で調査中です。

現在、世界各国が協力してUFO現象の調査を行っており、国際的なデータ交換が行われています。

それで、彼らはどのような種類のデータを分析してきたのでしょうか。

1978年12月16日、ペンタゴン[国防総省]が再び発表したものと同様のUFOの遭遇に関して、チリ空軍が発行した引用を覚えておいてください。

これは、過去数十年間に数千回、おそらく1年に数千回発生したことです。

 

f:id:Zzak:20210803085847j:plain

(図 F-5 ウィキメディア経由パブリックドメイン)

 

訓練ミッションの2人のパイロットは、各々のF-5戦闘機を操縦し、空中レーダーで物体を追跡しました。

それは、この物体が水に浮かんでおらず、空中にあったことを除いて、10隻以上の航空母艦に等しい応答を与えました。

各々のパイロットは、他のパイロットも同じ応答を得ていることを知るまで、レーダー装置が故障していると想定していました。

これだけでなく、近くの空港からの地中レーダーも物体を拾い上げ、その巨大な大きさを確認しました。

また、パイロット達は自分の目でオブジェクトを見ました。

1人のパイロットは後に、20マイルの距離で、オオバコのバナナが煙の中で揺れているように見えたと言いました。

パイロットは、巨大な物体に近づいたとき、ミサイルや武器を持っていないことを恐れていました。想像を絶する速さで一気に見下ろしている間、これまで動かなかったものが、3つのレーダー画面から消えました。

翌朝、チリ空軍は別のとても大きなUFOを迎撃するために、いくつかのF-5戦闘機をスクランブルしました。

パイロット達は、これをとても明るくとても大きいと描写しました。

チリ空軍はこれらの出来事を公式に認めましたが、何が起こったのか説明できませんでした。

 

チリについて話していますので、ここに数十年前のCIA文書があり、これもまた別の事件を引用しています。

それは次のように述べています。南極の空飛ぶ円盤は、赤、緑、黄色の空飛ぶ円盤のグループで、南極のアルゼンチン、チリ、イギリスの基地軍により、2時間にわたってデセプション島上空を飛行しているのが見られました。

また、フライング・ソーサーがサウス・オークニー諸島の上空を編隊飛行しているのが見られました。

これらのオブジェクトのいくつかを実際に地球外と見なすならば、伝承の中での含意が分かります。

次の分野では多くの人の間で一貫性があります。これらの存在の多くは、人類が移行し、私たちを助けるためにここにいます。

 

 

----- 出典 -----

Chilean Air Force Receives A Radar Return of A UFO Equal To The Size of Ten or More Aircraft Carrier」は掲載終了しております。

(同様な記事)

stillnessinthestorm.comexonews.orgnewsinstact.com

 

----- 2019/07/01公開の記事を読んで -----

ビデオ紹介記事でしたが、ビデオの元となるような記事を上に挙げておきます。

サイズのイメージの参考は、このストーリーに登場するのがF-5 フリーダムファイターですが、航空母艦となると確かに大きいのです。

恒星間を航行してやって来る彼らの母船は、どんなサイズになるのでしよう。日航の貨物便の機長がアラスカ付近で遭遇したものもハンパなさそうです。また、一瞬で消えたという説明も、あれやらこれやら想定させます。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp