ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

アンドリュー・カールシンの奇妙なケース、2,256年の「タイムトラベラー」


f:id:Zzak:20200912155646j:plain

アンドリュー・カールシンの奇妙なケース、2,256年の「タイムトラベラー」

(時間旅行の証明)

(図 シャドウ パブリックドメイン)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

2003年に、アンドリュー・カールシン(Andrew Carlssin)と言う名の人物が、SEC(証券取引委員会)のインサイダー取引の疑いの要請により、FBIによって調査されました。

サイエンス・フィクションや、X-ファイル・タイプの奇妙な事件のファンのほとんどは、確かに彼らは、2036年からのタイムトラベーだと言ったジョン・タイター(Jhin Titor)氏の名前を聞いたことがあります。

彼の日で、アンドリュー・カールシン氏はFBIに次のように語りました。彼は一時的な旅行者であり、彼は2256年から来ており、彼はそれを証明することができたと考えています。彼の場合は、今日、この人物が実際に存在していたことを示す証拠はほとんどない、というミステリーが残っています。

2003年1月28日、アンドリュー・カールシンという名の人物が、SECのFBI(証券取引委員会)からインサイダー取引の疑いで質問を受けました。疑念はSECが次こと学んだときに始まりました。カールシン氏が、自分の資産をわずか2週間で、現金で800ドルの初期値から3億5000万ドルに増やすことは説明がつかないことでした。

アンドリュー・カールシン氏は、ミスを犯すことなく126件の商業オペレーションで、ハイリスクの株式市場取引に投資しました。

数年後、ウォール・ストリート(Wall Street)で最大のトレーダーは、異常な市場の変動(volatility)のために大きな経済的損失を被りました。なので、カールシン氏が126の株式市場の決定において特別な利益を経験したとき、株式トレーダーはカールシン氏に何か奇妙なことが起こっていると疑い始めました。

 

彼の尋問の直後にFBIは言いました: 「私達は、カールシンが彼の特権的な情報をどこで入手するかについて情報源を見つけようとしています。 前記の情報。」

4時間の尋問の中で、カールシン氏は彼がタイムトラベラーだと言いました。2256年から来た人物。カールシン氏は言いました:「私は自分自身を助けることはできません。私は自然に見えるように努めてきました、私はここで少しお金を失うようにしいます。しかし、私は環境に我を忘れたようです」。

カールシン氏は、彼が2256年から来たことを認めました。そして、当時、現在の株式市場の変動についての知識があり、株式市場の歴史を知っている人なら誰もがそれを利用できることは全く一般的なことでした。彼の自白を証明するために、カールシン氏はイラク侵攻の正確な日時を予測し、正確な日付を与えました。

カールシン氏はまた、オサマ・ビン・ラディン(Osama Bin Laden)の所在とエイズの治療法について報告するよう提案しました。カールシン氏の唯一の要求は、自由になり、彼の現在の日付までに彼のタイムマシンに戻れることでした。

彼のタイムマシンの場所について質問されたとき、カールシン氏は、彼のタイムマシンの正確な位置を教えることをきっぱり断りました。この技術が間違った手に落ちる恐れがあることについて話をしました。もちろん、FBIはカールシン氏の話を信じていませんでした。しかしながら、SECの筋は、誰も2002年12月以前にカールシン氏の起源をたどることができなかったことを認めました。カールシン氏は、その日付の前に決して存在しなかったかのようです。

しかしながら、その話はそこで終わりませんでした。カールシン氏のストーリーは、当時のメディアから突然消え、アンドリュー・カールシン氏の存在のように再び言及されることはありませんでした。再びそのニュースをカバーしたメディアから出たものはありません。

SECとFBIはカールシン氏を捕まえた直後を否定しました。彼の弁護士は、次のように言いました。カールシン氏は2003年4月2日に裁判所の審問のために彼と会わなければならなりませんでしたが、カールシン氏は勾引状のために現れませんでした。

カールシン氏に関する記事は、2003年2月25日の週刊タブロイドで、世界中のニュースに登場しました。後にYahooのニュースとして主流メディアによって引用されました。

2003年4月29日の次の記事では、ウィークリー・ワールド・ニュース(Weekly World News)は、彼らは電話でカールシン氏のインタビューに成功したことを書きました。カールシン氏は、2007年に公開しようとしている会社の設立でトロント(Toronto)にいると語りました。カールシン氏は、2003年3月29日のことを認めています。彼は匿名の見知らぬ人の優しさによりFBIから解放されました。彼は、カールシン氏の100万ドルの保釈金のための保証金を申し出ました。

2003年の彼の逮捕の時、カールシン氏は44歳でした。だが、カールシン氏は、今まで彼は全く年をとらないと言いました。彼が行方不明になっていた年の間に何をしていたのかと尋ねられたとき、彼は応えました:「ノー・コメントです」

そして彼の事件でキャンダルと騒ぎが起きたことについて、カールシン氏は宣言しました:「時間は総てで、総てが時間によって起こります。私は今ここに居り、そうして今これは私の時間です」。

 

今日の多くの人々は、あなたがタイムトラベルができるとは考えていません。しかし、物理学者達は彼らに同意しません。MIT(マサチューセッツ工科大学)の学生達は、世界でも最高の科学技術知識と最高の技術大学の1つで、物理学大会に集まり、彼らが将来から来たと言った総ての人々を招待しました。

過去最高の物理学者の2人であるアインシュタイン氏とホーキング氏は、あたかも正常なものであるかのように、人々は時間通る旅ができると考えています。アインシュタイン相対性理論でさえ、実際にはこのチューブ[のトンネル]のタイムトラベルの考えから始まりました。

ジュネーブ(Geneva)では、核物理学を専門とするヨーロッパの機関であるCERNが、タイムトラベルに適用できるミニ・ブラックホールを作る実験を行っています。CERNは行き当たりばったりでも重要でもない組織ではなくて、彼らはインターネットや(ワールドワイドウェブ)を発明した人達なことを特に考慮します。

遠く離れていない、コネチカット大学(University of Connecticut)のロナルド・マレー(Ronald Mallet)物理学教授は、アインシュタインの方程式とレーザーの知識を使ってタイムマシンを作りました。マレー教授は、10年後に、人々は時間を旅行するために使用できるタイムマシンを作ることができると予測しました。

 

ジョン・タイター(John Titor)氏は別のミステリアスな人物で、2036年から来て、彼は2つのブラックホールを通って未来から来たと主張しました。

カールシン氏の奇妙な歴史については、物語がウィークリー・ワールド・ニュースの製作だった疑いがありました。新聞では、通常、奇妙で出典不明外なストーリーが出版されました。ですが今日まで、このセンセーショナルなニュースの真実についての明確化はありません。

ちょっと後に、FBIとSECは断固としてニュースを否定し、そのストーリーは実際ジョークだと言いました。彼らはカールシン氏が申し立てられた事件について、カールシン氏の自白についてのFBI自身の陳述や、あるいはこの想定される人の存在の有無を問わず、あらゆるタイプの詳細を持ち出し、話しをすることを断りました。

しかしながら、この話が冗談ならば、ニュースやそれが冗談であるか否かについての声明を出すことについて、報道による否定はないはずです。

この冗談の話をする人は、総てが冗談かモンタージュ[組立編集]なことを支持する十分な証拠を提示したことはありません。

これまで、FBIがアンドリュー・カールシンを逮捕してから約10年を費やしたにもかかわらず、この話はまだ完全なミステリーです。そして、彼は、事前に知っていた株式取引を行うために私達の時間に旅行した、一時的な旅行者であることを告白しました。大財産を独占する。

 


Andrew Carlssin, the man from the year 2256

(7:20)  2014/01/22 ・・・ 参考ビデオ追加

 

(Fig.1) アンドリュー・カールシン氏の記事

 

この調査は、アンドリュー・カールシン氏がわずか2週間で、投資有価証券(portfolio)を800ドルから350百万ドルに増やしたことを、証券取引委員会が宣言したことで生まれた結果です。

アンドリュー・カールソン氏(44歳)は、彼の尋問で次のこと言いました。彼は200年の未来から時を経て旅をし、そして彼の知識が、彼に財産を得ることを許したものです。

「抵抗するのは、あまりにも心をそそるものでした。2256年での株式市場の不安定さに関する知識は、株式市場の歴史を知っている総ての人がそれを利用することができるとても一般的なものです」と、アンドリュー・カールシン氏は言いました。

 

(Fig.2) タイムマシンのイメージ

 

彼はまた、いわゆる「タイムマシン」の場所を明らかにすることを拒否した。そして、技術が間違った手に落ちる可能性があることを恐れ、それがどのように機能するか議論しました。

この不可解なストーリーに加えて、彼はどこにでも彼の記録がないことに同意しました。ニューヨークタイムズ(New York Times)紙に掲載された写真でさえ、市民は彼について知りませんでした。

現在、SECとFBIは、アンドリュー・カールシン氏との関係を否定しています。一方で弁護士は、カールシン氏の次のことを指摘しています。彼らは2003年4月2日に裁判所の聴聞会で会ったはずで、ファイルしませんでしたが、彼は単純に消えました。

ウィークリー・ワールド・ニュースのような、このニュースの普及を担うメディアは疑いがあります。何故ならば、重要性の信頼性がありません。

 

 

----- 出典 -----

(若干更新されています)

infinityexplorers.com(関連記事)

yourtimetravelexperience.comwww.techeblog.commysteriousfacts.com

 

----- この記事を読んで / タイムトラベラー No.16 -----

未来から現れて、証券取引で大儲けしたタイムトラベラーです。SF映画バック・トゥ・ザ・フューチャーのストーリーでも、競馬で大儲けしたタイムトラベラーがいました。未来から歴史データ書を携えて過去にやって来て、誰も予想しない銘柄に投資し儲ける。

このように過去に行き、過去を変更してしまうと、そこから続く未来はどう変わるのでしょうか。タイムラインが気になります。

 

親殺しのパラドックス - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

NEXT タイムトラベラー

zzak.hatenablog.jpPREV タイムトラベラー

zzak.hatenablog.jp

RELATED タイムマシン

zzak.hatenablog.jp

RELATED タイムトラベル理論

zzak.hatenablog.jp