ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

血液型Rh陰性とエイリアンDNA:記憶喪失の種の他の世界的な系譜か


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200522061333j:plain

血液型Rh陰性およびエイリアンDNA:記憶喪失の種の他の世界的な系譜か

( 図 light beings Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

Rh陰性(Rh negative)の血液と理論については、多くのことが言われています。人間を、Rh陰性の血液と他の世界的な起源と、人間をつなぐ公然の知識から守られた謎めいた真実があります。

 

 (Fig.1) 血液型と遺伝

「厚い本に歴史が含まれていませんが、私達の血の中に住んでいることを、完全に理解したのは誰なのでしょうか。」 - カール・ヤン(Carl Jung)

 

人間は4つの一般的な血液型があります:A、B、AB、およびO; 人体内の細菌やウイルスとの戦争を基本的に行うように設計された細胞の、細胞表面に見られるタンパク質に由来する分類です。

Rh陰性の血液が単なるミューテーション[突然変異]かどうかは、研究者の間で議論を引き起こしました。それがミューテーションならば、なぜRh陰性の血液を持っている人はおまけの脊椎(extra vertebrae)を持つことで知られているのでしょうか。これは、血液型と同様に、科学的には「ミューテーション」であると説明されています。

しかしながら、現代のDNA配列決定によれば、私達が知っている人類は、アフリカの同じ祖先から生まれた単一の「人種」だけではないことが実証されており、ハイブリッド[混交]種であり、その背後には遙かに得体の知れない真実があります。

Rh陰性の血液に関する議論では、多くの疑問が提起されています。人類が実際に、相互に古代のアフリカの祖先から進化したのであれば、理論によれば、誰しもの血は互換性がありますが、残念ながらそうではないことを理論は述べています。これは数多くの疑問を提起し、科学だけでは完全に答えることができませんでした。Rh陰性の血液はどこからやって来たのでしょうか。Rh陽性の子供を持つRh陰性の母親は、自分の子孫を拒絶しようとするのはなぜでしょうか。これはむしろ、物議をかもしだす理論によって説明するのは可能でしょうか。人類は実際には1つの種族ではなく、ハイブリッド種なことを示唆する理論[仮説]です。

この本は、ロバート・セパー(Robert Sepehr)氏によって書かれた、「記憶喪失症の種(Species with Amnesia)」です:私達の禁止された歴史は、私達に謎の血液型Rh陰性の詳細を教えてくれます。「記憶喪失の種」は、人類が実際にハイブリッド種であると提示されているだけでなく、著者は、高度な文明が私達以前に高度な文明が地球上にあり、いくつかの大きな世界的大災害によって破壊されただけなことを提示しています。ミステリアスなことに、歴史は私達に語ります。

 

(Fig.2) 霊長類種と亜種

 

セパー氏は、絶滅した種ごとに、過去の種の記憶と神聖な知識に選択されたわずかなものを保有する他の種が出てきたと主張しています。私達のうぬぼれでは、私達は科学技術の偉大な真理のいくつかを発見したと考えていますが、実際には過去の文明の深い知恵を再発見するほんの始まりです。いろいろな意味で、私達は記憶喪失の覚醒種のようで、私達の忘れられた過去を取り戻すことに憧れています。

 

スペイン(Spain)とフランス(France)のバスク人(Basque)の人々は、Rh陰性血液の割合が最も高い。約30%は(rr)Rh陰性であり、約60%は1(r)陰性遺伝子を有します。

「国際自然言語社会連合(International Union for Conversation of Nature、IUCN)によって、612の霊長類(primate)種と亜種(subspecies)が認められていますが、Rh陰性の血液はありません」- ロバート・セパー氏、「記憶喪失の種:私たちの禁断の歴史」

Rh因子または「アカゲザル因子(Rhesus factor)」は、アカゲザルの血液中で最初に発見されました。セパー氏によれば、人類が同じアフリカの祖先から進化した場合、彼らの血は互換性がありますが、そうではありません。全人類の約85%がRh陽性の血液を有していますが、総ての王族はRh陰性の血液を持っています。

科学はその質問に答えることはできないようです:Rh陰性はどこからやって来たのでしようか。私達は実際に、記憶喪失の種でしょうか。私達の起源の背後にある真実は、私達の考えよりはるかに謎めいている可能性はあるのでしょうか。

Rh陰性の血液は、アヌンナキがとりわけ地球上に残した遺産であろうと、多くの人は考えています。

 

興味深いことに、Rh陰性の株(strain)は、例えば英国王室の特徴で、それは可能性のある地球外の系統について議論の余地のある説を生み出しています。この仮説は確認されていませんが、これが生み出す不安な質問が宙を舞います:地球の人口のほんの一部には、高度に進化した地球外知的生命体によって、遠い過去に変更された遺伝暗号があります。文明化された世界がこの事実にどのように反応するのでしょうか。

 

 

----- 出典 -----

www.ancient-code.com (関連記事)

lastpodcastontheleftreadinglist.com

www.gaia.com

 

 

----- この記事を読んで -----

本文より、現代のDNA配列決定によれば、私達が知っている人類は、アフリカの同じ祖先から生まれた単一の「人種」だけではないことが実証されている。人類が同じアフリカの祖先から進化した場合、彼らの血は互換性がありますが、そうではありません。全人類の約85%がRh陽性の血液を有していますが、総ての王族はRh陰性の血液を持っています。

この部分がそうだとすると、人類の起源とストーリーは、一般的に説明されたり想像されているものとは違ってきます。Rh陰性の起源、どんなものなのでしょうか。

Rh陽性の二親からRh陰性の子が生まれる事例もあるようです。解明されていないことがふんだんにありそうです。

実際にRh陰性のご親戚を持たれる方によれば、Rh陰性だとまず輸血が受けられないこともあり、事故に遭わないように平素の生活もご苦労が多いようです。

 

Hypothetical types of biochemistry - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp