ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

5Gは「世界史上最も愚かなアイデア」


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191218152535j:plain

5Gは「世界史上最も愚かなアイデア」- ワシントン州の教授

(図 アンテナ Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 
概要
  • 事実: ワシントン州立大学(Washington State University)で、生化学(Biochemistry)および基礎医学の名誉教授のマーティンL.ポール(Martin L. Pall)博士は、新しいレポートで5Gテクノロジーと無線放射全般に関連する多くの健康上のリスクを概説しています。
  • 考察: 5Gは注目を集めており、私達はその影響を少し恐れるかもしれませんが、私達はこの恐れを観察し、物事を問題の認識に戻さなければなりません。それで、私達は良い選択をすることができますが、恐れることはありません。
 
私達は、5Gワイヤレス・テクノロジーの製品投入(rollout)の最中で、政治家はまだ安全性の懸念に取り組んでいません。私は、最近、ロバートF.ケネディ(Robert F. Kennedy)氏について書き、これがどのようになったかを説明しました。彼らが、政府、大手メディア、および私達を保護し情報を提供することになっている連邦規制機関(federal regulatory agencies)を、完全に侵害することができた方法についてです。
ビデオでは、大手製薬会社を例として使用しています。彼らが議会に最も多くのお金を提供するので;大手の石油企業やガス会社よりもさらに。その記事では、私は、詐欺の複数の例を概説しています。それで、読者は現在の状況をより明確に把握し、実際の証拠を確認できます。
私達が保護されていないことは明らかで、政治家は、彼らの主人である大企業の意思のために、単純に永続します。大企業は、「金融の大君主達(overlords)」たる大銀行の奴隷として行動します。私達は、製品やサービスが、安全性テストを全く通ることなく承認され実装されるのを見続けます。これは大きな問題で、特に神経精神系の疾患(neuropsychiatric disorders)に関して、多重疾患(multiple diseases)や病気(ailments)が劇的に増加している主な理由の1つです。 化学神経解剖学ジャーナル(Journal of Chemical Neuroanatomy)で発表された「マイクロウェーブ(μ波)周波数の電磁場(EMF、electromagnetic fields)が、うつ病(depression)を含む、広範囲の神経精神医学的影響(neuropsychiatric effects)を生み出す」というタイトルの研究は、これを非常に明確に概説しており、そして数千の査読済み(peer-reviewed)の研究のほんの1つで、これは、このタイプの技術に関して複数の懸念を提起しています。
これらの制度の中で、人類の幸福のために現実の懸念はありますか。もしそうでないなのならば、何故私達は彼らを支援し続けるのでしょうか。それは、私達が、現実の懸念があるとする幻想下にいるからでしょうか。そして、何故私達は、腐敗した政治家を選出することで、自分達から力を奪い続けているのでしょうか。
とにかく、この記事で私は、ワシントン州立大学で生化学と基礎医学の名誉教授の、マーティン・L・ポール博士に注目したいと思います。次のタイトルの彼のレポートから引用。「5G:EU、米国、および国際保健にとって大きなリスクだ。電磁場(EMF)の曝露により引き起こされる8つの異なるタイプの大きな損傷の説得力のある証拠、およびそれらを引き起こすメカニズム」で、彼は次のように述べています:
「安全性の単一の生物学的テストなしに、数千万の5Gアンテナを配置することは、世界の歴史の中で、誰もが持っていた最も愚かなアイデアについて、でなければなりません。」
その報告書は多くの科学を経て、5Gテクノロジーの有害な影響に関して、既に利用可能な総ての科学に追加されるだけです。もしあなたが詳しい情報を探しているのならば、私はしばしば環境衛生トラスト(Environmental Health Trust)に人々を案内します。何故ならば、あなたがより多くの科学にアクセスできる、素晴らしいリソース[資源]だからです。
これは新しい情報ではありません。長年にわたり、5Gテクノロジーに関する健康上の懸念を証明する多くの研究が発表されてきており、そして何百人もの科学者達がそれらについて国連(United Nations)に嘆願しています。これらの取り組みは、コロンビア大学(Columbia University)の生理学(Physiology)学科および細胞生物物理学(Cellular Biophysics)学科の、マリン・ブランク(Marin Blank)博士によって行われた研究の結果として始まりました。
彼によれば、一般的な無線放射に関して:
「私達は、私達に害を及ぼす何かを作り出してきました、それは制御不能になっています。エジソンの電球の前には、私達の環境には、電磁放射はほとんどありませんでした。今日のレベルは、自然のバックグラウンドのレベルよりもとても高く、急速に成長しているのは、この放射線を放出する総ての新しい機器のせいです。はっきり言って、この放射線は、私達の体の生きている細胞を傷つけ、時期尚早に私達の多くを殺します。」
繰り返しますが、安全性テストを全く行わずにこれらの技術が製品投入された(rolled out))ことは、信じられないことです。如何にしてこれが起こることが許されるのでしょうか。この事は、もしも安全性テストが行われたのならば、おそらくとにかく変更は行わない事があるでしょうし、そしてこれらの企業は、これらの技術を展開して利用することが許されるでしょう。
ポール博士の研究について、この記事の内容をご覧ください。以下は、彼の研究と、私達が5Gテクノロジーに関心を持つべき理由について、詳しく説明する講義です。
一部の人々は、これが「疑似科学(pseudoscience)」だと信じるようにさせられており、それは驚くべきことです。これは驚くばかりでなく、大変な懸念でもあります。
NIH(National Institutes of Health) [国立衛生研究所] が後援し、米国CDC[疾病管理予防センター]と他の幾つかの組織が共催した「建物の健全性に関する円卓会議(Health in Buildings Roundtable)」では、ワシントン州立大学(WSU)のマーティン・ポール博士は、「5Gの製品投入(rollout)は、完全に正気でない」と結論付けました。この短いプレゼンテーションで、-ポール博士は、住民が現在被曝している2G / 3G / 4G放射線が、科学的に以下のようにリンクされていることを確認しました:繁殖力(fertility)[受胎能]低下、不眠症(insomnia)、疲労(fatigue)、うつ病(depression)、不安心(anxiety)、動物の脳構造の大きな変化、細胞DNA損傷、酸化性(oxidative)ストレス、ホルモン崩壊、癌、など他多数。私達の携帯電話、無線wifiルーター、携帯電話アンテナ、および他の無線技術によって放出されるエレクトロ・スモッグ(electro-smog)が人間の細胞にどのように影響するかについて、ポール博士はメカニズムを簡単に説明しました。
 
(9:08)  2018/08/07
 

あなたにできること。 私達は、恐れる必要はありません

最初に、5Gの主題について適切な調査ジャーナリズムを実行するために、私達はキャンペーンを実施しています。私達は、テレコム業界が政治と結びついていることを調査し、危険を無視し適切な安全性テストなしで、5Gをプッシュする取り組みを公開する予定ですが、しかし、私達はあなたのサポートなしでそれを行うことはできません。
 あなたはこのキャンペーンに参加して、5Gを止めることができます。
さらに、私達はこのトピックについて詳しく説明を書きました。以下は、私達が最近公開した記事の一部で、もしあなたが詳しい情報を探しているのならば、詳細をご覧いただけます。
 
捕捉として、この情報の多くは、もの凄い拒絶反応に火を付けられますが、それは正常です。それは、私達の環境と私達の食物に散布されている大量の害虫などの駆除剤(pesticides)[農薬]、森林破壊率の上昇、そして変更が必要な人類の経験の幾つかの他の側面を含めて、あなたが他の人道的問題(humanitarian issues)に対して持っているかもしれない、同じ凄まじい拒絶反応を、引き出すことができます。恐れやパニックに反応しないことが重要であると同時に、これらのことを完全に無視せず、総てのことが魔法のように大丈夫だと考えることが、さらに重要です。
私達の無知の結果として、地球はこの混乱に飲み込まれています。これらのような重要な科学的発見を無視した私達の結果だからです。もしも私達がこの道に沿って続けるのならば、病気の発生率は上昇し続けます。認識が鍵であり、そして、この問題について簡単に知らされることは、正しい方向への大きな一歩です。
 
それで、あなたは何ができますか。あなたはEMF防護服と寝具を購入するか、EMF防護塗料で家を塗装することもできます。使用していないときに、あなたはコンピューターのプラグを抜くことができますし、携帯電話の電源を切り、あなたが寝る前に総ての電子機器のプラグを抜いてください。あなたは有線インターネット接続を使用できますし、これは実際にはどんな無線接続よりも遥かに高速です。あなたは、健康的なライフスタイルを生きることができ、心身の癒しのテクニック(mind-body healing techniques)を使用してあなたを支援できます。
私は超心理学(parapsychology)について多数書いており、次のことは全くもってして明白です。私達の心が、私達の生物学に多大な影響を与えます。私は、少し「新たな時代年齢(new agey)」のように聞こえることを知っています。しかし真実は、もしも自分が危害を受けていると考えないのならば、あなたの生物学への影響は、健康上の懸念について怖くてストレスが溜まっている人と比べて、オッズ(odds)[勝算]が大きく異なります。意識は巨大で、それは予防措置に関する最大の要素の1つです。
 
あなたは、私達のCEプロトコルを通してこのバランスについて詳しく学べます。
 
 
----- 出典 -----

(同様な記事)

www.globalresearch.ca

(検索されると、きりがないくらいヒットします)

 

 

----- この記事を読んで -----

5G: 導入は、6GHz以下の周波数帯を使って、LTE/LTE-Advancedと互換性を維持しつつ、6GHzを超えた帯域を使って、新しい無線通信方式を導入、基地局に計算資源を備えることにより、端末に近い場所で処理する事で、センターのサーバーへ伝送するデータ量を低減して、遅延を減らす「モバイルエッジコンピューティング」の導入などが想定される。

出典:ウィキペディア 第5世代移動通信システム - Wikipedia

5Gとは、第5世代移動通信システムの通信規格のことです。
実際に5Gがどうして危険なのかを一言で言うと、マイクロウェーブだからです。みなさまのご家庭に電子レンジ、あると思います。電子レンジで使われているのがマイクロウェーブ(マイクロ波、μ波)と呼ばれる電磁気(電波や光のこと)の波長帯になります。
電子レンジでご存じかと思いますが、マイクロウェーブを浴びせると、浴びせられた物が過熱し、加熱調理がされます。お湯も沸かせます。
これは、
電磁波により分子にエネルギーが与えられ、化学反応をしてゆくことになります。マイクロウェーブは極性のある分子、例えば水分子を揺さぶり加熱してゆくことになります。そうして一定時間浴びせると、有機物も炭化します。
もちろん、マイクロウェーブの出力(例えば、ワット数で表現)の強弱にもよります。電子レンジに比べれば、ワイヤレスのモバイル機器用のマイクロウェーブの出力は小さいとは思いますが、身体(特に脳)に隣接したところからマイクロウェーブを繰り返し、長時間浴びる(被曝する)ことで、生命体を構成する有機物が化学反応を起こして行く、つまり壊れてゆく、DNA、染色体、細胞、、、ここが問題の根源です。
日本では、携帯電話各社が既に製品化をし、通信速度の利便性としての良い面だけ宣伝されているようです。残念ながら、メーカーから健康被害については、語られていないような !?
なお、健康被害が未知なために、オランダかベルギーでは5G導入見合わせなようです。
 
(5:27) 2018/10/31