ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

将軍はトランプに「私達は、あなたを取り戻しました!」と言います


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20210131022154j:plain

将軍はトランプに「私達は、あなたを取り戻しました!」と言います

(図 The Pentagon January 2008 ウィキペディア経由CC2.0 クレジットDavid B. Gleason)

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

彼の最初の48時間のオフィスで、バイデン大統領は、トランプ元大統領の注目すべき成果の多くを骨抜きにしました;彼は国境の壁の建設を中断しました;彼はパリ協定(Paris Accords)に再び加わりました;彼はこれを義務付ける大統領命令に署名した、連邦財産と公共交通機関にいる間、法律を守るアメリカ市民は、潜在的に危険なフェイスマスクを着用します。 そして、とりわけ、彼はアメリカの防衛予算を削減しました、これはおそらく国の防衛準備(の状態を損なうでしょう。
 
そして、軍の将軍は怒り狂っています。
2人- 米陸軍のジェームズ・ディッケンソン(James Dickenson)将軍、米宇宙軍の司令官と、空軍のグレン・ヴァンヘルク(Glen VanHerck)将軍、NORAD司令官 - は、木曜日にバイデン氏に連絡を取り、予算を大幅(drastically)[徹底的に/思い切って]に削減した動機について質問しました。

匿名の約束の下で話している軍の情報筋は、リアル・ロー・ニュース(Real Raw News)にこう伝えました、バイデン氏は彼の権威に挑戦したことに対して将軍を叱りました。

「ばかにするな。私は今大統領で、そして私はトランプ氏ではなく決定を下します。乗るかクビになるかだ。」と、バイデンはディッケンソン将軍に言ったと伝えられています。「宇宙軍は去っていきます。もしも、あなたも立ち去りたいのならば、その言葉を言うだけです。」

バイデン氏はまた、ヴァンヘルク将軍を非難し、トランプ氏が国の戦略核兵器(strategic nuclear arsenal)に予定していた現金は今、FEMAに資金を提供と国内テロリストの監視リストの拡大に向けて行くだろうと言いました。

 

バイデン氏は将軍の態度にとても激怒したので、彼は、ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏への忠誠と服従を表明することに対して軍の高級将校連(brass)に警告するように、統合参謀本部議長(Chairman of the Joint Chiefs of Staff)のマーク・ミリー(Mark Milley)将軍に指示しました。 トランプに忠義を誓い捕らえられた将校は、即座に解雇され、反逆罪で告発される可能性があります、とバイデン氏はミリー将軍に警告しました。

そのような悪魔のような家の掃除の洗例は、バラクフセインオバマ(Barack Hussein Obama)氏によって設定されました、彼は、彼の8年間の在職中 - 報復的な1日で40人を含む - 197人の将軍と提督を解雇しました。 彼は、彼らを国連への忠誠を誓約した将校に置き換えました。

「バイデン氏は、就任してわずか2日で、既にオバマ氏が中断したところから始めようとしています。 それについて間違えないでください - オバマ氏が戻ってきました、そして彼は舞台裏でひもを引いています。 もしも彼が、バイデン氏にミリー将軍にその電話をかけるように頼んでも、それは私を驚かせないでしょう。 その電話[呼びかけ]は、いくつかの空気のような階層のずっと下に浮かんでいましたし、そして多くの高位の将校達を苛立たせました。 ディッケンソン氏とヴァンヘルク氏は、最初はバイデン氏、次にミリー氏に、2回𠮟りつけられました。 ディッケンソン氏にとっては、それが取った総てでした。」と、私達の情報源は言いました。

 

彼は、ディッケンソン将軍がすぐに民間航空機をチャーターし、マー・アー・ラゴ(Mar-a-Lago)に飛んだと主張しました。そこで彼は、詐欺の選挙結果を覆すために根気強くトランプ氏を支援してきたスティーブン・K・バノン(Stephen K.Bannon)氏に他ならぬ挨拶を受けました。 バノン氏はディッケンソン氏を安全な会議室に連れて行きました。そこはトランプ氏が、シミュレートされた選挙を切れ目なく計算するコンピューター端末を近視眼的に凝視し座っていたところです。

伝えられるところでは、「4万5000回のシミュレーションで、バイデン氏は1度も勝っていません」と、バノン氏はディッケンソン将軍に伝えました。

ディッケンソン将軍は、トランプ氏にバイデン氏の悪意のある計画を知らせました。それは、防衛費(defense spending)を消化するためであり、そして彼の明らかに欠陥のある論理に同意しなかった誰をもクビにするものです。

私達の情報源はこう言いました。ディッケンソン将軍は彼を「大統領」と呼ぶことによりトランプ氏に平和の提案を作りました、そして、そして、6人以上の陸軍将軍達、2人の海軍提督達、1人の空軍将軍、および米国海兵隊(United States Marine Corps)の司令官の支援を彼に約束しました。 全員が「決められた時間」にバイデン政権に反対する準備ができていました。

「心配しないでください、大統領、私達はあなたを取り戻しました」と、ディッケンソン将軍はトランプに伝えました。

 

もしも総ての情報が正しいのならば、トランプ氏は、もはやホワイトハウス(White House)にはいませんが、依然として軍隊との優れた関係を持っていますし、バイデン氏の犯罪体制(criminal regime)に対して、その力と効果を使用するのに十分な影響力を行使しています。

 

新しいメディアのサポートにご協力ください。 私達は、それが導くところはどこでも、真実に従います。 私達は絶対にビッグテックや、MSMの狭く独断的な見方を拒否します。 私達は、アリーナ(arena)、MSMとその番犬(watchdogs)-スノープス(Snopes)[ファクトチェック(事実検証)を行うアメリカ合衆国のオンラインサイト]、メディア・マターズ(Media Matters)、ポリティファクト(Politifact)[政治にまつわる発言・声明の信憑性をファクトチェックするアメリカ合衆国のサイト]、その他 - に不慣れですが、私達に戦争を仕掛けてきました。 私達は繁栄するためにあなたの助けを必要としています、それで、私達は他では見られない重要でユニークなニュースを提示することができます。

 

 

----- 出典 -----

www.newsview.gr

 

----- 2021/01/24公開の記事を読んで -----

ホワイトハウスが連夜停電するのは何故? ジョーは何処に居るのか? プーチンさんが電話会談したと言うが、外国の元首が誰もジョーに面会しないのは何故? 就任以来わずか10日間で42もの大統領令を連発しているが、憲法違反のようなものもあり、大統領として大統領令の中身を理解して出しているのか? そして引き揚げを進めていた中東に、派兵を始めている理由は何か? などなど、多くの疑問を見かけます。何かがスッキリしません。

それで、実際に軍部の動きはどうなっているのでしょうか。正義という意味で、期待したいものです。残念ながら本文は、比較検証できる資料がなく、簡単に鵜呑みにはしない方が良いと思います。
 

James H. Dickinson - Wikipedia

Glen D. VanHerck - Wikipedia

Mark Milley - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp