ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

天文学者は、光速の99.9999999999999999999999951%の速度で移動する物体を発見しました


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200612073718j:plain

天文学者は、光速の99.9999999999999999999999951%の速度で移動する物体を発見しました

( 図 キャンドル Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

私が物理学の分野で遭遇した最も面白い名前の1つは、「Oh My God 粒子」です。科学者達は、この粒子を「ermahgerd粒子」と呼んでいます(冗談、冗談、それは実際には[アルマゲドン(armageddon)]それではありませんが、「Oh My God 粒子」と呼ばれています)。さて、あなたの心の中に最初に浮かぶのは、2012年に発見されたヒッグス・ボゾン(Higgs Boson)です。

これはメディアが「神の粒子(God Particle)」と呼んでいるほどには、あまり驚くべきことではありません。しかしながら、これら2つの粒子は極めて異なっています。それで、Oh My God粒子は何でしょうか。まあ、それは単純で、低陽子(lowly proton)です。 それで、なぜその名前ですか。

 

(Fig.1) 粒子が惑星に到達したイメージ

 

この陽子は 90 km / h (56 mph)で移動する野球のボールの有効質量エネルギーを持っていました。この種の粒子は宇宙線として知られており、一般には陽子ですが、時々ヘリウム原子や電子なこともあります。それらをとても興味深いものにするのは、それらが光速にとても近いところで移動していることで、Oh My God 粒子がこれまでに発見された中で最も速いです。

ユタ州(Utah)で1991年に発見された、この極めて高いエネルギーの粒子は、それが地球に向かって旅を始める前に、ケンタウルス座の銀河A(Centaurus A)の超大型ブラックホール(Supermassive Black Hole)周辺から発生した可能性が高いです。光速に近い移動をしていると、今私達は述べました...

 


The Oh My God Particle | Space Time

(12:18) 17/04/19

 

さて、どれほど近いのでしょうか。この陽子は約50ジュールのエネルギー・レベルを持っています。これは50ワットの電球を短時間点灯させるのに十分なものです。これは多くのエネルギーのようには見えないかもしれませんが、単一の陽子の重さは1.67e-27 kg( 1.67 x 10-27  [ 1.67 x 10の27乗分の1 ]、またはその前に26個のゼロを持つ0.167)で、それは信じられないほどのスピードを持っていたに違いありません。

 

(Fig.2) 粒子の散乱イメージ

 

そして、その速度は、光速の約99.9999999999999999999995%だと計算されています。それは、1秒あたり、わずか1.54億分の1メートルだけ、光速よりも遅いことを意味します。しかし、この粒子が野球のボールの質量エネルギーを持っていたとしても、心配する必要はありません。通りを歩いている間に、頭の中でこれらのいずれかに当たっても、あなたは意識を失うことはありません。

なぜそれが「Oh My God 粒子」と呼ばれているのかを、あなたが理解できるように私は願っています... この粒子を検出した科学者は、単一の陽子がどのくらい速く移動しているかを調べると、おそらくその粒子の名を叫んでいました。

 

----- 出典 -----

www.ispacea.com(同様な記事)

physics-astronomy.comwww.physics-astronomy.orgscience-andinfo.blogspot.comwww.sci-nature.vip

 

----- この記事を読んで -----

実験的な観測によるとなると、物質が光速に近い速度になれる証拠を掴みました。私達が、こうした速度で宇宙を旅する日がくるのかもしれません。

限りなく光速に近いとなると、一般相対論で考えると粒子の時間や長さは、想像を絶して伸びたり縮んだりしているのでしょう。こうなると、もはや慣れ親しんだ物質と同じように理解していいいものなのかも考えてしまうところです。

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp