ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ミチオ・カク、スタートレックのスタイルのテレポーテーションは可能


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191222225622j:plain

ミチオ・カク 「スタートレックのスタイルのテレポーテーションは可能で、数十年以内に私たちは他の惑星にビーム転送できるでしょう」

( 図 ミチオ・カク フリッカー )  (Fig.) ミチオ・カク博士 (クレジット フリッカー)

 

スタートレックは、iPadからホロデッキの「仮想現実(virtual reality)」に至るまで、現在のデバイスのすべてのホストを奨励したと言われています。今やとても有名な理論物理学者は、そのテレポーターでさえ技術的に優に可能で、世紀の終わりになる前に現実になる可能性があると言います。ミチオ・カク(Michio Kaku)教授は、人間を急速に輸送するために必要ないくつかのブレークスルーが既に作られており、私達が宇宙の向こう側に「光を当てる」ときに遠くないと言います。ミチオ・カク氏は、ニューヨーク市立大学(City University in New York)の教授です。ミチオ・カク博士は問いかけます。「あなたは『スコッティ、私をビーム・アップ』という表現を知っていますか。私達は笑っていました。私達は誰かがテレポートについて話をしたときに笑っていましたが、もはや笑う状況ではありません。量子テレポーテーションはすでに存在しており、そして私は10年以内に最初の分子をテレポートするでしょう。」

彼はまた、人間として私達はすでにこれを原子レベルで達成しており、速報していますと言います。この現象は量子もつれ(quantum entanglement)と呼ばれ、原子間での情報のやりとりを可能にします。特に、もつれ合った粒子は、たとえ大遠距離で離れていても、一方の作用が他の作用に開放的に作用するような方法で連結されています。アルバート・アインシュタイン自身は、これを「不気味な距離のある行動」と呼びました。初期の研究では、原子が室内を瞬間移動し、光がオーストリアドナウ川を介してテレポートされることが明らかになりました。昨年、ジュネーブ大学(University of Geneva)の物理学者は、光ファイバー25km(15マイル)以上のクリスタルに光子の量子状態をテレポートすることで、テレポートを達成しました。

 

(Fig.) スタートレックでのテレポーテーションのシーン

  

この実験は、同じグループによって10年前に達成した6km(4マイル)の過去の記録を破りました。ひとたび研究者が効果的に分子をテレポートすると、大型の物体、動物、そして最終的に人間を使ってテストする前に、次のステップとして月の基地に光子を送ることになる、とカク博士は考えています。

新しくビッグ・シンク(Big Think)のインタビューで、カク博士は次のように述べました。「来年、分子、おそらく水と二酸化炭素をテレポートすることができると期待しています。その後は誰が分かりますか。たぶんDNAであろう」。しかし、批評家は、物理的なデータに翻訳してテレポートし順番に再配置するには、人間の体にはあまりにも多くの原子がありすぎると論じてきました。

また、生きた物体をトランスポートするために原子がバラバラにされ死に、再構築されることは死んだ者が生き返らなければならないという論争もあります。

カク博士は、テレポーテーションは実際には可能だが、解決すべき理由のある問題があると述べました。

 

 

----- 出典 -----

元記事は掲載終了しております。

(以下は、同じ内容の記事になります)

www.scienceinsanity.comwww.physics-astronomy.comthesciacademy.blogspot.com

 

----- この記事を読んで -----

スタートレックの物語では、ビーム「転送」により物や生命体を瞬間移動させる技術が使われます。宇宙船本体が惑星に降りなくても、大気のある惑星への人や物の上陸が簡単に行える設定です。

なお、念力の類によるテレポーテーションとは別で、テクロノジーになります。

もしも、このテクノロジーが実現したならば、物流大革命となります。

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp