ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

中国のウイルス学者はこう主張します、COVID-19は人工だと証明する証拠を、彼女は公表します


f:id:Zzak:20201022011926j:plain

中国のウイルス学者はこう主張します、COVID-19は人工的に作られたものだと証明する証拠を、彼女は公表します

(図 人々 Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 主題として補足される一覧

 

概要

  • 事実: 最近中国から逃げ出した(fled)中国のウイルス学者の、リー・メン・ヤン(Li Meng Yan)[閻麗夢]博士は、COVID-19が人工的に作られたもの(manmade)だったことを証明する証拠があると主張しています。
  • 考察: このウイルスが人工のもので、本当にそうならば、その含意は何でしょうか。 もしも、WHOがこれをしばらくの間知っていたのならば、これは、説話について何を変えるのでしょうか。

 

この記事は更新され、修正されました。

 

中国のウイルス学者で内部告発者のリー・メン・ヤン博士は、COVID-19が人工的に作られたものだった証拠をまもなく発表すると主張しています。 彼女はこう考えています、彼女の証拠は実に明確であるため、科学者でなくてもデータを検証できます。 以前にヤン博士はこう言っていました、中国政府と世界保健機関(World Health Organization)は、報告されているよりもはるかに早く、COVID-19の人から人への感染について知っていました。 彼女は、彼女の研究を探求し続けるために、中国から米国に逃げだしました。

 

ヤン博士は、インタビューでデイリーメール(The Daily Mail)紙に次のように伝えました:

「ゲノム配列(genome sequence)は人間の指紋のようなものです」。これに基づいて、あなたはこれらのものを識別できます。 私は[これを使って]証拠をこの理由を人々に伝えます、何故これが中国の研究室から来たのか、何故彼らがそれを作ったのか。

生物学(biology)の知識がなくても誰でも、それを読み、あなた自身でチェックし、識別し、検証できるようになります。」

 

ヤン博士は当初、彼女が中国で働いていた大学の個人指導教官(supervisor)から、中国本土で発生したSARS症例の、隠れた(pocket)調査を開始することを求められました。 当時、それは新しいタイプの肺炎(pneumonia)のように見えました。

「私は医師で博士でした。私は、世界のトップの専門家達の一団(bunch)と研究し、中国本土から2つの学位を取得したために、私は、武漢(Wuhan)新型肺炎について秘密の調査をするために割り当てられた者でした。

私の調査中、私が見つけたことを私の個人指導教官(supervisor)に報告したところ、何の応答もありませんでした。誰もが心配していたからです。 だから私は黙っていました、私は人々に伝えなければならないことを知っていました。何故ならは、それは緊急であり、かつ米国で有名な中国人ユーチューバー(YouTuber)のアカウントで、次のことが世界に伝えられたからです、中国はCovidの状況を発見しました、なおかつ、人から人への伝染(transmission)は既に存在します。

私が秘密の調査をしたとき、私はこれが起こるとは考えていませんでした。私はこう[考えました]、私が個人指導教官に話します、そして彼らは、政府の便宜や恩恵のために正しいことをするでしょう。

しかし、私が見たことは、誰もそれに応答しませんでした。 人々は政府を怖がっていますが、しかし、これは緊急のことでした、そして中国の旧正月の時期でした。[私は知っていました]これは危険なウイルスでした、これら総てのことは私が沈黙を保つことができなかったことを意味しました、人間と世界の健康が[危険にさらされて]います。」

 

ウイルスに関する彼女の経験、そして彼女が隠蔽工作(coverup)であると主張したことについて告発(blow the whistle)したい彼女の願望に続き、彼女は何が起こっているのかを共有し始めました。 彼女はこう主張します、これは、彼女の情報が政府のデータベースから消去されたとき、そして彼女の同僚(peers)は「彼女についての噂を広めるように伝えられました」。

「彼らは私の情報をすべて削除しましたし、そして彼らは人々に私についての噂を広めるように言いました、私は嘘つきだ、私は何も知らない、私は研究室でハムスターを殺しただけ。 彼らは私の家族や友人を支配しようとし、そして突然私は存在しなくなります。」

 

ヤン博士は、中南大学(Central South University、中国)のシーアンギャ医科大学(XiangYa Medical College)から医学博士(MD)の学位を取得し、南部医科大学(Southern Medical University、中国)で博士号を取得しました。 ヤン博士は、名声のある(prestigious)香港大学(Hong Kong University)を拠点としていました、そこは世界保健機関(WHO)のグローバル疫学(epidemiology)ネットワークの重要部でした。

中国国家保健委員会(Chinese national health commission)は、武漢の研究所で始まったCOVID-19の発生を依然として否定しており、新型コロナウイルスが実験室で作成された証拠はないと言っています。 彼女はまたこう主張します、WHO系列下(affiliated)の研究室の共同ディレクターの、マリク・ペイリス(Malik Peiris)教授は、それについて知っていましたが、何もしませんでした。 しかしながら、もしもヤン博士が実際に彼女の発見を発表し、それが異なったストーリーを伝えるのならば、これは多くの人が最終的に表面化すると疑っている、COVIDの説話の解明(breakthrough)になるのかも知れません。

 

別の一面

ファクト・チェッカーのポリティファクトに(Politifact)[政治にまつわる発言・声明の信憑性をファクト・チェック (事実検証) するアメリカ合衆国のサイト]よれば、「科学界と国際的な公衆衛生組織(international public health organizations)のコンセンサスはこうです、コロナウイルスがコウモリから出現し、後に人間に飛びつきました」

 

世界中の科学者達は、何千回もコロナウイルスの遺伝子構造を共有してきました。 もしも、ウイルスが改造(altered)されていたのならば、そのゲノムデータには証拠があります。

しかし、ありません。 3月には、微生物学(microbiology)感染症(infectious disease)と進化生物学(evolutionary biology)の専門家達の数名は、ネイチャー(Nature) 尊敬されている科学雑誌 にこう書きました、コロナウイルスの遺伝子構造は、それが変更されたことを示していません。

代わりに、科学者達はウイルスの起源について2つのもっともらしい(plausible)説明をしています: 動物宿主での自然淘汰(natural selection)、またはウイルスが動物から飛び出した後の人間での自然淘汰

「私達の分析は次のことを明確に示しています。SARS-CoV-2は実験室での構築や、意図的に操作されたウイルスではありません」と、研究者達は書きました。

 

コチラで、あなたはそれらからもっと読むことができます。

PolitiFact | Tucker Carlson guest airs debunked conspiracy theory that COVID-19 was created in a lab

 

ジャーナリズムの重要性

これは、従来のメディアや主流メディアの課題[挑戦/困難]の1つです;それは政府からの説話に、満足しています、そして、多くの場合、世界に大きな影響を与える可能性がある、他のアイデアまたはより物議を醸すアイデアを探求することを求めようとはしません。 いろいろな意味で、真のジャーナリズムは、主流メディアや従来のメディアレベルで、もはや行われていません。政府や主要な世界の組織から、受け継がれた事実を報告しているだけです。

伝統的な説話にとって、この事は基礎のない[根拠のない/理由のない]陰謀論に他なりません、COVID-19はラボで始まりました。 複数のファクト・チェッカーはこう述べました、さまざまな研究所や政府が、それは人工的だとする証拠はないと言っているので、それは完了した扱いです。 しかし、ヤン博士からのこのようなストーリーはどうでしょうか。 それらは、考慮されないことでしょうか。

このため、次のとき複雑[ひどく込み入った/分かりにくい]になります。新しい[代替]メディアがリード[案内/ガイド]や内部告発者をフォローアップすることを決定したとき、または特定のストーリーにもっと多くのものがあると主張し、それについて何かを出版[公開]したときです。 大雑把な主張さえせずに、ファクト・チェッカーは、新しいメディアが共有する情報が実際に事実であるかどうかを決定するために展開[配置]されます。ファクト・チェッカーは、新しいメディアの主張をすっぱ抜く(debunk)[非難/嘲笑]するために、主流メディアまたは従来のメディアソースを使いました。 もちろんこれは、新しいメディアを虚偽で信頼できないと呼ぶことにつながります。

これが、COVID-19が人工だったかもしれないという考えが、徹底的に議論されていない理由です。何故ならば、従来のメディアやファクト・チェッカーは、そうではないと主張する主要な機関以外の証拠がなくても、それは真実ではないと既に主張しているからです。 次のことに注意することが重要です、誰もこれらの主要な機関に説明責任(accountable)を負わせていませんし、またファクト・チェック[事実確認]も行いません。

 

影響は何でしょうか

何故それが重要なのでしょうか。 もしも、COVID-19が人工のものだったのならば、私達の現在の状況はどう変わるでしょうか。 真意[動機]はさておき、それは私達にこう示すでしょう、おそらく生物学的戦争(biological warfare)または他の理由のために、人々に害を及ぼすかもしれないウイルスをいじり回し創造したい私達の願望は、望ましくない影響を与える可能性があります。 おそらく私達は、より大きな真意があるのかどうか質問を始めます。 それは不慮の出来事で解放されたのでしょうか。 故意にでしょうか。 誰が、これから稼ぐのでしょうか。 もしも、彼らがそれを創ったのならば、彼らは他にも創ったのでしょうか。 既にワクチンはあるのでしょうか。 何故、国民は真実を伝えられていないのでしょうか。

対話。

これは私にとって最大の影響の1つで、人々が今次のことを知っている事実です。政府は嘘をつき、公衆衛生は嘘をつき、メディアは誰にも説明責任を負わせないことで自己満足していました。 これは、手元に人類の最大の関心のある私達の社会の他の多くの側面、そして私達が集団として変えたいことに、疑問をもたらすことになります、私達が意図的に伝えられなかったことについてもっと知った結果だからです。

 

お持ち帰り

もしも、あなたが私達の世界で何が起こっているのかを探求したいのならば、複数のメディア情報源を監視することが、是非ともしなければならないことになっています。 メディアの主流機関は、実際のジャーナリズムと、政府や主要な世界組織内に存在する汚職の文脈的理解の両方を欠いており、世界の重要な質問に答えることになるとき、彼らを接触を断っているままにします。

人々として、これも重要です、世界について私達の主流かまたは新規[代替]の信念について、如何にして私達がイデオロギー(ideological)[観念形態]になれるか、私達は自覚するようになります。 私達の思考で、真にオープンでダイナミックかつ柔軟なままで、そして世界を理解することは、メディアの消化することの決定的[きわめて重要]な部分です。 これらのストーリーは、私達の日常生活のレベルで活動する方法を変えます。 より大きな責任が、私達の世界で起こっていることに従事するために、人々の中で呼びかけられています、それで、私達はより権威主義的な統制と分裂の道を下り続けることはありません。

私達は、自己認識を維持し、イデオロギー的な立場を避けて操縦することについて、深い議論があります、これは最近のインタビューで私はマダバ・セティ(Madhava Setty)博士と9/11、意識などについて行いました。 コチラでチェックしてください。

 

 

----- 出典 -----

(掲載終了した元記事のウェブ保存版)

Chinese Virologist Claims She Will Be Publishing Evidence Proving COVID-19 Is Manmade

(同様な記事)

undergroundnewswire.newswww.sgtreport.co

 

 

----- 2020/09/21公開の記事を読んで -----

まず、タイトルだけ読まれて反応しないようにお願いいたします。タイトル内容の証拠は掲載されていないからです。

この元記事はフェイスブック(以下FB)に公開後、FBのファクト・チェッカーに固められていましたが、訂正を入れる事で普通にFBに掲載されるようになったものです。

この記事で、ファクト・チェックとは何か、ジャーナリズムのあるべき姿と敵に切り込んでいます。

ファクト・チェックによる記事やビデオなどの削除は、一方的な検閲行為なのかもしれません。多くは削除の理由の議論を拒みます。不都合な真実も隠蔽されるのかもしれません。言論の自由が奪われていると言っても過言ではないでしょう。

議論を重ねることで何が正しいのかを知ることもできます。今のままが正しい姿なのでしょうか。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp