ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

NASAは、地球が新しい月を持っていることを確認


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191218031706j:plain

NASAは、地球が新しい月を持っていることを確認

( 図 地球と月 クレジットNASA ) 

 

1つは、孤独な数字です。特に、人間でいっぱいの惑星を回っている、単一の月である場合。しかし、ここで希望を失ってはいけません。ちょうど2番目の月が、あなたの仲間として来るかもしれないと、NASAは発表しました。この新たに発見された月は、今の月よりも小さく地球を驚くほど不規則に周っていますが、それでも2つはとても優れています。この2番目の「月」は、実際には 2016 HO3 と呼ばれる小惑星で、現在は地球と「小さな踊り(ダンス)」に拘束されています。 それは「準月」と呼ばれています。

 

この新たな月は今、一世紀以上にわたって踊っています。その軌道は大きな楕円形で接線を少しずらす影響を与えており、地球の今の月の38〜100倍の距離で、地球の軌道面を横切ってアップダウンします。この新たな月の軌道は約8°傾いており、太陽を365.93日で公転し、地球の365.24日の一年より少し長いです。NASAは次のように述べています。「2016 HO3は私達の惑星の回りを回っていますが、私達が太陽の周りを回っているので、決して遠く離れません。地球の準衛星です。

その軌道は傾いていて楕円軌道なので、時にはそれは太陽にかなり近く、地球より少し速く動きます。別のとき、新しい月は少し遠くで少しゆっくりと動いています。地球から約1400万キロメートル以上離れていますが、約4000万キロメートル以上離れていることは決してありません。

 

(Fig.1) 軌道の様子

 

NASAによれば、それは36.5メートルより大きいが、91メートル以上の幅ではありません。これからの何世紀にかけて、地球を回るでしょう。2016 HO3は、ハワイ州(Hawaii)のハレアカラ(Haleakala)にあるパン=スターズ・ワン(Pan-STARRS 1)小惑星探査望遠鏡(asteroid survey telescope)で、4月27日に、:研究者達により最初に発見されました。

 


Asteroid 2016 HO3 - Earth's Constant Companion

(1:00)  2016/06/15

 

ソース:

www.sciencealert.com

 

  ----- 出典 -----

元記事は掲載終了しております。

(同様な記事)

en.protothema.grrapidleaks.com

 

----- この記事を読んで -----

観測精度が上がり、小さな天体の動きが捉えられるようになりました。これからも、小惑星も含めた多くの未知の天体が見つかって行くことでしょう。

そうした中には、地球に接近するなど不都合な天体もあるかもしれません。

 

(469219) 2016 HO3 - Wikipedia