ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

2000歳のシュメリアン・タブレットの最終翻訳


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200110144743j:plain

ゼカリア・シッチン氏 YouTubeよりスクリーンショット

2000歳のシュメリアン・タブレットの最終翻訳は、人間の存在理由を変えることができるストーリーを伝えます

(Fig.) ゼカリア・シッチン氏 

 

人間の創世記は一種のもので、それは歴史全体に多くの情報を加える異文化からの古代の文章でさらに驚くほど興味深いものになります。 類似した話の1つは、20,000年前のシュメールのタブレット(tablets)にあります。このタブレットは、考古学者ゼカリア・シッチン(Zecharia Sitchin)氏によって完全に翻訳されるまでに約20年かかりました。

ゼカリア氏の翻訳は、彼の人生の全過程を変えました。 50年前に翻訳を始めたのは、この複雑な仕事を受け入れる意欲のあるシュメール語の翻訳者がいなかったからです。

これらのタブレットは、古代シュメール語で、言語学的な変化を伴って書かれていたためだけでなく、その高齢化のために解読するのが困難でした。

それにもかかわらず、20年の厳しい戦いと仕事の後、ゼカリア氏はニビル(Nibiru)という惑星からきたエイリアンのライフ・ストーリーだ、と言った翻訳を提出しました。

 

f:id:Zzak:20200110143250j:plain

(Fig.1) シュメールのキング・リスト (ウィキメディア, パブリックドメイン)

 

地球外の存在はエンキ(Enki)と命名され、人類が1つの種族として登場する前に、彼の話はずっと早く始まりました。

ストーリーのタイムラインは、惑星ニビルで生活を守るために、エンキが20人の宇宙飛行士と妻と一緒に惑星地球に到着した後、金の採取に続いています。

タブレットは、生き残るために、惑星ニビルの大気が金を必要としている主張しています。この惑星全体の存在に危害を加えた紫外線を、金で反射するためです。

しかしながら、シュメールの神々は、地球から貴重な金を掘り起こそうとしていましたが、肉体的なに厳しい仕事に耐えられませんでした。

この事実で、エンキは、自分のDNAを地球上の既存のホミニズ(hominids)とミキシングすることでヘルパーを生成することを開始しました。

この種の人間を創造する任務は、エンキの妻、ニンフルサグ(Ninhursag)にありました。 タブレットの翻訳によって報告されたように、彼女はホモ・サピエンス(Homo sapiens)になるためにホミニドの遺伝子改変の最良の方法を知っていた科学者でした。

どこでつながるのでしょうか

人類は進化によって創造されただけでないと主張する多くの仮説があり、地球外の生き物達による干渉があったことを示しています。 まさしく、これらのタブレットはこうした理論を証明しています。

ゼカリヤ・シッチン氏はこれらのタブレットを、太陽系の人間創造の未知の部分を関連付ける強力な証拠と考えています。

 

(Fig.2)  シュメール語彙リスト。 紀元前2500年。

 

彼はまた、私達がそれを知っているように、人類がアヌンナキかニビルからのエイリアンの手で部分的に創造されたという意見を持っています。

シッチン氏の意見では、ミステリアスな惑星ニビルは太陽系の第10惑星で、10,000年の公転周期を持っています。

さらには、有名な宗教的イベントとして知られている大洪水は、ニビルの重力が引く理由だとシッチン氏は主張します。 付け加えると、彼は惑星が時間の経過とともに戻ると考えています。

多くの歴史家はシッチン氏の意見に同意せず、彼の翻訳の確実性を信じていません。

彼らは、タブレットが共通のルールに従って簡単に翻訳できないような方法で、途中で言語の違いを示している事実の疑問を正当化しています。

 


20,000–Year Old Sumerian Tablet’s Final Translation Tells A Story That Could Alter The Reason Of

(3:50)  2018/01/25 元記事掲載のビデオは視聴不可。カバーされた同じ内容のものになります。

 

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。「2,000-Year Old Sumerian Tablet’s Final Translation Tells A Story That Could Alter The Reason Of Human Existence

(同様な内容の記事)

curiousmindmagazine.com

 

 

----- この記事を読んで -----

アヌンナキのストーリーについて、ダイジェストに要旨が書かれた記事です。私達の太陽系の、第10番目の惑星ニビルを故郷とする種族がアヌンナキです。

少し脱線しますが、太陽系の外縁のカバーベルトの外に、大型の天体があるのかもしれないことが、天文学的に言われています。過去に第9惑星だった冥王星が、2006年に準惑星の区分になりました。そうした経緯もあり、現在ではプラネット・ナインが未知の大型惑星として存在するのではないかと言われています。(現在では、大型惑星の代わりに、塵やガスの塊かもしれないとした想定もあります)

なお、未知の意味でX(エックス)と表して、プネットX(エックス)という呼ばれ方もします。ローマ数字のX(10)ではないことにご注意ください。ただし、冥王星の区分の経緯から、2006年以前の言い方をすれば、第10惑星こそが存在の可能性のある大型惑星でした。

これがニビルなのかどうか誰にも分かりません。プラネット・ナインの位置でさえハビタブル・ゾーン(ゴルディロックス・ゾーン)からは大きく外れています。冥王星の公転周期がおよそ247年余りです。公転周期が3,600年だとすると、さらに遥か遠く、おゃまぁ、そんな極低温な場所にヒューマノイドが暮らせるのかが単純な疑問になります。

 

ゼカリア・シッチン - Wikipedia

ケプラーの法則 - Wikipedia

 

NEXT アヌンナキ

zzak.hatenablog.jpPREV アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

RELATED アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

RELATED DNAのミステリー

zzak.hatenablog.jp