ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

NASAはドリーム・チェイサー宇宙機の生産のための親指を立てます(ゴーサイン)


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20201006110332j:plain

NASAはドリーム・チェイサー宇宙機の生産のための親指を立てます(ゴーサイン)

(図 Dream Chaser クレジットNASA)  (Fig.) アーティクル・イメージ クレジットNASA

 

国際宇宙ステーション(International Space StationISS)に物資やその他の貨物を送ることは、彼らが地球を周回しながら任務を遂行する乗組員が生き続けるために、定期的に行わなければならなりません。まさにその貨物がどのように配達されるのか、たぶん彼らはそれをもっとうまくやれると考える人達がいます。

シエラ・ネバダ・コーポレーション(Sierra Nevada Corporation、SNC)社は、ドリーム・チェイサー(Dream Chaser)と呼ばれるハイテク宇宙機でもう少し簡単に、ISSへの貨物配達をすることができることを、明らかにNASAに納得させました。さて、NASAが必要とするフープは何でも飛び越えた後に、同社は宇宙船の本格的な生産を開始するためのゴーサインを与えられました。

「SNC社はこの重要なマイルストーン[節目]を完了したというNASAの承認と、第1世代のドリーム・チェイサー宇宙船のフル生産の承認は、産業界にとって不可欠な科学的リターンの増大という私達が正しい道を進んでいる重要な指標です」と、SNC社のジョン・カリー(John Curry)氏は声明で述べています。

スペース・ニュース(Space News)誌が報じているように、ドリーム・チェイサーのバージョンは、元来は国際宇宙ステーションへの乗組員の任務を考慮して実行中でした。NASAはついにスペース・エックス(SpaceX)社とボーイング(Boeing)社の新しい乗員用の宇宙船の契約を授与しましたが、SNCはその設計を微調整し、そして貨物補給任務のための新しいバージョンのドリーム・チェイサーを発表しました。

宇宙船の現在の繰り返し利用は、それがロケットのペイロード・コンパートメントの中に置かれるのを可能にする折り畳み式の翼を持っています。ひとたび宇宙に入ると、ISSとドッキングし、貨物を移し、その後に地球へ帰還飛行します。大気中で焼却される貨物モジュールを投棄して、飛行機自体は滑走路に着陸するために飛び降ります。

SNCとNASAにとって同時にエキサイティングなニュースですが、ドリーム・チェイサーが動作しているのを見るまでにはまだしばらく時間がかかります。宇宙船は、最短で2020年末までそのデビューをすることはありません。

 

 

----- 出典 -----

news.yahoo.com

 

----- この記事を読んで -----

シエラ・ネバダ・コーポレーション社も、新規に宇宙開発に乗り出している会社の1つです。NASAが単独で宇宙開発をしていたときよりは、成功率も上がってくれることだと思います。
スペース・シャトル型は、ここ最近の人間の搭乗部分だけではないロケット本体の回収スタイルの流れから、廃れてしまうのかと思っていました。しかし、実際に取組まれ、実現に漕ぎつけたのは驚きです。

こうした流れの先には、軌道上にISS(国際宇宙ステーション)の後釜を設けることが視野にあるのでしょう。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp