ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

あなたがインターステラーについて知らなかった5つのこと


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20201110113312j:plain

あなたがインターステラーについて知らなかった5つのこと

(図 宇宙飛行士 Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

一部の人達は、これがその日の最高のSF映画だと言います - 当然です。クリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)監督の映画インターステラー(Interstellar)は、地球上ではあまり良くない時期を背景としており、そこでの惑星地球は総ての農園の疫病によって荒廃しています。明らかな解決策がなければ、食べ物は短時間で無くなる傾向があり、唯一の解決策は宇宙で別の故郷(地球)を見つけることです。深宇宙に入り、4人の宇宙飛行士は人類のための新しい惑星を見つける任務に乗り出します。

これは、疑う余地のない現実に近い映画です。実際の物理学の根拠に従い、私達はインターステラーについていくつかの興味深い科学的な事実を区分けします。

 

1 - 大学で使用できます

(Fig.1) ブラックホール近くのミラーの惑星

 

ガルガンチュア(Gargantua)の表現で、映画で示されているブラックホールには、とても多くの投資がされ、その画像は大学で使用できます。この映画はインスピレーションを得たもので、理論物理学者のキップ・ソーン(Kip Thorne)氏の助けを受けていたのは不思議ではありません。

 

2 - それは単純な波ではありません

(Fig.2) ミラーの惑星で (GIF)

 

ミラーの惑星で、「波」が宇宙飛行士に近づくシーンを覚えていますか。まあ、その惑星上の水の山は一定です。それはブラックホールの重力による引力は、水が多量となる形を作るほど、惑星を引き伸ばすことがわかります。これは、おそらく惑星がとても浅い理由でもあり、そして宇宙飛行士が歩くことができます。結局のところ、水の多くは 「山」に集中しています。

 

3 - 毎秒が、1日


Interstellar - Miller's Planet (HDR - 4K - 5.1)

(4:18)  2018/05/10

 

まだこの惑星上では、水の山が現れる前に、サウンドトラック(映画の音声)は一定のカチカチ音をたてます。映画はとてもクールで、それが1.25秒毎に触れ、そして地球上の1日を表しています。結局、あなたが覚えていないのならば、この惑星上の1時間は地球上の7年間に相当します。

 

4 - 最小限のグラフィック・コンピューティングを使用

(Fig.3) 撮影機材

 

監督は、現実に近い何かをすることにとても熱心で、コンピュータ・グラフィックスを使用した緑色の背景シーンはほとんどありません。嵐のシーンは、飛行機のくちばし(先端部)にカメラを置いて作られました。そして、可能な限り現実のものとするために、実際に嵐に飛び込みました。

 

5 -地球上の塵埃の嵐も「本物」です

(Fig.4) 粉塵が舞う撮影風景

 

引用符の間の本当の意味は、それがコンピューター上で作成されていなことです。制作チームは巨大なファンを率いて、実際に小規模な粉塵の嵐を再現しています。

お解りいただけましたか。映画インターステラーは、フィクションがそれほど架空のものではないかもしれない証明です。一部の人々が言うように:インターステラーは、もっと味わいたい3時間の映画です。まだ見たことがない場合は、時間を無駄にしないでください。

 

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(関連記事)

5 Things You Probably Didn't Know About Interstellar | Culturefly ・・・ 接続に時間がかかり、以下のプレビューが表示されないことがあります culturefly.co.ukwww.secretsofuniverse.in

 

----- この記事を読んで -----

映画インターステラーについては、トピックとして何回か登場しましたが、この映画にを中心にしたものを取り上げたのは初めてになります。

私達が、技術的に到達していないことがあるのでサイエンス・フィクションとして扱っています。しかしながら、この映画に登場するブラックホールワームホール、そして高次元については、キップ・ソーン氏が監修しているだけあって現代の天体物理学の考え方を踏まえており、フィクションとは呼べない部分です。

映画のキーともなる高次元の存在は、実在するのでしょうか。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp