ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

1つの粒子は「観測される」まで複数の状態に存在します


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200223100247j:plain

これはどうして可能で、どういう意味でしょうか。1つの粒子は「観測される」まで複数の状態に存在します

( 図 宇宙 Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

「物質(matter)」:それは原子や分子が何で構成されているかです。 物理的な物質レベルでは、総ての物理的な物体が構成します。 私達を取り囲む総てが質量と体積を持ちます。 科学者が私達の現実の性質をより良く理解しようとするとき、問題(物質)は彼らが見ているものなのです。

 

しかながら、科学者達が可能な限り最小の物質を観察するとき、答えよりも多くの質問が残されています。 これは、光子や電子のような小さな物質は、複数の可能な状態(「波」のように)で存在し得る事実のせいで、単一の粒子だとするのは全く意味がありません。

「私達は、どんな古典的な物理学でも説明は、あり得ないし絶対にあり得ない現象を調べることを選択します。その中には量子力学の心臓部があります。 実際には、それには唯一の謎が含まれています。」(1)20世紀のノーベル賞受賞者、リチャード・ファイマン(Richard Feynman)

私達の物理的な物質世界が意識のような非物理的性質によって導かれる、こうした考えを思案することは重要であり、このアイデアは、二重スリット実験(double slit-experiment)とよばれるもので、最もよく説明されています。

この実験では、小さくてわずかな物質(光子、電子、または原子サイズの物体)が、2つのスリットを持つスクリーンに向けて撃ち込まれます。 画面の反対側には、ハイテクビデオカメラが各々の光子がどこに当たるかを記録します。 科学者がスリットを閉じると、カメラは以下のビデオに示すように、期待されるパターンを表示します。 しかし、両方のスリットが開くと、干渉パターンが現れ、波のように作用し始めます。これは、原子の物体が波として観測されることを意味するものではなく、ただそのように振舞います。 これは、各光子が同時に両方のスリットを同時に通過してそれ自身を妨害することを意味しますが、また一方のスリットを通って他方のスリットも通過します。 さらには、どちらも通過しません。 単一の要素は潜在的な「波」になり、複数の可能性の形で表現され、干渉パターンを得る理由になります。

どのようにして単一の物質が存在し、複数の状態でそれ自身を表現することができるのでしょうか。 さらには、複数の可能性から、どの通路[スリット]を選択するのでしょうか。

「あなたは自分に言い続けてはいけませんが、もしあなたがそれを避けることができれば、『どうしてそんなことができるのでしょうか』 なぜならば、誰もまだ逃げていない盲目な路地に流出するからです。 どのようにして、そんなことができるかは誰も知らない」 - (1)リチャード・ファイマン

 

ここが、より混乱しているところです

観測者が追加されたとき、または科学者達がどのスリットを通過するかを測定して調べることに決めたときには、潜在的な経路の「波」は1つの単一のパス[経路]へ崩壊します。 粒子は潜在的な「波」になるので、再び、単一のルートを取る1つの粒子になります。 それは、粒子が監視されていることを知っているかのようです。 観測者は、粒子の振舞いにある種の影響を与えます。

 

量子の二重スリット実験は、意識と物質物理の世界がどのように絡み合っているかを調べるために使用されるとても一般的な実験です。 繰返しますが、科学者が小さな物質を観察することを決めたとき、観察の行為だけで総てのポテンシャルを1つの状態に「崩れ」させました。。。

私は、意識を基本的なものと見なします。 私は、物質を意識から派生物とみなしています。 私達は、意識の後ろに行くことはできません。 私達が話していること総て、私達が既存のものとみなして意識を前提としているもの総て。」 - マックス・プランク(Max Planck)、1918年にノーベル物理学賞を受賞した量子論の起源となる理論物理学者。

「私があなたに伝えようとしていることは、大学院の3年目または4年目の物理学科の学生に教えることです...あなたがそれを理解していないので、逃げ出さないように説得するのは私の仕事です。 あなたは、私の物理学の学生がそれを理解していなのが分かります。それは私が理解していないからです。」 - (1)リチャード・ファイマン

このタイプの交絡現象[従属変数と独立変数の両方に相関する外部因子があること]は繰り返し示され、世界中の専門家によって何回も調べられました。 例えばフィジクス・エッセイ(Physics Essays)誌に掲載された研究の一つは次の説明をしています。意識に関連する要因が、二重スリット干渉パターンでの摂動を伴なって予想される中で、どのように「有意に」相関したのか。

「観測は、測定の邪魔になるだけではなく、それを生み出します。 私達は、電子が明確な位置を取るように強制します。 私達自身が測定の結果を生み出しています」 - 医学研究所のチーフ・サイエンティストであるディーン・ラディン(Dean Radin)博士。

ここでは、本当に理解できないことをよりよく理解するための実験のオーディオ/ビジュアルのデモンストレーションがあります。

 


DR. QUANTUM - DOUBLE SLIT EXPERIMENT

(5:12)  2010/12/27 ・・・ 元ビデオは閲覧不能。おそらく同じものになります

 

個人として、1人の人間として、私達にとってどういう意味でしょうか。

これが何を意味するのかを正確に知ることは難しいですが、できる限り小さなレベルで、私達は総て物質で構成されており、これを観察することについて話をしています。 同じ規則が適用されるならば、私達の生活の中で取る方向性に関して、私達自身は波として存在している可能性を意味するのでしょうか。 結局のところ、私達は総てこの 「物質(matter)」で構成されています。私達の人生の他のバージョンが、ある種の代替現実(alternate reality)で演じられているのでしょうか。潜在的な波からの私達の道の選択で、私達を「崩壊させる(collapses)」ものは何でしょうか。これを行う観測者はいるのでしょうか。 誰かが私たちを見ているのでしょうか。 自分自身を観察しているのは私達の意識でしょうか。私達の現実の構成を示すのでしょうか。 尋ねられるべき多くの質問があって、答えが見つかりません。

私と共鳴する1つのことは、さまざまな分野の量子物理学やその他の発見は、単に古代の知識に先駆けているという考え方です。 私達の古代の世界ですでに知られていたものを発見する際の一歩です。

「大まかに言えばいくつかの違いがありますが、私は、仏教の哲学と量子力学は世界観を揺さぶれると思います。 これらの素晴らしい例では、人間の思考の成果を見ることができます。 これらの偉大な思想家のために私達が感じる賞賛にかかわらず、私達は、彼らは私達と同じように人間だという事実を見失うべきではありません」 - ダライ・ラマ(Dalai Lama)

これらの量子実験を考慮すると、超心理現象(意識、心の力、遠隔の治癒、テレパシー、および他の説明できないが観察可能な現象)を調べる多数の研究と組み合わせて、私達が自分の生物システムに影響を与えることさえできるという事実を指摘しているすべての証拠(ここでそれについてもっと読んでください)は、(私にとって)絵がとても明確になります。 私達は、私達が自のため創りだす人間の経験のタイプとそれを実行し創りだす内的な状態について、考え、感情、感情の重要性や力をまだ認識していない世界に存在します。 これらのことは、実際には世界を変える力を持っていますが、それはまた必要な是正措置につながるものです。

 

私はこれまでと同じように、この引用符をあなたに残します:

「新しい物理学の根本的な結論は、観測者が現実を創造することも認めています。 観測者として、私達は己の現実の創造に個人的に関わっています。 物理学者は、宇宙が「精神的な」構造であることを認めなければなけません。 先駆的な物理学者ジェームス・ジーンズ(James Jeans)卿は次のように書いています。「知識の流れは機械的ではない現実に向かっています。 宇宙は偉大な機械のようであるより偉大な考えのように見えるようになります。マインド[精神]はもはや問題の領域への偶発的な侵入者ではないようですが、私達は物質界の創造者で支配者としてむしろそれを歓迎すべきです。 それを乗り越え、否定的な結論を受け入れなさい。 宇宙は、無形の心的でスピリチュアルなものです。」 - R.C. ヘンリー(R.C. Henry)、ジョンズホプキンス大学(Johns Hopkins University)で物理学と天文学の教授、 「精神的な宇宙」; 自然(436:29,2005)

これは間違いなく、あなたに何か考えることを与えます。

 

(1) Radin, Dean. Entangled Minds: Extrasensory Experiences In A Quantum Reality. New York, Paraview Pocket Books, 2006 (ディーン・ラディン。 絡み合った心:量子現実における超臨界体験。 ニューヨーク、パラヴュウ・ポケット・ブック、2006年)

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同じ内容の記事)

www.collective-evolution.com

www.earth-matters.nl

 

----- この記事を読んで -----

私達が利用する計測機器は、電気的な検出と信号処理によるものです。つまり電子レベル的に小さいものは、観測対象と観測機器の電子の干渉が顕著になり、位置と運動量を同時に決めることができなる事態になります。これを踏まえて。

観測による干渉の部分を飛ばして、観測すること、つまりは意識が現実を創り出すまで導いてしまうのは、議論の飛躍があり過ぎるのかも知れません。哲学の分野になるのでしょうか、物質 対 精神(心)や生命 としての比較はされて来ましたが。

2重スリット実験で示されるように、日常的なイメージで「粒子」と捉えると波としての考えが足りないことになります。なので極めて小さい物質を「量子」と呼んで区別した方がいいのでしょう。逆に言えば、「粒子」とか「波」とか区別をしたがること自体が誤りです。現代物理学では、物質とは場(フィールド)に相対するものとした考え方でフェルミ粒子とかボーズ粒子とかに分けられます。これは気体、液体、固体、プラズマのような区分に似ていると考えていただいてもいいでしょう。

さて、スマホやパソコンなどをお使いになられているように、現代物理学の結論が技術として応用されています。しかし、物理学が説明できない現象があることはご存じの通りです。これが面白い。

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp