ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

量子の物理学についての4つのクレイジーな事柄は、誰もが知っておくべきです


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200616170556j:plain

量子の物理学についての4つのクレイジーな事柄は、誰もが知っておくべきです

( 図 原子 Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

量子力学は、宇宙を作る光子、電子、および他の粒子の、狂気じみた挙動を記述する科学の法則のことです。量子力学は極めて小さいものについての物理学の分野です。それは物理的な世界について、一部の極めて奇妙な結論であるように見えるかもしれません。量子場理論を含む量子力学(Quantum mechanics、QM; 量子物理学または量子論としても知られる)は、原子や、原子の構成粒子のエネルギー・レベルの最小スケールで、自然の基礎理論における物理学の分野です。サイエンス・アサイラム(The Science Asylum)の以下のビデオで、ニック・ルシード(Nick Lucid)氏は、波粒子二重性などのような量子の物理学などについてぞっとするようなことを説明しています。なので見て学びましょう:

 


4 Crazy Things About Quantum Physics

(3:45) 2014/08/12

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同様な記事)

www.physics-astronomy.orglifeboat.comsinister-security.blogspot.com

 

----- この記事を読んで -----

ビデオ紹介記事になります。少々早口ですし、ヤンキーな印象ですが、ビデオでは、電子の量子的な性質についての要点を話しています。

電子は、エネルギー状態に関連して決まった軌道にしかいない。電子は量子であって、粒子だが波。電子が居る位置は、確率でしか表せない。電子は、どこにいるのか測定されると現れる。

こうした量子の世界を、ささっと紹介されています。

私達の暮らす世界では、目の前にあるものはそこに存在しますが、私達を構成する極小の物質世界は日常の常識を覆す世界です。

居たり居なかったり、居たとしても確立的にあの辺くらいらしいです。そして離散的な状態(連続ではない状態)に束縛されたりさえしています。

電子は、粒子(玉やボール)に例えられて入門的な理解がされます。しかし、その姿は、ゆらゆらしている波(エネルギー)の存在でしかなく、上手に絵に描けるようなイメージできる実体がありません。あちらにも、こちらにも現れますし、通れない壁もすり抜けます。オバケのような印象を持っていただいくことが、現実を正しく理解できるのかもしれません。

 

電子 - Wikipedia

量子 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp