ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

メン・イン・ブラック - 政府の代表者またはシェイプ・シフター


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20201007122549j:plain

メン・イン・ブラック - 政府の代表者またはシェイプ・シフター

(図 V-for-Vendetta Pixabay by Felix Lichtenfeld)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

ミステリアスな、いわゆるメン・イン・ブラックは黒服のキャラクターで、伝えられるところでは、彼らが見たことについて話さないように警告するためにUFOを目撃した人々に接触しようとします。彼らが政府の代表者なのか、シェイプ・シフター(shape-shifting creatures)[形を変える生き物]なのかは誰にもわかりません。

メン・イン・ブラックが初めて言及されたのは、UFO愛好家アルバート・ベンダー(Albert Bender)氏が控えめな組織であるインターナショナル・フライング・ソーサー事務局(International Flying Saucer Bureau)を設立した1950年代のことでした。チームは「スペース・レビュー(Space Review)」という雑誌を発行しました。

しかしなから、ベンダー氏は、これらの男性との彼の出会いを証明する証拠を持っていませんでした。故に、雑誌は財政的に安定しておらず、それでも、それは中止する可能性があると懐疑論者は考えていました。

約10年後、ベンダー氏は自分の経験を書いた本を出版しました。彼の奇妙な客が、事実、地球外生命体であったのかもしれないと、彼は示唆しました。

彼の話によれば、メン・イン・ブラックは1人でやって来るのではなく、タイトな白い服を着た3人の美しい女性と共にいました。

 

ベンダー氏の本は、UFOの雑誌出版社、グレイ・ベイカー(Grey Baker)氏の注目を集めました。

イカー氏は1956年の本の中で、ベンダー氏のアカウント[記事]について書いており、「彼らはフライング・ソーサーについてあまりにも知っていました」。 1960年代の彼の仲間のジョン・シャーウッド(John Sherwood)氏によれば、そのペアは彼らのメン・イン・ブラックの主張を発展させました。

2人は、UFOの目撃者を静かにすると脅迫した、ダーク・スーツを着た3人のエイリアンについての架空の物語を発表しました。

ボーイズ・イン・ブラックの存在は、UFO信者のコミュニティでとても人気のある概念です。特にストーリーがどれほど異様に聞こえても、目撃者の彼らが脅威を受けたと言うならば、それは真実の可能性が高いようです。

それで、これらの物語のうちのどれかが本当か、あなたは多分疑問に思うでしょう。ある時点で、ダーク・スーツの代表者達がUFOレポートを分析したことは、かなりもっともらしいと言わなければなりません。

実際のところ、1950年代に空飛ぶ円盤の報告書を調査した空軍のプロジェクト「プロジェクト・ブルー・ブック(Project Blue Book)」がありました。

近年、メン・イン・ブラックのストーリー[話]は、広く時代遅れになったようです。主に、彼らはむしろ文化の冗談と見なされる何かになるからです。

 

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同様な記事)

medium.com(関連記事)

www.empireonline.comwww.livescience.com

 

----- この記事を読んで -----

メン・イン・ブラックの話は、アメリカンなトピックに過ぎないようです。

政府の工作員、非合法などの印象ですが、良く知らないので勝ってなイメージを当てはめているだけなのかもしれません。映画MIBなどとして取り上げられ、実話としては陳腐化しているのかもしれません。シェイプ・シフターの見方を持ち出すのは興味を引くのですが、実際そうなのか、確かなことは誰も言えないのでしょう。

 

Men in black - Wikipedia

 


Men in Black (1997) Official Trailer 1 - Will Smith Movie

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp