ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

バミューダ・トライアングルでの消失の裏にあるミステリーが、ついに解決


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20210126023357j:plain

バミューダ・トライアングルでの消失の裏にあるミステリーが、ついに解決

(図 Ship Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

現代の日付の奇妙な世界と共に、輪郭(!?!?!!)とカーデシアン(Kardashians)、バミューダ・トライアングル(Bermuda Triangle)は人生の最大のミステリーの1つです。

船や飛行機はどうやら奇妙な無人の土地で行方不明になるので、何が起こっているのかについてあらゆる種類の奇妙な理論に目を向けている人々と共に、何年もの間、私達皆を困惑させました。

しかし、旅行者を捕まえる地獄のような巨大なクラーケン(kraken)がいて、そしてデイビー・ジョーンズ(Davy Jones)の監獄(Locker)に彼らをとがめると、私達皆が信じのるが好きですが、科学者達は、 - 当然のことながら - 説明はもう少し簡単かもしれないと考えています。

 

What’s behind the disappearance in the Bermuda Triangle?

VIDEO (1:34) https://video.dailymail.co.uk/video/mol/2016/03/13/8328114015703223517/1024x576_8328114015703223517.mp4

 

Experiment demonstration hoe ‘rohue waves’ can be predicted

VIDEO (4:05) https://videos.dailymail.co.uk/video/mol/2018/01/08/962643457764734376/640x360_MP4_962643457764734376.mp4

 

行方不明になった船のモデルをテストした後に突破口が開けたので、専門家は今やそれがすべて自然現象によって説明されることができると考えています。

 

(Fig.1) バミューダ・トライアングル

 

サザンプトン大学(University of Southampton)の研究者達は、フロリダ(Florida)、プエルトリコ(Puerto Rico)、バミューダ(Bermuda)の間の海の一部をカバーするこの地域を考え、実際には最大100フィートの高さになる「危険な波(rogue waves)」の犠牲者である可能性があり、そして、これらは、何百という命が文字通り失われそのせいなのかもしれません。

バミューダ・トライアングルの不可解なもの(The Bermuda Triangle Enigma)と呼ばれるチャンネル5のドキュメントの一部として、チームは米国船サイクロプス号(USS Cyclops)のモデルを構築しました。その船は、1918年に、サルバドール(Salvador)のバイア(Bahia)からボルチモア(Baltimore)に向かう途中に行方不明になりました。その不思議な失踪の後、542フィート(約165メートル)の船舶の残骸を発見した人は誰もいませんでしたし、306人の乗客と乗組員の痕跡もありませんでした。

巨大な波を再現し、その平らなベースと圧倒的な大きさのせいで、水波の押し寄せにより、モデルが圧倒されるのにそれほど時間はかかりないことを、科学者達は発見しました。

海と地球の科学者のサイモン・ボクソール(Simon Boxall)博士は、バミューダ・トライアングル地域が3つの別々の方向から集まる3つの大きな嵐に直面し、その厄介な危険な波のための完全な条件を創ると、考えています。

「南と北に嵐があり、それらは一緒になっている」と彼は文書で述べた。

「そして、もしもしフロリダからの追加のものがあるならば、それは潜在的に致命的な危険な波の形成になる可能性があります。

「それらは急勾配の波で、それらは高い波です – 私達は、30メートルを超える波を測定しました。」

彼は、サイクロップス号のような船を2つに折るのに十分な大きさであり得るとさえ考えています。

見てください、私達は次の事を否定するつもりはありません。覚えている限り、それは私達皆を困惑させるような、ミステリーに対する単純な説明があるかもしないことに、私達は少しがっかりしています。結局のところ、大きな波は、エイリアンの拉致、不吉な政府の実験、または失われたアトランティス(Atlantis)の都市の考えほど魅力に満ちたものではありません。全部手に入れることはできません、ね。

 

 

----- 出典 -----

www.scienceinsanity.com(同様な記事)

www.dailymail.co.uk

 

----- この記事を読んで -----

著者もロマンは捨てていないようですが、バミューダ・トライアングルのミステリーが..... 波の重ね合わせによる巨大高波化。まともな結末です。
魔の海域。理解できないから恐れ、危険なところに近づかないようにするための童話のような話にする..... 子供用の童話も、こうしたものが多いです。
本編はは海難事故の説明でしたが、航空機の遭難も、おそらく急激な乱気流やダウンバースト、嵐などで解明されるのかもしれません。

 

バミューダトライアングル - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp