ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ニコラ・テスラ:UFOと重力の動的理論| 天才


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200505141223j:plain

ニコラ・テスラ:UFOと重力の動的(ダイナミック)理論| 天才

( 図 二コラ・テスラ ウィキメディアパブリックドメイン)

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

ニコラ・テスラ(Nikola Tesla)ニコラ・テスラ氏の重力の動的(ダイナミック)理論は、重力と電磁気力との関係を統一場理論(物質、エーテル、エネルギー以上のモデル)として説明しています。すべての基本的な力(総ての質量の間の力など)と、粒子の応答を単一の理論的枠組みに統一するための統合場理論です。

重力は、場の効果だとするテスラ氏の命題は、研究者達によって真剣に考察されています。彼の発表の時に、アインシュタインの仕事に対する彼の評価は、理屈の限界を超えた科学的立場で考察されました。この理論は一部の人によって異議を唱えられているか、または他の人には無視されています。それは、現在の科学者達により、「新しい」エーテル(ether)を基礎にした理論とほぼ推定されるものの再浮上で、明確な指針を変更するものではありませんでした。最初に1892年から1894年にかけて開発されました。それは、高周波および高電位の電流と電磁気を用いて実験を行っていた時期で、それは、その後は公式に発表されませんでした。これらの原理は彼の将来の研究と実験を導きましたが、彼が戦争の努力に幻惑された後、彼の人生の終わりに近づくまで、テスラ氏は彼の理論を発表しませんでした。重力の動的理論は、テスラ氏の標準的な有益なサイトのどこにも現れておらず、報告されていません。それは依然として機密事項で、情報公開法(FOIA)の下では入手できません。

 

(Fig.1) 二コラ・テスラ

 

19世紀に、科学者のマイケル・ファラディ(Michael Faraday)氏、ジェームス・クラーク・マクスウェル(James Clerk Maxwell)氏、ハインリッヒ・ヘルツ(Heinrich Hertz)氏は、電磁気現象を記述した理論を方程式化しました。この理論は、電気力と磁力は、電荷の間の空間に存在する電場と磁場から生じる結果なことを示しました。これらの電荷エーテルによって生成されて、それは通常の物質に電気力を作用させることができると考えられていました。ヘルツ氏は、動く電磁場が通常の物質から逃げて、エネルギーを運ぶ独立した電磁波としてエーテルを伝播する可能性があることを示しました。これらの電磁波は、目に見える形態と見えない形態の両方で来ます。ヘルツ氏は、可視光が電磁波の1つの目に見える形態であることを示しました。目に見えない電磁波には、電波、X線マイクロ波が含まれます。エーテルを動いているそのような波の概念は、石が水に投げ込まれた後、池の上に広がる波に例えることができます。池の波紋は電磁波と同等と考えることができ、静水はエーテルの等価物であると考えられます。池の中では、水に当たる石の力が結果として波紋を生みます。アインシュタイン氏の時代の科学者を困惑させるものの1つは、何が電磁場の形成を引き起こしたかで、それらの独立運動が空間を通って移動した結果として電磁波を生じさせます。

宇宙の要素の動きが起こったのに反して、エーテルは絶対安静の状態の背景幕だと考えられていました。1905年の彼の記事では、アインシュタイン氏はエーテルの存在を完全に拒否していませんでした。彼はいくつかの相対論的な問題の数学的な処置を提示しただけでした。1920年一般相対性理論を開発した後、彼はエーテルが存在すべきであるという結論に達しました。アルバート・アインシュタイン(Albert Einstein)氏の貢献を引用すると、この事実は大変に重要です。1920年アインシュタイン声明は、学生用の物理学の教科書には欠けており、1905年の彼の記事だけが言及されています。

 

ニコラ・テスラ| 重力の動的理論

テスラ氏は、彼の81歳の誕生日(1937年7月10日)に準備された声明を発表しました。アルバート・アインシュタイン氏の相対性理論を批評するものです。以下はその声明の一部です:

「...物体が周囲の空間に作用して、空間が湾曲すると仮定します。湾曲した空間が物体に反応し、反対の効果を生み出し、曲線を整えなければならないことは、私には単純なことに見えます。作用と反作用は共存するため、想定される空間の湾曲は全く不可能なことに続きます。しかし、それが存在しても、観察されたように体の動きを説明するものではありません。力の場の存在だけで、観察された物体の動きを説明することができ、その仮定は空間の湾曲を不要とします。この主題に関するすべての文献は無益で、忘れ去られる運命のものです。エーテルの存在とそれが現象において果たす不可欠な機能を認識することなく、宇宙の働きを説明しようとする試みは総てそうです。」

「私の2度目の発見は、最も重要な物理的な真実でした。私は6つ以上の言語で総ての科学的記録を長い間探してきましたが、わずかな期待をするものを見つけることはなく、私は自分自身をこの真実の元の発見者と考えています。これは次のような表現で表現することができます:環境から受け取ったもの以外に、物質にエネルギーはありません。」

この声明では、テスラ氏が「動的な重力理論を完成させた」と言い切っており、すぐに世界に与えることを望んでいたが、彼は細部を公表する前に死亡したと伝えられています。彼の死の周りには依然としてミステリーのめくらまし(halo)があります - 正確な日付でさえ確かではありません。彼の死は、この理論に関する秘密の文書を抜き出して入手するために、エージェントがあまりにも多くの「圧力」をかけたことによって引き起こされたと推測されます。残念ながら、テスラ氏が、彼の理論について公に明らかにした詳細はほとんどありません。重力効果によって湾曲している空間に対して議論が可能だとすることは、テスラ氏がアインシュタイン理論を理解することに失敗したと信じる人もいます。アインシュタイン理論は、曲がった空間ではなく、曲がった時空間です。しかしながら、テスラ氏がアインシュタイン理論を正確に理解しているかどうか不一致があります。アインシュタイン氏の理論的研究の時代に、テスラ氏は積極的に具体的な実験を行っていました。彼は、時間が便宜的に使用された単なる人工のリファレンスなことを強調し、そのような「曲がった時空」の考えは妄想的でした。それ故に相対論的「時空間」のビノミウム(binomium、方程式の数の半分を平方根に加えたもの)概念の基礎は存在しませんでした。

 

テスラ氏のエーテル概念

テスラ氏のユニークなエーテル概念を正しく理解することが重要です。この分野のいくつかの人気研究者が行っていないからです。テスラ氏のエーテルは古典的なエーテル「気体」理論に類似しています。

 

理論構造

テスラ氏は、彼が重力の動的理論を十分に発達させ、「総ての詳細でそれを考え出しました」と述べました。最初には1893〜94年の間に開発されたこのエーテルを基盤とした理論は、は重力を説明し、それを電磁気現象に直接関連づけ、太陽と総ての恒星が 「主要な太陽光線」を発し、二次放射線を生成することも説明しました。テスラの理論によれば、電磁気力による現象は宇宙で最も重要な現象です。彼の理論の一部分によれば、機械的な動きは、全般的に媒体に作用する電磁力の結果です。残念ながら、理論の数学的な詳細は公式には明らかになっていません。

テスラは次ぎの実証をしました。総ての物体は電気的な内容を持っており、よって、私達の地球は驚異的なスピードで宇宙を突き進む(それ故に、「動的」)総て可動する電荷です。彼の特定の排気チューブと、特別に設計された高周波の交流発電機(alternator)によって駆動される高電圧コイルを使用することで、どのように地球が「マイクロ波(microwaves)」を放射し帯電した球体として振る舞うかを、彼は実証しました。これらの発見とコロラドス・プリングズ(Colorado Springs)での確認に基づいて、彼は「翼、プロペラ、または(気球などの)ガスバッグを持たない」飛行する可能性のある最初の電磁機械を開発してテストしました。

テスラが82歳のとき、ディナーパーティーで話す代わりに、彼は書面で声明を出しました:

「私は総ての詳細での重力の動的を解き、これをすぐに世界に与えることを望んでいます。それは、この力の原因とその影響下の天体の動きを満足に説明し、湾曲した空間のような無益な思考や間違った概念に終止符を打つでしょう。相対論者によれば、天体の固有の性質や存在のために、空間は湾曲する傾向があります。」

「この素晴らしいアイデアへの現実の類似性を認めると、それはまだ極めて自己矛盾しています。あらゆる作用には同等の反作用が伴い、後者の効果は前者の効果とは反対向きです。物体は周囲の空間に作用してその空間を湾曲させると仮定すると、湾曲した空間が物体に反応しなければならず、反対の効果を生み出し曲線を真直ぐにすることは、私の単純な考えです。」

「作用と反作用は共存しているため、想定される宇宙の湾曲は全く不可能です。しかしながら、それが存在していても、それは観察されたように物体の動きの説明をするものではありません。力の場の存在だけがそれらの原因となりえ、その仮定は空間の湾曲を不要とします。この主題に関するすべての文献は無益で、忘れ去られるものです。」

 


Nikola Tesla: UFO and Dynamic Theory of Gravity ?? Myth or reality?

(13:56)  2015/12/20

 

----- 出典 -----

www.matrixdisclosure.com(関連記事)

Tesla’s Dynamic Theory of Gravity (PDF)

 

www.ancient-code.com

 

----- この記事を読んで -----

海外では人気が高く、よく取上げられているニコラ・テスラさんについての紹介です。電磁気学の学者としての功績を称えられ、磁束密度の単位 [ T ] は、テスラと呼ばれています。
実際に、どれほど電磁気力を動力に利用したクラフトを作ったのか、また成功したものになったのかは、定かでなさそうです。ここでは余り振れられていませんが、フリーエネルギーのカテゴリーで、二コラ・テスラさんへの関心はとても高いです。

 

基本相互作用 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp