ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

NASAの驚異的なブレークスルー:最初のワープ ドライブは...真のマインドブローワー!


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200326145811j:plain

NASAの驚異的なブレークスルー:その最初のワープ ドライブは...真のマインドブローワーです!

(図 宇宙船 Pixabay)  (Fig.) バルカン・シップ

 

数ヶ月前、物理学者ハロルド・ホワイト(Harold White)氏は航空産業に衝撃を与えました。  それは、彼のNASAでのチームが光よりも速いワープ・ドライブ(warp drive)を開発中であると、彼が発表したときのことです。彼の設計ではある日、宇宙船を一番近い星に数週間で運ぶことができました。

この考えは元々ホワイト氏が式を検討していました。物理学者のミゲル・アルクビエール(Miguel Alcubierre)氏の1994年の論文「ワープ・ドライブ:一般相対性理論の中でのハイパー・ファースト・トラベル(The Warp Drive: Hyper-Fast Travel Within General Relativity)」で定式化されました。アルクビエール氏は、宇宙船の背後にある時空間を「歪ませる(warped)」メカニズムを提案しました。

ミチオ・カク(Michio Kaku)氏はアルクビエール氏の理論を「宇宙への旅券(passport to the universe)」と呼びました。それは時空の拡大と縮小を可能にする「宇宙論的コード(cosmological code)」の奇妙な鞍点を利用しています。実証されれば、星間の行き先との間の超高速旅行を可能荷します。これを達成するために、宇宙船は後ろの空間をすばやく広げて前方へ進む必要があります。乗客にとっては、加速不足のように見えます。

ホワイト氏はドライブを信じており、ケンタウルス座アルファ星(Alpha Centauri)に私達を何週間で連れて行くことができる「速度(speeds)」をもたらす可能性があります。その恒星系はわずか4.3光年離れています。基本的には、バブル(bubble)が創られ、それは物体の周りを時空間移動し、物体の位置を変更します。

「覚えておいてください。局所では光の速度を超えるものはありませんが、空間はどんな速さでも拡大・縮小ができます」とホワイト氏はio9で記者団に述べました。 「しかしながら、実用的な方法で、膨張と収縮の効果を作り出すのは、時空間は本当に硬いです。合理的な時間内に星間の行く先に到達するためには、多くのエネルギーを必要とします。」

しかしながら、ホワイト氏は付け加えます。 「私が過去18カ月で行った分析に基づけば、希望があるかもしれません。」

「私の初期の結果は、私が数学全体の中に何かを発見したことを示唆しました。」と彼は振り返ります。

「私は突然、負の真空エネルギーリングの厚さをより厚くしたことを再現しました。

  - ベルトの形からドーナツの形に変わるようなもので - ワープバブル(warp bubble)を振動させると、必要なエネルギーを大幅に削減できます。  おそらく、この考えをもっともらしくしているでしょう」

ホワイト氏の次のステップは、概念の証明になります。彼のチームは実験室にいて、それを実現するための実際の実験に取り組んでいます。

 

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(出典のソース)

io9.gizmodo.com

(同じ内容の記事)

sciencevibe.comnews.mornings4.com

 

 

----- この記事を読んで -----

「空間3次元+時間」の世界の住人の私達が、宇宙空間を自由に移動するためには、光速を破る画期的なドライブが必要になります。それが実現しなければ、人類は、限定された局所的な宇宙から外には出られないでしょう。理論的な考察と、技術的なハードルとの違いはあるものの、可能性を探りたくなるカテゴリーです。遠くの宇宙に行けるのは、サイエンス・フィクションだけなのでしょうか ?

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp