ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

デレク・ナウス氏はCOVIDを検査する方法を知りません


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20210425012021j:plain

デレク・ナウス氏はCOVIDを検査する方法を知りません

(図 Coronavirus Pixabay)

 コンテンツ

 

先日ピックアップしました「米国の研究所は、1,500の陽性検査でCovid-19を1つも見つけられません」は、興味深い一方、多くの方の疑問に都合のいい答えになっている出来過ぎ感のあるストーリーでした。下記に、ダイジェスト版と、反証ビデオを挙げておきます。

zzak.hatenablog.jp

 

デレク・ナウス博士:「COVIDは偽物です;病気の人は実際にインフルエンザ「A」または「B」を持っています」

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

私は臨床検査科学者です、COVID-19は偽物です、目を覚ませアメリカ!

私はウイルス学(virology)と免疫学(immunology)の博士号を持っています。

私は臨床検査室の科学者で、ここ南カリフォルニア(S. California)で収集された1500の陽性を「疑われている(supposed)」Covid19サンプルを検査しました。

私のラボチームと私が、コッホの原則(Koch’s postulates)とSEM(走査型電子顕微鏡(scanning electron microscope) )での観察を通して検査を行ったとき、私達には、1500のサンプル(samples)[検体/試料]のどれにもCovidを見つかりませんでした。

私達が見つけたのはこうでした、1500のサンプルはすべてインフルエンザA型で、一部はインフルエンザB型でしたが、しかし、Covidの1つの症例もありませんでした、そして私達はアホアホのPCR検査は使いませんでした。

その後、私達は残りのサンプルをスタンフォード大学(Stanford)、コーネル大学(Cornell)、それとカリフォルニア大学(University of California)のいくつかのラボに送りました。そして彼らは私達と同じ結果を見つけました、COVIDはありません。 彼らはインフルエンザA型とB型を発見しました。

その後、私達皆がCDCに話し、COVIDの生きた(viable)なサンプルを求めました、CDCは、彼ら[CDC]にはサンプルが無いとして、提供できないと言いました。

私達は今、私達の総ての研究と実験室での研究を通して、確固たる(firm)結論に達しました。COVID19は想像上のものであり架空のものでした。

インフルエンザ(flu)は「Covid」と呼ばれ、225,000人のたいていの死亡者が、心臓病、癌、糖尿病(diabetes)、肺気腫(emphysema)などの併存疾患(co-morbidities)によって亡くなりました。 その後、[持病のある]彼らはインフルエンザにかかりました、これは彼らの免疫系(immune system)をさらに弱め、そして彼らは亡くなりました。

私は、研究のためのCovid19の生きた(viable)サンプルを未だ1つも見つけていません。 これらの1500のサンプルで実験室での検査を行った7つの大学の私達は現在、Covid19詐欺でCDCを訴えています。 CDCは、Covid19の分離精製(isolated and purified)された純粋な生きた(viable)サンプルを、私達に未だ送っていません。 もしも彼らが実行可能なサンプルを送れないか、または送らないのならば、Covid19はないし、それは架空のものだと私は言います、

Covid 19ウイルスのゲノム抽出物を説明している4つの研究論文は、サンプルの分離精製に決して成功していません。 Covid19に書かれた4つの論文総ては、RNAの短い小片だけを説明します。小片は、ウイルスではない37から40塩基対(base pairs)の長さでした。 ウイルスのゲノム(genome)は通常、30,000から40,000塩基対です。

Covidはおそらく至る所にあると思われているのと同じくらい悪いのに、どうして、世界中のあらゆる実験室で誰も、このウイルス全体を分離精製しものを持った人がいないのでしょうか。 それは、彼らが実際にウイルスを発見したことがないからで、彼らが今までに見つけたのはRNAの小片だけでした、どのようにしてもこれ[小片]は、決してウイルスとして識別されることはありませんでした。

そうなので、だから私たちが扱っていることは、毎年のようなもう1つインフルエンザ株で、COVID 19は存在しませんし架空のものです。

私はこう考えています、中国とグローバリストが、世界的な専制政治(tyranny)と世界的な警察全体主義監視国家を持ち込むために、このCOVIDデマ(新型ウイルスとして偽装したインフルエンザ)を組織化(orchestrated)しました。そして、この陰謀には、トランプ[政権]を転覆するための大規模な不正選挙が含まれていました。

デレク・ナウス(Derek Knauss)博士は、ウイルス学(virology)と免疫学(immunology)に焦点を当てている臨床研究の専門医です。 彼は南カリフォルニア(Southern California)を拠点としています。

 

 

----- 出典 -----

halturnerradioshow.com

 

デレク・ナウス氏はCOVIDを検査する方法を知りません

Derek Knauss does not know how to test for COVID

(6:16) 2021/03/10

 

機械翻訳のピックアップ、青字はビデオの解説者

(0:00)

これらの1500のサンプルでラボテストを行った7つの大学の私たちは

今、欲望の19詐欺のためにcdcを訴えている私は彼にアスルのコビの価格を賭けます

彼がその訴訟を失ったことを分離する ねぇ博士

ウィルソンここで私は分子および構造生物学者です

そして、私はもう少しコベント19をデバンクするために戻ってきました

誤報と今週私は博士を暴くつもりです

Derek knausderekがコバン19だと思っている人を発表

は本物ではなく、コバの否定派は最近ビデオを回っています

彼はそれが本物ではないという証拠を持っていると主張しているところ

これは良いはずです私はウイルス学と免疫学の博士号を持っています

私は臨床検査室科学者であり、1500をテストしました

ここ南カリフォルニアで取集された19のサンプルがポジティブに欲しがる

さて、それはたくさんのサンプルです彼はどのようにそれらをテストしましたか

私のラボチームと私がコークスの仮定を通してテストを行ったとき

走査型電子顕微鏡での観察

(1:03)

コッホの原則をうまくテストして、彼がウイルスでこれを行うために

ウイルスを分離して宿主で培養しなければならなかったでしょう

セルはそれがフィルタリング可能であることを証明します

元の宿主種で同等の病気を引き起こすか、

関連する者は、そのホストからウイルスを再分離します

種とその後、そのウイルスに対する特定の免疫応答を検出します

もしそうなら、彼はこれらすべてのことをしましたか?

彼が使用した細胞株これらはすべて重要な質問です

彼は答えませんが、私にとってのキッカーは彼が言うことです

彼が走査型電子顕微鏡でサンプルを観察したこと

今、これはあなたが見る電子顕微鏡を使用してウイルスを識別する方法ではありません

通常、ウイルスを識別するために

あなたが使用したコロナウイルスと同じくらい小さい

透過型電子顕微鏡法または走査型電子顕微鏡ではないシステム

(2:01)

走査型電子顕微鏡は詳細を見るのに十分な感度がありません

コロナウイルスと同じくらい小さいウイルスに関連している

1500のサンプルのいずれにもcovidは見つかりませんでした

私達が見つけたのは、1500のサンプルすべてがほとんどインフルエンザであったということでした

Aといくつかはインフルエンザbでした。どうやってそれがインフルエンザであると識別しましたか

インフルエンザaとインフルエンザbは、生化学的手法を使用しましたか

確かに走査型電子顕微鏡を見ただけではわかりません

インフルエンザaとインフルエンザbの違いはどうでしかたか

彼はこれを行いますが、covidと私たちの単一のケースではありません

bcsピースを使用しませんでしたbspcrテストは

ここで本当に重要なのは、彼がポジティブなサンプルを見たと言っていることです

私はこれが彼らがPCRによって正であることを意味すると思います

彼は本当にこれを説明していないので、私はそれを仮定する必要があります

(3:00)

しかし、それが本当なら、もちろん、あなたは切望されたサンプルを見つけるつもりはありません

PCRサンプルはエタノールで処理されるため

エタノールはウイルスを保存しながらウイルス粒子を破壊しようとしています

PCRがテストしている遺伝物質

サンプルがどのように準備されたかこれは彼がちょうどしたもう一つの重要な詳細です

省略した場合、残りのサンプルをスタンフォードコーネルと

カリフォルニア大学のラボのいくつかと彼らは私たちと同じ結果を見つけました

これらのラボを運営しているラボは何ですか?

名前は確かに彼らはこの権利であなたをバックアップします

さて、彼ら全員はどこにいますか、それからcdcに話しました

そして、cdcが提供できないと言ったkovidの実行可能なサンプルを求めました

彼らは実際にcdcのウェブサイトにサンプルをうまく持っていませんでした

分離された実行可能なサンプルを購入するために行くことができる場所へのリンクがあります

Sercov2の研究者はこれらのサンプルをniaidから購入することができます

(4:04)

研究目的のために、この男はオンラインショッピングが本当に苦手です

科学資料または彼は7時に私たちに嘘をついている

これらの1500のサンプルでラボテストを行った大学は現在、cdcを訴えています

19詐欺を切望するために、私は彼にアスルのコビの価格を賭けます

彼がその訴訟をすべて失うことを分離する

Covid19に書かれた4つの論文は、RNAのほんの一部しか説明していません

たった37から40塩基対の長さでした

ウイルスではありませんうーん、SARを完全にシーケンスした論文を見逃したのかもしれません

29800塩基長であることが判明した神戸2ゲノム

世界中のどのラボでも、このウイルスを分離して精製したことはありません。

全体は、実際にはなかったからです

彼らはウイルスを実際に見つけたことはありませんでした。

とにかくウイルスとして識別されなかったRNA

(5:00)

うーん、おそらく彼は、SARS神戸2ウイルスを生成したこの論文も見逃したのかもしれません。

の形である低温電子顕微鏡を使用してそれを画像化しました

TEMとこれらの写真は、個人を見るのに十分に高解像度です

スパイクに属するアミノ酸側鎖

ウイルスエンベロープから突き出るタンパク質

これらのアミノ酸側鎖は、RNAがコードするものです

したがって、RNAのコードを読み取り、それを次のシーケンスと比較することによって

タンパク質中のアミノ酸は積極的にできる

これらのウイルス粒子をsarscov2として識別します。

論文または彼は確かによく横たわっていた

これらのコバの否定者が得るデレクカナ薄ために恥ずかしい

それを行う予定の毎週のデバンクがより簡単になります

今週はすべての科学へのリンクをみてくれてありがとう

このビデオで参照している情報はリンクされています

あなたがあなた自身のために、それらをチェックすることができるように以下の説明で

(6:00)

今週は短いビデオだったと思いますが、ぜひチャンネル登録して参加してください

来週、ロバート・ケネディを暴くつもりです

Jr自身があなたに会います

 

 

この反証ビデオで指摘されているように、分離精製されたウイルス株は試薬として販売され購入できるようです。また、全ゲノム配列は公表されているようです。もしも、実際に保健当局が誠実に回答していないとしたら、それも誤解を招く原因なのでしょう。ビデオの根拠は下記のサイトになります。

 

SARS-CoV-2分離株サンプルは、研究者が購入できます:

www.cdc.gov

SARS-CoV-2の全ゲノム配列:

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

----- この記事を読んで -----

反証ビデオで取り上げられている通り、デレク・ナウス博士の言われていることは誤りでした。残念ながら、保健当局の不親切さを感じますし、そして消えたインフルエンザのミステリーは解決されませんでした。

  • あらためて気になったのは、英語の文章として妙に読みづらいと感じたことです。どうやら、オランダ語になったものを英文にしたもののようでした。何故こんな回りくどいことになっているのでしょう。

 

話は変わりますが、関節リュウマチ治療薬のバリシチニブ(製品名オルミエント、イーライリリー)が治療薬として承認されました。抗炎症剤でステロイドのような薬効でしょうか。早期発見/早期治療に有効な、抗ウイルス薬が待たれるところです。

4月25日より東京都、大阪府京都府兵庫県にて、3度目の緊急事態宣言となります。ご安全に !

 

バリシチニブ - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp