ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ありゃ~、エンタープライズが月を通り過ぎたんかい


ADVERTISEMENT/広告

ありゃ~、エンタープライズが月を通り過ぎたんかい

(Fig.) エンタープライズらしきが写り込んだ写真

 

ルーマニアのプロの写真家マクシミリアン・テオドレスク(Maximilian Teodorescu)氏が、国際宇宙ステーション(International Space StationISS)のこの強烈な写真を取上げました。まるで、それが月の表面を渡ってさまよっていたようです。しかし、少し近寄って拡大して観察すると、それが宇宙船エンタープライズ号だと思って許されるかもしれません。そして確かに、この写真は最近、ジョージ・タケイ(George Takei)氏は、彼以外の、Facebookページの反応を受けて、「私の良き時代、この角度からは、私がかつて飛んだ特定の宇宙船のように見える」と述べました。

テオドレスク氏は、この写真を全体的に照らされている昼光の中で撮影しました。太陽はまだ水平線より26度上にあります。

 

 

----- 出典 -----

元記事は掲載終了しております。

(同じ内容の記事)

www.physics-astronomy.orgio9.gizmodo.com

 

Maximilian Teodorescu さんのフェイスブックのアカウント

https://www.facebook.com/maximilian.teodorescu.9

 

 

----- この記事を読んで -----

特に米国を中心に、スタートレック(TVシリーズや映画)が浸透しています。訳すのは大変なのですが、比喩表現としても使われるほどポピュラーです。なお、本文に登場されるジョージ・タケイさんは、スタートレック(邦題、宇宙大作戦)でヒカル・スールー(日本語吹替えの役名、ミスター・カトウ)の役をされた方です。スタートレックのストーリーで中心的な恒星間宇宙船がエンタープライズ(NCC-1701)となり、本文で取り上げられている外観の宇宙船になります。

NASAの、スペースシャトルの1つの機体の名前が、スタートレック・ファンの後押しで、エンタープライズの名称なったほどたくさんのファンがいます。写真を撮影されたテオドレスクさん、その写真が掲載された記事を目にしたスタートレック・ファンのハッピーな興奮は本物だったと思います。

この記事は、ISSエンタープライズに見えることでしたが、地上からの撮影で説明のできないものも撮影されており、こうした月の画像は注目の1つです。

 

宇宙大作戦 - Wikipedia

 

f:id:Zzak:20191224205609j:plain

( 図 エンタープライズ Pixabay )

 

スタートレックTVシリーズは、ザ・オリジナル・シリーズ(TOS)、ザ・ネクスト・ジェネレーション(TNG)、ディープ・スペース・ナイン(DS9)、ヴォイジャー(VOY)、エンタープライズ(ENT)、ディスカバリー(DSC)、、、そして2020年に公開予定のスタートレックピカードと、続いて行きます。

 


Star Trek: Picard | Season 1 - Official Trailer | Amazon Original