ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

バイブルは、世界が2018年6月24日に終わると言います


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200331214122j:plain

バイブルは、世界が2018年6月24日に終わると言います

(図 ルーラー Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

今年の夏にライフタイムの旅を予約しましたか。おそらく、7月下旬に東南アジアの周り3ヶ月の冒険でしょうか。まぁ、忘れてください。

世界は、今年(2018年)の6月24日に終わる予定です。 過去の終末の預言が過ぎ去ったものなら、あなたは絶対にその通知を取る必要があります。

ある人はバイブルを本当によく読んでいますが、それが間違っていた時代とは違って、今回は世界が実際に終わる予定です。

陰謀理論家マテュー・ジャン=マーク・ジョセフ・ロドリグ(Mathieu Jean-Marc Joseph Rodrigue)氏は、黙示録の中で、兆候2018が地球の昨年になる可能性があることを強調しました。

 

その文章は以下の通りです:

彼は42ヶ月間行動する権限を与えられました。

ロドリグ氏は、この節が農作物の収穫と価格に加わると考えており、それは衝撃的な真実を示しています。

 

デイリースター(Daily Star)誌によれば、ロドリグ氏は次のように書きました:

私は4人の生き物の真中の声を聞きました。これは知恵です。知性を持っている彼は、獣の姿を解釈することができます。それは男の名前を表します。彼の姿は666です。

 

(Fig.1) 衝突

 

一緒に追加されたとき(彼はどのように日付を取得するかわかりませんが)、明らかに、この合計は、世界が2018年6月24日に終わることを示しています。

というのは、彼はそれがどうなるのかについて詳しくは述べていませんでしたが、それは単に意味論に過ぎないでしょう。

幸いにも、ミステリアスなニビル(Nibiru)の惑星が地球を破壊しようとしていると、陰謀理論か言った11月には起こりませんでした。日曜日に、なんて不快なことに。

 

(Fig.2) 小惑星郡との衝突

 

以前は、9月23日、10月までに起こると予測されていました。キリスト教の数学者のうわさのおかげです。

しかしながら、NASAの科学者はこの惑星は存在しえないと言いました。もしそうならば、その重力は既に地球から月を取り除いてしまったでしょう。

今、賭け手は、黙示録を考慮しており、いままでの代わりに今年6月まで再スケジュールしています。

 

(Fig.3) 衝突による惑星破壊

 

だから、私達はこの終わりの日を取らなければならず、塩のピンチで叫びますが、絶対的なことを言いたいわけではありません。

私達の生活がいつまで続くか気にしていませんし、そうして死にます。

 

------ 出典 -----

掲載終了しております。

(同様な記事)

www.express.co.ukwww.bustle.com

brobible.comriotfest.org

 

 

----- この記事を読んで -----

バイブルの解釈ということですが、次から次へと出てくる終末予想の1つのスタイルなのでしょうか。どんなエビデンスがあるのか楽しみに読んでみましたが、確かなエビデンスは見つけられませんでした。予想通りと言えば、まぁ、そんなものでしょうか。

予言の類が気になる方は、こうした記事でざわついてしまうのでしょうか。

2020年となり、この記事の内容がハズレとだけ書いておきます。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp