ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

コロナウイルスをブロックする抗体が、科学者達により感染細胞から発見された


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200414000947j:plain

コロナウイルスをブロックする抗体が、科学者達により感染細胞から発見された

Fig.0 インド空軍(Indian Air Force)のヘリコプターが2020年5月3日にインド(India)のチェンナイ(Chennai,)で行われた、新型コロナウイルスの蔓延との闘いにかかわった総ての人々に敬意を表して花びらを落としたとき、オマンジュラ医科大学病院(Omandurar Medical College)のスタッフが集まりました。科学者達は研究室で、ウイルスが細胞に感染するのを防ぐことができると言う抗体を特定しました。ARUNSANKAR / AFP

 


6 Tips For Staying Productive While Working From Home During Coronavirus Outbreak

(2:20)  2020/03/26

 

科学者達は、研究室でこの抗体を特定しました、新型コロナウイルスが細胞に感染するのを防ぐことができる、と彼らは言います。 抗体が、ウイルスにより引き起こされる病気のCOVID-19への、治療法を作るために使われることができることを、チームは望んでいます。

ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)によれば、コロナウイルスが昨年末に中国中部の武漢市(city of Wuhan)で、人々に感染し始めて以来、350万人以上がCOVID-19と診断され、100万人以上が回復し、そして約248,000人が死亡しています。

研究がジャーナル・ネイチャー・コミュニケーションズ(journal Nature Communications)に掲載されたチームは、モノクローナル抗体(monoclonal antibodies)として知られているものがCOVID-19の患者を助けられるかどうかを探索してきました。 現在、この病気に対するワクチンや特定の治療法はありません。モノクローナル抗体は、研究室で作成されたタンパク質(protein)の一種で、体内の特定の物質に結合できます。これらのタイプの抗体は、免疫システムが、脅威に如何に応答するかを模倣しており、一部の癌の治療に使用されます。

 

47D11という名前の抗体は、スパイクタンパク質に結合することが分かりました。スパイクタンパク質は、SARS-CoV-2として知られる新型コロナウイルスが体内に侵入するために使用するものです。そして抗体は、病原体(pathogen)を中和(neutralizes)する方法でそれをブロックします。

彼らの研究を実行するために、研究者達はこうしたマウスを使用しました、マウスのバイオロジー(biology)は、人間に見られるものと同様の抗体を作成するために調整されました。 彼らは動物に次のスパイクタンパク質を注射しました、SARS、MERS、およびいくつかのタイプの一般的な風邪の使用を引き起こして細胞に侵入するウイルスです。 これらのウイルスは、病原体の大きなコロナウイルス・ファミリーのメンバーで、これには、COVID-19を引き起こすバグ(bug)のSARS-CoV-2も含まれます。 マウスは、注射されたコロナウイルスのスパイクタンパク質を、中和することができる51の抗体を生産しました。 この研究のステージは、2019年後半に、SARS-CoV-2が、最初に保健当局に注目される前に行われました。

チームは後に、抗体が実験室のサンプルでSARS-CoV-2とSARS-CoVを中和するかどうかを見ました、そして47D11が中和したことを発見しました。

 

ユトレヒト大学(Utrecht University)の准教授で、感染と免疫プログラム(Infection and Immunity programme)の共著者の、ベレンド=ヤン・ボッシュ(Berend-Jan Bosch)氏は、声明でこう説明しました。この研究は、彼のチームが以前にSARSを引き起こすウイルスであるSARS-CoVを標的とすることができる抗体で行った研究に基づいて行われました。

SARS-CoV抗体のこのコレクションを使用して、私達は、培養細胞(cultured cells)で、SARS-CoV-2 [COVID-19ウイルス]の感染を中和する抗体も特定しました。 そのような中和抗体は、感染した宿主の感染経路を変えたり、ウイルスの除去をサポートするか、または、ウイルスにさらされている感染していない個々を保護する可能性があります。」

 

ロッテルダム(Rotterdam)のエラスムス医療センター(Erasmus Medical Center)の細胞生物学の学術教授で、共著者のフランク・グロスベルド(Frank Grosveld)氏は、次のように述べました: 「この発見は、この抗体の特性を明らかにし、COVID-19治療の可能性として開発を開始するための、追加の研究のための強力な基盤を提供します。」

研究に関与していない専門家は調査結果(findings)を歓迎しましたが、研究の限界も指摘しました。

 

サセックス大学(University of Sussex)のゲノム損傷と安定化センター(Genome Damage and Stability Centre、GDSC)の分子遺伝学(molecular genetics)教授の、トニー・カー(Tony Carr)氏は、声明で述べました: 「感染性の阻止は完全に細胞培養の研究に基づいていますが、しかし、以前の文献はこの提案をサポートしています、この試薬(reagent)は、可能性のある治療法としてさらに探索すべきです。」

 

キングス・カレッジ・ロンドン(King's College London)の薬学の客員教授であるペニー・ウォード(Penny Ward)氏はこう述べました、この抗体はSARS-CoV-2感染の予防と治療に使用される可能性があります、「しかしながら、動物モデルでこれを研究することなしに、これらのアプローチのどれかが最も効率的かもしれないかは、はっきりしません。」

この抗体が動物でCOVID19の予防や治療の可能性を、もしもチームが示すことができたのならば、調査結果はより強固(robust)でした、と彼女は述べました。

「産物(product)が、人間の生体内(in vivo)で効果があると結論することは不可能です」とワード氏は述べました。

 

ロンドン保健衛生大学(London School of Hygiene and Tropical Medicine)のウイルス学(virology)教授の、ポリー・ロイ(Polly Roy,)氏はこう述べました。チームが作成したデータは「とても良い」、そしてコロナウイルスに関するそれらの研究で、よく知られていることを強調しました。

 

ロンドン・メトロポリタン大学(London Metropolitan University)の分子免疫学(Molecular Immunology)で教授の、ゲイリー・マクリーン()氏は述べました: 「何故ならば、人では出来ないですし、抗体は人にも見られません、私達が知っている限り制限があるからです。 しかしながら、COVID-19の治療に使用できる可能性のあるバイオ物療法(biotherapeutic)を提供できる可能性のある、うまく行われた研究です。

この研究は個別のプロジェクトを補完します。回復期血漿療法(convalescent plasma therapy)として知られている100年前の技術かどうかを判断(looking at)します。そこでは、COVID-19から回復した人からの血液が、病気を叩き役立つことを願って、現在の患者に挿入されます。

 

北京(Beijing)の清華大学医学部(Tsinghua University School of Medicin)の治験責任医師(principal investigator)で、英国のケンブリッジ大学病院(Cambridge University Hospitals)の感染症コンサルタント(consultant in infectious diseases)の、ババク・ジャビッド(Babak Javid)教授はこうコメントしました: 「これは、とても興味深い研究です。COVIDの最も広く押し売り(touted)されている実験的(まだ証明されていません)治療法補の1つは、回復期血漿の使用です。」

彼は述べました: 「しかしながら、回復期血漿の使用は、拡張が難しく、治療法として広く利用することが困難です、そして、それは血液製剤(blood product)なので一部の潜在的な安全上の懸念があります。 それ故に、SARS-CoV2を中和することもできる個々の抗体を特定することに、強い科学的関心がありました。 この訳は、COVIDの医薬品治療として、大規模に個々の抗体(モノクローナル抗体またはmAbとして知られています)を大量に製造ができるからです。 モノクローナル抗体はまた、血液製剤の投与(administering)の安全性の懸念もありません。」

 

英国(U.K.)のレディング大学(University of Reading)で細胞微生物学(Cellular Microbiology)の准教授の、サイモン・クラーク(Simon Clarke)氏は声明で述べました:「このような抗体は、人の血液から精製する代わりに研究室で作ることができ、そして、考えられるところでは(conceivably)病気の治療法として使用できますが、しかし、これはまだ実証されていません。

「興味深い展開ですが、人々に抗体を注射することはリスクなしではありませんし、そして、適切(proper)な臨床試験を受ける(undergo)必要があります。

 

 

----- 出典 -----

Antibody That Blocks Coronavirus From Infecting Cells Discovered by Scientists - Newsweek

 (ネイチャー・コミュニケーション誌に投稿された論文)

www.nature.com

 

----- この記事を読んで -----

5/4に出回った記事になります。47D11 と呼ばれるモノクローナル抗体が、SARS-CoV-2に有効とのこと。1日でも早く、臨床試験の結果を待ちたいところですし、治療方法として役立つことを期待したいです。

しかし、こうしたトピックを何故、主流メディアは取り上げないのでしょうか...

 

モノクローナル抗体 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp