ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

別の宇宙の証拠か。重力は他の次元に逃げている


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191225172425j:plain

別の宇宙の証拠か。重力は他の次元に逃げている

( 図 ブラックホール Piqsels-CC0 )  (Fig.) オリジナルのアーティスト図

 

科学者達は、グラヴィテーショナル・ウエーブ(gravitational waves)[重力波]が別の宇宙世界の存在を明らかにするのに役立つ重要な要素だと言います。物理学者は、エクストラ[余分、おまけ的]な次元に逃げている重力があると信じています。エクストラな次元は、基本的に高周波の波の「塔」を作り、グラヴィテーショナル・ウエーブが空間を伸ばす方法を変えるでしょう。これらの変化が専門家によって検出されたなら、私達は実際にエクストラな次元の存在を証明するかもしれません。

唯一の宇宙があるかどうかという疑問は、私達の存在の最大のミステリーの1つです。 しかしながら、このミステリーはついに解決されるかもしれません。科学者達は、隠れた次元を検出するのに役立つ革命的な方法を見つけたかもしれないと信じているからです。専門家は、そこに未知の次元があれば、グラヴィテーショナル・ウエーブを変化させることで現実にさざ波(リップル、波紋)を起し、時空間の変化を引き起こす可能性があると信じています。 科学者達は、重力は、存在するかもしれない他の総ての次元を占める可能性が高い、と言います。その波は、他の次元が存在するかどうかを検出するのに最適な方法です。今現在、私達は毎日私達を囲む3つの次元、つまり長さ、幅、深さのみを知っています。さらにですが、専門家はもっと多くの次元があると信じています。このため、マックス・プランク重力波研究所(Max Planck Institute for Gravitational Waves)の専門家が、巨大な物体の動きに起因する時空間のさざ波を通してエクストラな次元を探しているのはこのためです。 重力は他の基本的な力よりも弱いことが分かっていますから、専門家の中には、それが他の次元に逃げているものもあるだろうと問いかけを持っています。それで、どうやって確実に知ることができるのでしょうか。

 

そこで専門家は、別の次元の存在が重力波にどのように影響するかを計算することにしました。そして、2つの奇妙な特性を発見しました。 まず第一に、専門家は高い周波数のエクストラな波でグラヴィテーショナル・ウエーブがどのように空間を伸展させるか変化を探すことにしました。

しかし、ニュー・サイエンティスト(New Scientist)誌が指摘しているように、「現在の観測所は高い周波数を検出することができず、計画された観測所の大半は低周波にも焦点を当てることになります。よって、これらのエクストラな波はどこにでもあるかもしれませんし、見つけにくいでしょう。 エクストラな次元の第2の効果はより検出可能になるかもしれません。それは余分な信号を加えるのではなく、私達が観察する「通常の」グラヴィテーショナル・ウエーブを修正するからです。」 研究を主導しているグスターボ・ルセナ・ゴメス(Gustavo Lucena Gomez)氏は、ニュー・サイエンティスト誌とのインタビューで、「宇宙にエクストラな次元があると、重力波はどんな次元でも、エクストラな次元でも渡り歩けます」と述べました。 専門家が説明したように、グラヴィテーショナル・ウエーブは、とても特殊な方法で宇宙を伸ばして空間をスキッシュ(squishing)[ぐにゃぐにゃ]します。ゴムバンドを引っ張るように、バンドによって形成される楕円は一方向に長くなり、他方で短くなり、一旦解放されると元の形状に戻るのに似ています。

しかしなから、エクストラな次元の道は、ブリージング[呼吸]モードと呼ばれる空間の形を変えるために、グラヴィテーショナル・ウエーブに別の道を追加します。あなたの肺が呼吸するとストレッチとスクイズするように、グラヴィテーショナル・ウエーブが通り過ぎると宇宙が膨張して収縮する、とニュー・サイエンティスト誌は書いています。

「エクストラな次元は、異なる視点から長い間議論されてきました」と、フランスのエコール・ポリテクニーク(École Polytechnique)のエミリアン・ダダス(Emilian Dudas)氏は述べています。「グラヴィテーショナル・ウエーブはエクストラな次元を探す上で新たな方向転換となる可能性があります」

 

文中の参照 - ニュー・サイエンティスト誌

www.newscientist.com

 

----- 出典 -----

元記事は掲載終了しております。

(以下は、同じ内容の記事になります)

www.ancient-code.com(同様な記事)

www.physics-astronomy.org

www.thespaceacademy.org

 

----- この記事を読んで -----

自然界にある4つの力のうち、重力が異常に小さいことが知られています。これは、現代の物理学が上手く説明できていないミステリーです。

アインシュタイン相対性理論では、空間3次元+時間の計4つの次元を使い宇宙を説明しています。さらにエクストラな空間1次元を加えて、空間4次元+時間の計5次元もしくは、それ以上の次元で宇宙が構成されているのではないかと、現代の物理学は考えています。このエクストラな次元が、どのような物理量となるのかも議論の1つなのでしょう。既に、弦理論で高次元が導入され、高次元が局所的なものなのか、宇宙全体に広がったものなのか、関心が尽きないところです。

人類がビジュアルでは知覚することのできない高次元。高次元での存在は居るのでしょうか。

 

4つの力:基本相互作用 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp