ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

小惑星の警告:NASAは、2月15日に接近する高速の岩石を検出


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200216004103j:plain

小惑星の警告:NASAは、高速接近で何百万人を殺すかもしれない 1 km の岩石を検出します

( 図 アステロイド Pixabay)

 

世界規模で破壊を引き起こすのに十分な大きさの小惑星が、 今週末私達の惑星に接近します、と米国の宇宙機NASAが確認しました。
NASAは、2002 PZ39と呼ばれる大変動の可能性がある小惑星を追跡しています。この小惑星は、全長約3,280フィート(1キロメートル)と推定されています。巨大(colossal)な宇宙の岩は現在、35,500 mph (57,240 km/h)以上の速さで宇宙を駆け抜けています。
この調子で、NASAは、小惑星が2月15日土曜日の正午までに地球に「接近」するだろうと言いました。
宇宙機関によれば、これほど大きな岩は、衝撃で数百万人を殺すかもしれません。
NASAは言いました:「もしも25mより大きく1キロメートルより小さい- 0.5マイル強 - 岩石の多い流星が地球に衝突したのならば、衝突エリアに局所的な損傷を引き起こすかもしれません。」
「私達はこう考えています。1〜2キロメートルを超えるもの - 1キロメートルは0.5マイルを少し超える - は、世界中に影響を与えるかもしれません。」

 

(Fig.1) 小惑星警戒:来週地球を通過する激変する可能性のある岩石(画像:GETTY)

 

そうした小惑星の破壊的な潜在性は、いわゆる近地球オブジェクト(near-Earth objects)かまたはNEOに関する2018年のホワイトハウス(White House)レポートでも概説されています。
国立地球近傍物体の準備戦略および行動計画(The National Near-Earth Object Preparedness Strategy and Action Plan)では、最大3,280フィート(1 km)の小惑星が壊滅的な自然大変動の連鎖を開始できると警告しています。
レポートを読むと:「1 kmに近いかまたは1 kmを超える物体は、地球規模でダメージを引き起こすことができます。
「それらは地震津波、そして直接の影響エリアを遥かに超えて、他の二次的影響を引き起こせます。
「直径約10キロメートルの小惑星が、約6500万年前にユカタン半島(Yucatan peninsula)を襲ったときに、恐竜の絶滅を引き起こしたと考えられています。」
2月15日、小惑星2002 PZ39は、グリニッジ標準時午前11時5分 (東部標準時午前6時5分) に接近する見込みです。 [日本時間 2月15日 20:05]
これが起こるとき、岩石は惑星で、約毎秒15.19 kmかまたは35,567mph (57,240km/h) の速度でスイングバイ(swing by)します。
岩の軌跡の観察に基づいて、NASAは、小惑星の直径を1,443フィートから3248フィート(440mから990m) の間だと推定しています。
スケール想定の上端下端の双方で、小惑星の衝突は、絶対に壊滅的です。

 

(Fig.2) 小惑星警報:NASAは「地球に接近する」軌道で岩を追跡しています(画像:GETTY)

(Fig.3) 小惑星警報:小惑星、彗星、流星の違い(画像:EXPRESS / GETTY)

 

NASAはこう言いました:「それらの軌道がしばしば地球の軌道を横切るため、地球近傍物体との衝突は過去に発生しました。そして、私達は、将来の地球接近アプローチの可能性に警戒し続けるべきです。
「サイズ、構成、構造の特徴づけや、それらの将来の軌道を見張り、これらの天体を発見し、研究する努力を重ねることは賢明(prudent)なようです。」
しかし、米国の宇宙機関は、小惑星が今週地球に衝突することを見積もっているでしょうか。
ありがたいことに巨大な岩は、約0.03860天文単位の安全なマージンで、私達の惑星を逃します。
1天文単位は、地球から太陽までの距離を表します - 約9,300万マイル(1億4,960万km)。
言い換えれば、小惑星は358万マイル(577万km) 以上離れて私達をミスします。
小惑星が通り過ぎると、NASAはこう予測しています。それは、2034年6月14日に金星を訪れる予定です。
その後、同じ年の8月25日に、その小惑星は再び地球に接近します。
 
----- 出典 ----

www.express.co.uk

----- この記事を読んで -----

2月15日に最接近する小惑星 2002 PZ39。観測と軌道計算により衝突はしないとのことですが、宇宙にはいろいろな天体がありますね。わずか 1 Km程度の大きさのものでも地球に落ちて来ると、とんでもない災害になるとのこと。

うかうかしていられませんが、気にし過ぎても日々を送れないですし。

 

JPL Small-Body Database Browser

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp