ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

イギギに会う - アヌンナキに反抗した古代宇宙飛行士


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200304120937j:plain

イギギに会う - アヌンナキに反抗した古代宇宙飛行士

( 図 Marduk and pet ウィキメディアパブリックドメイン)  

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

古代アヌンナキ(Anunnnaki)は、初期の人間を遺伝的に改変し労働力として使う目的で人類を創造したと言われています。ですが人間が創られる前に、イギギ(Igigi)[イギジ]は古代アヌンナキによって主要労働力として使われました。

イギギ - 彼らが誰なのか理解してください - は、若い世代の古代宇宙飛行士の神で、金を鉱山するために地球に来た巨大なアヌンナキの奉仕者だと言われています。

神を記述するために使われる専門用語は、極めて複雑で未だ多くの研究が必要です。研究者は、イギギという言葉はユダヤ系起源で、メソポタミアパンテオン(Mesopotamian pantheon)の神々を示していると信じています。どの古代の神々がイギギに属しているかはまだ不明ですが、多くの学者は、マルディク バビロンの街の守護神 がイギギの1であることを示唆しています。

主流の学者は、神話のシュメール神々参照するためにイギギという用語を使います。主流の学者によれば、イギギはアヌンナキの若い奉仕者で、アヌンナキは彼らの主人とエンリル(Enlil)の独裁に対して反乱を起こしました。結局、アヌンナキはイギギを人間と置き換えました。

アトラハシス(Atrahasis)の神話 - バビロニアの洪水の物語とギルガメシュ(Gilgameš Ep)の洪水の物語の先駆けのエピソード - シュメール川のパラダイスは、彼らの主人達アヌンナキによって、下級の神々(イギギ)が水路を掘るために置かれた場所として記述されています。

「人のような神々が仕事をして苦労を負ったとき、神の労苦は大きかった。仕事は重かった。 苦しみは多かった」

「7人の偉大なアヌンナキは、仕事に苦しむイギギを作りました」(5〜6行目)

「神々、人のような、労働を請け負い、負荷を運び、神の負荷は大きかった、ひどい苦労、過度のトラブル。偉大なアヌンナキ7人は、イギギが苦労することをしていました。」

古代宇宙飛行士の仮説では、イギギはアヌンナキに似ていて、地球の周りを一定の軌道にとどまっていました。彼らは基本的に、私達の惑星(地球)とアヌンナキの故郷ニビルとの間の仲介者と考えられられました。

 

(Fig.1) イギギ

 

多くの人がイギギは、地球から供給された鉱石を処理した巨大なプラットホームで、地球の周回上の一定軌道上にとどまっていたと信じています。ミネラルを処理した後、材料物質は他の船に移され、最終的にアヌンナキの故郷に運ばれました。

イギギは、人類によって、一度も出会ったことはありませんでした。いくつかのテキストがそれらを参照すると言われており、イギギが「人類にとって高すぎる」と示唆し、結果的に「人々に関係していなかった」と述べています。

何年もの間、アヌンナキのために苦労して勤勉な仕事をしていたイギギは、彼らの主人に反抗しました。彼らは「彼らの道具に火をつけ、夜間までにはエンリルの偉大な家を囲みました。」のは悲しいことです。古代アヌンナキに別の労働力源を探し出させました。

これが、古代アヌンナキがイギギを置き換えた理由で、古代の人間を遺伝的に工学的に改造し、より大きな労働力を創出した後のことです。

古代アナンナキが遺伝子を遺伝的に改変した後、人間の「奴隷種族」は創造されました。およそ50万年前の初期の人間のものです。このように多くの著者は示唆しています。

 

Viper TVによるイギギの詳細:


The Sumerian Igigi Enigma, Why Huge Lifespans still Eludes Scholars

(35:10)  2019/06/26

 

 

----- 出典 -----

www.ancient-code.com(同様な記事)

Meet the Igigi - Ancient Astronauts Who Opposed The Anunnaki – Disclose.tv

 

 

----- この記事を読んで -----

アヌンナキとは別の惑星からのエイリアンとしてイギギが登場します。どのような関係だったのでしょうか。アヌンナキの歴史において、その一角を構成する存在がイギギのようで、労働を荷っていたイギギの反乱により、これに代わる労働力として人類が登場したようです。

スピンオフ(外伝)作品のような扱いよりは、本筋のバックグラウンドとも言えるのではないでしょうか。

 

NEXT アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

PREV アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

 

アヌンナキのストーリー

zzak.hatenablog.jp