ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

天文学者は、ブラックホールの事象の地平線を撮影する望遠鏡を稼動させようとしている


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200226141227j:plain

天文学者は、ブラックホールの事象の地平線を撮影する望遠鏡を稼動させようとしている

( 図 ブラックホール Pixabay)  (Fig.) アーティスト・イメージ

 

黒い開口部についての長きの研究と知覚にもかかわらず、ブラック・ギャップを誰も本当に写真を撮ることができず、知られている宇宙の中で最も催眠的な実態になっています。暗い開口部は、いつも横切る総てや光でさえ呑み込む点で、大規模で、それが写真を撮ることを難しくしている理由の背景にあることです。イベントホライズン[事象の地平線]望遠鏡、新しい道具には、南極、米国、チリ、フランスのアルプスなど、地球上に位置するラジオコレクター[電波望遠鏡]のシステムが関わっていました。

コレクターのシステムは、宇宙の特定の設問によって放射される電波を集めるでしょう。ダークギャップ(dark gap)の写真を撮るという最終目標を念頭において、ダークギャップの専門家は、波長1.3 mm(230 GHz)の電波を中心に扱います。この波長は、あらゆる巨大なガスに浸透することに関して最も明白な機会を与えてくれ、そしてきちんとダークギャップを防ぎます。 望遠鏡の決定は、独立した場所でチューニングされたそのような巨大な受信線によって作られる不安定な影響を回避するために、小規模な歪の50秒でなければなりません。そうした性能にあるために、このシステムは多くの引き伸ばしをせずに月の表面にグレープフルーツを見ることができます。この望遠鏡の主な焦点は、射手座A *( Sagittarius A*)と呼ばれる私達の世界で注目される巨大なダークギャップです。私達は射手座A *を見たことはありませんでしたが、科学者達はそれが隣の星の円に影響を及ぼす方法に照らして存在することを知っています。これらの星の発達に照らして、専門家達は、ダークギャップが私達の太陽より約400万倍も怪物のような可能性が高いことを確認しました。地球から約26,000光年離れていると、それは小さなターゲットとなります。しかしながら、イベントホライズン望遠鏡は、ダークギャップの辺りに素早く状態を識別するために焦点を合わせます。それは暗い開口部自体を見るために十分な決定を得る能力を持っていなければなりません。ハーバード・スミソニアン宇宙物理学センター(Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics)の冒険的な開拓者であるシェパード・ドゥールマン(Sheperd Doeleman)氏が、BBCのジョナサン・アモス(Jonathan Amos)氏に今週明かしました。「信じられないほどのエネルギーがあります。暗い開口部の場合のスカイラインを中心にした新の原理の可能性を持っていると考えていることについて、4月には客観的な事実について述べます。」 科学者達は、暗い開口部が素晴らしい光のリングのように見えるだろうと予見しています。これは特例的に興奮するもので、これについて最新情報をお届けし続けます。

 


Global telescope may finally see the event horizon of our galaxy's black hole

(2:30)  2017/03/02

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(関連記事)

www.bbc.comwww.bbc.comwww.sciencealert.com

 

----- この記事を読んで -----

宇宙の果てというテーマも興味深いのですが、局所的な宇宙の終焉とも言えるブラックホールについてもなかなか面白いです。ブラックホールは、大遠距離から存在の確認はできたものの、ある程度近づいて観測することには至らないために、その性質についてはアインシュタインの一般相対論から類推するしかできていない天体です。
ブラックホールは、光をも捕まえてしまう性質があり、ここに落ちたら時間経過も遅れ、長さも縮んでしまいます。ある意味タイムマシンです。また相対論の解から、ホワイトホールの存在も理論的に予想がされており、畳み込まれた空間(ワームホール)の出口ではないかとされています。これは未だ発見には至っていません。

 

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp