ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ブラック・ナイトUFO衛星のクリア画像


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200414094006j:plain

ブラック・ナイトUFO衛星のクリア画像

( 図 ブラックナイト? クレジットNASA)

 

ブラック・ナイト(Black Knight)は地球外を起源とする人工衛星で、地球を約13,000年にわたり地球の周回軌道を回っています;「衛星」のストーリーは、様々な物体とその解釈について、おそらくいつかの関連の無いストーリーの集結で、その総てのは独立して文書化されており、最初の公表時には「ブラック・ナイト」なる用語を使用していていません。 北アイルランドのアーマー(Armagh)プラネタリウムの上級教育援助担当官マルティナ・レッドパス(Martina Redpath)氏によります。

ブラック・ナイトの伝説の起源は、ニコラ・テスラ(Nikola Tesla)の1899年のラジオ無線実験の間に、しばしば「後ろ向き調査的な日付が付けらました」。これは、おそらく受信されたと思われる自然界の地球外中継があったことと、そして1928年にノルウェーオスロアマチュア無線事業者ヨルゲン・ハルス(Jorgen Hals)氏が最初に聞いた長い遅延エコーになります。ススケップトイド・ポッドキャスト(Skeptoid podcast)局に所属するブライアン・ダニング(Brian Dunning)氏によると、テスラの1899年の電波信号は、1968年まで確認されなかったパルサー(pulsars)に送られていました。

1954年、UFO研究員のドナルド・キーホー(Donald Keyhoe)氏は新聞に次のように伝えました。米空軍は、地球の周回軌道上に2つの衛星が検出されたことを報告していました。当時、衛星を打ち上げる技術を持っていた国はありませんでした。懐疑的な人達は、キーホー氏が当時UFOの本を宣伝していたことを指摘しており、ニュース記事はおそらく「冗談」で書かれている可能性が高く真剣に取り上げるつもりはありませんでした。

ブラック・ナイト・ロケットと呼ばれる英国のロケットが、1958年から1965年のブルー・ストリーク(Blue Streak)ミサイル計画と連動して、乗り物を再テストしました。1964年に発表された「ブラック・ナイト・サテライト・ロウンチャー(Black Knight satellite launcher)」計画は、英国航空省の優先事項と考えられていました。計画では、何も決して軌道に入れず、ブラック・ナイト衛星の伝説とは無関係です。

1960年2月にTIME誌は次ぎの報告をしました。米海軍は、ソビエトのスパイ衛星軌道上にあると考えられる暗い物体を検出しました。フォローアップ記事では次ぎの確認をしています。このオブジェクトは「迷子になった空軍のディスカバラー8号(Discoverer VIII)衛星の残骸」でした。

1963年、宇宙飛行士のゴードン・クーパー(Gordon Cooper)氏は、UFOの観測を報告したと思われる。マーキュリー9号(Mercury 9)での彼の15周回目の軌道の間に追跡局によって確認されたが、これが起こったという証拠はありません。NASAのミッションの写しもクーパーの個人的なコピーも、そのようなレポートが軌道中に作られてはいないことを示しています。

1973年、スコットランド(Scottish)の作者ダンカン・ルナン(Duncan Lunan)氏は、受信した長い遅延ラジオ・エコーを分析しました。それは、ハルス(Hals)氏と他の人達によって次ぎの推測がされました。地球の月周回軌道に位置している13,000年前のエイリアン・プローブ(探査機)に由来する可能性があります。探査機はイプシロン・ブーテス(Epsilon Boötis)星の恒星系にある惑星が起源かもしれませんと、彼は提言しました。ルナン氏は後に彼の結論を撤回しました。彼が「間違った誤り」を起こし、彼の方法が「非科学的」であったと言いました。

 

(ビデオ)

www.facebook.com(5:00) 2019/03/12・・・貼られていたビデオのオリジナル作品

 

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(関連記事)

www.space.comwww.express.co.ukwww.ibtimes.com

 

 

----- この記事を読んで -----

NASAスペースシャトル計画の中で撮影された物議を呼ぶ写真があります。現在でもNASAのホームページに掲載され、どなたでも閲覧することができます。

ビデオは、セクション51(Section 51)と言われているCG製作者の作品です。CGIと呼ばれています。こうしたCGビデオと分かっていながら、誤解を生む記事タイトルがつけられて記事化されており、フェイクだと言われても仕方ありません。

ただし、記事の内容としてはブラック・ナイト・サテライトについて語られている様々な内容をダイジェストで紹介しており、そうした意味では資料としてよろしいかと思います。

 

フェイスブックの Section 51 オフィシャル・ページ

https://www.facebook.com/OfficialSection51/

比較的よく取り上げられるビデオの例

www.facebook.com

 

zzak.hatenablog.jp