ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

私達は知っていた。NASAは隠されたポータル(玄関)が地球上に開くことを認める


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200404163640j:plain

私達は知っていた。NASAは隠されたポータル(玄関)が地球上に開くことを認める

( 図 ポータル クレジットNASA)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

NASAは、地球の磁場に隠された「ポータル(portals)[玄関]」の発見を発表することで、サイエンスフィクションを科学の事実に変えました。

X点(X-points)または電子拡散領域(electron diffusion regions)と呼ばれるものは、異なる銀河や惑星に導く宇宙の銀河の空間を折り畳んだものではなく、これらのポータルは、太陽から地球への磁場の伝達を助けます。

本質的に、これらのポータルは、大量の磁気的な荷電粒子の移動を助けます。それは太陽から流れて、北と南のオーロラと地磁気の嵐を引き起こします。

 


We Knew It! NASA Admits Hidden Portals Opening Above Earth! 7/18/16

(14:22)  2016/07/18 のタイラーのビデオは視聴不可になっております。 2020/03/30にカバーされたビデオになります ・・・日本語字幕変換が利用できます

 

アイオワ大学(University of Iowa)のプラズマ物理学者でそれを研究しているジャック・スカーダー(Jack Scudder)氏は、「私達はそれらをX点または電子拡散領域と呼んでいます。」と述べています。

「地球の磁場が太陽の磁場に接続する所で、私達の惑星から9,300万マイルも離れた太陽の大気に至る途切れない道を作り出しています。」

10,000〜30,000マイルの距離で地球を囲んでおり、こうしたポータルはNASAのテミス(THEMIS)宇宙船とヨーロッパのクラスター・プローブ(Cluster probes)によって観測されています。

2014年に米国の宇宙機関は、磁気圏マルチスケール・ミッション(Magnetospheric Multiscale Mission、MMS)と呼ばれる新しいミッションの打ち上げを始める予定で、これは4つの宇宙船で構成され、地球に円を描いて「X点」を探し研究します。

「磁気のポータルは目に見えませんし、不安定で神出鬼没です。 それらは警告なしで開閉し、私達を導く道標はありません。」とスカーダー氏は述べます。

2014年のMMSミッションの打ち上げを楽しみにしています。スカーダー氏と彼のチームは、ポータルを探すために技術を十分に調整しました。

「単一の宇宙船で、適切に装備されたものがこれらの測定を行うことができます。」

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。 (関連記事)

www.nasa.gov

 

----- 参考ビデオ -----


Hidden Magnetic Portals Around Earth

(3:53)  2013/05/17

 

----- この記事を読んで -----

本文では表面的な見解ですが、ショート・ビデオ(14:22)ではミステリアス感満載の映像が見られます。タイラーが運営するSecureteam10は、かなり人気の高いチャンネルです。知らなかっただけ、報道されなかっただけで、驚くような映像もかなりあります。

本文で紹介されている X点または電子拡散領域と呼ばれる磁場のポータル。そして北極(北の磁極)も毎年動いていることから、こうしたポータルも移動してゆくのでしょう。こうしたポータルは、宇宙の秩序の中で、どのような意味を持ってくるのでしょうか。これを活用する何者かがいるのでしょうか。

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp