ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

古代インドの6,000年前のフライングマシンであるヴィマナの動力は何でしょうか


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200409160739j:plain


古代インドの6,000年前のフライングマシンであるヴィマナの動力は何でしょうか

( 図 ヴィマナヴィマナ ウィキメディアパブリックドメイン)

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

古代インドの歴史によれば、地球上で最も広範なものの1つ「ヴェーダ(Vedas)」と呼ばれる古代の神聖な文章は、6000年以上前に私達の惑星を訪れた信じられないほどの飛行船について語ります。古代ヴィマナ(Vimana)の動力は、世界中にアクセスできるだけでなく、容易に利用できることが判明しました。

歴史を通して、多くの一般的な神話や伝説には、信じられない飛行機があり、古代の人々がどのように空を通って遠くまで旅行したかが書かれています。古代アラビアの空飛ぶ絨毯絨毯(じゅうたん)、エゼキエルの車輪(Ezequiel’s wheel)、ソロモン(Solomons)の能力はある場所から他の場所へ移動することができますし、古代のインドと中国の文章で言及されている魔法の馬車(magical chariots)や「ヴィマナ」などがあります。

古代インドの地球上で最も広範な歴史の一つによれば、「ヴェーダ(Vedas)」と呼ばれる古代の神聖な文章は驚くべき空飛ぶ船を語っています。それは6000年以上前に私達の惑星を訪れています。ヴィマナの存在に反対する人は多いが、世界中の何百万人もの人々は何千年も前に次のことを心配しています。古代人類は「神」が操縦した信じられない空飛ぶ機械によって訪問されています。ヴィマナの助けを借りて、古代の宇宙飛行士は、惑星外の異なる場所を容易に訪れ、古代の原始的な文明の中に知識と富を広めました。

古代ヴィマナのリファレンス(参照)は、マハーバーラタ(Mahabharata)で見つけることができます。マハーバーラタは、古代インドのサンスクリット語の2つの重要な叙事詩の一つです:

「ラマの命令では、雄大な馬車は凄まじい騒音で雲の山に上った。もう一節には:ビマ(Bhima)は彼のヴィマナと巨大な光線で浮揚しました。その光線は、太陽のように鮮やかで、嵐の雷のような騒音を出しました。」

古代のヴァイヤメンカ-シャストラ(Vymanka-Shastra、航空学の科学)には、ヴィマナの記述があります:「ある場所から別の場所に、もしくは地球(球体)から地球(球体)に、自分の力で行くことができる装置」。

ラガヴァン(Raghavan)博士は指摘します。「このテキストの啓示はさらに驚異的になります。機械が構成されている31の部品が記載されており、それには下部の撮影ミラーを含みます。またテキストには、空飛ぶ乗り物を構築するために必要な16種類の金属も列挙されています。『適切な金属、16種類の軽合金』しかし、今日私達には3種しか知られていません。 残りは翻訳不可能なままです。」

ラガヴァン博士の解釈に同意したもう一つの権威は、バンガロール(Bangalore)のインド科学研究所(Indian Institute of Science)の航空学教授のA.V.クリシュナ・ムーティ(A.V. Krishna Murty)博士です。クリシュナ・ムーティ博士は次のように述べています。「それは本当です」、「古代インドのヴェーダと他のテキストは、航空宇宙、宇宙船、空飛ぶ機械、古代の宇宙飛行士を指しています。」「サンスクリット語のテキストの研究は、次ぎのことを私に確信させます。古代インドは空飛ぶ機械を構築する密を知っていましたし、それらの機械は、他の惑星から来た宇宙船の後にパターン化されました。」

 

しかしながら、これらの古代ヴィマナにはどのような燃料が供給されたのでしょうか。

(Fig.1) 古代インドのヴィマナ

 

サンスクリット語の20世紀初頭の航空宇宙技術であるヴェマニカ・アストラ(Vaimānika Śstra)は、次ぎの主張をしています。古代のサンスクリット語叙事詩で別記したヴィマナ(vimānas)は、先進的な空飛ぶ乗り物で、古代のエイリアン理論に裏打ちされている惑星間飛行が可能なロケットに似ています。

G.R.ジョゼイ(G. R. Josye)氏によって1952年に明らかにされたテキストには、8章に3000のシャロカ(shlokas)が含まれています。シャロカについてはシャストリー(Shastry)氏が次のように主張したものです。古代のヒンズー教徒の賢者バラッヴァハ(Bharadvaja)によって彼に精神的に配達されたものです。カンジレル(Kanjilal、1985)氏によるヴィマナの推進は、電気推進に類似したコンセプトの「水銀渦エンジン」によるものです。

しかしながら、多くの人々は次のように論じています。古代ヴィマナのクラフト(船体)には、はるかに大きく、よりアクセスしやすく、そして「フリー」動力源が利用可能でした。

数年前に言及した、次のことは注目に値します。中国の研究者は、チベットのラサで数千年前の古代のサンスクリット文書を発見しました。古代のテキストは、翻訳のためにチャンディガール大学に送られました。ショッキングな結果でした。ルース・レイナ(Ruth Reyna)博士によれば、翻訳されたテキストは、間違いなく星間宇宙船の建設のための「青写真」だと伝えられています。

翻訳された文書によれば、宇宙船のために設計された推進システムは、反重力技術に基づいていましたし、「ラギマ(laghima)」に類似したシステムに基づいています。それは人間の生理的メーキャップに存在するエゴ(自我)の未知の力です。「引力(重力)の総てを打ち消すのに十分な強い遠心力です。」

興味深いことに、ヒンズー教ヨギス(Hindu Yogis)によれば、ミステリアスな「ラギマ」の力は人々が空中浮揚するのを可能にするものです。

レイナ博士は説明しました。「搭載された『アストラス(Astras)』と呼ばれたこれらの機械は、クラフト(船体)の建設業者は、いかなる惑星にも人を派遣することができました。しかしながら原稿には、惑星間通信がどのように達成されたかは言及されていません。ですが、地球から月への旅に言及しており、旅行がただ計画されたのか、実際に行われたのかは不明です。」

しかしながら、偉大なインドの叙事詩の一つのラマヤナ(Ramayana)は、ヴィマナ(もしくはアストラ、Astra)の月への旅行のとても詳細な物語を持っています。実際には「アスビン(Asvin)」(または「アトランティス(Atlantean)」の飛行船)

インドの科学者はこれらの文書の価値について極めて留保されていました。しかし、中国が情報のある部分を宇宙計画に含めるために研究されている発表したときに、留保することは少なくなりました。

ところで、私達は実際に古代の技術を「リバース・エンジニアリング」することはできるでしょうか。そうですね...あなたが可能だと思うものに依存します。興味深いことに、サンスクリット・サマランガナ・スートラドラ(Sanskrit Samarangana Sutradhara)では、次のように書かれています。

「ヴィマナのボディは、強く耐久性のある軽い材料で偉大な飛ぶ鳥のように作られなければなりません。鉄の加熱装置を下にして、内部に水銀エンジンを置く必要があります。動いているときに運転旋風を設定する水銀に潜む力によって、内部に座っている人が宙を飛び回ることがあります。ヴィマナの動きは、垂直に上昇し、垂直に降り、前後に傾いて移動できるようになっています。機械の助けを借りて、人間は空を飛べ、天の存在は地球に降りることができます。」

興味深いことに、バビロニア人(Babylonians)の法則は、ハカサ(Hakatha)は明白に述べています。

「空飛ぶ機械を操縦する特権は素晴らしいです。飛行の知識は、私たちの継承の中で最も古くからあります。『高いものからのもの』からの贈り物。私達は多くの生命を救う手段として、彼らからそれを受け取りました」

「プッシュパッカ・ヴィマナ(Pushpaka Vimana)は、無制限の人数を収容できる、大きな都市の大きさの巨大な『飛行機』でした...」

「... 3つの飛行都市が作られ、悪魔に使われました... 1つは空の静止軌道にあり、もう1つは空を移動し、もう1つは永久に地上に置かれていました。これらは空に現代の宇宙船のようにドッキングされていました...そして固定緯度/経度が固定されています。シヴァ(Siva)の矢は、明らかに燃えるミサイルを指しており、それは目的のために特別に建設された衛星から発射されました。戦闘で破壊された当時の繁栄文明の痕跡は、これらの伝説を通して...」  - D.K.カンジレル教授のマツヤプラナ(Matsyapurana)の観察。

 

地球の自然エネルギーを利用する

(Fig.2) パワープラントとしての古代ピラミッド

 

ところで、古代ヴィマナが惑星の自然エネルギーにアクセスできるように作られた可能性はあるのでしょうか。もし何千年も前に何があったら、古代の空飛ぶ機械は、地球の自然エネルギーを使って充電してリロードしたのでしょうか。ピラミッドのような古代のモニュメントは、実際には、古代ヴィマナに燃料を供給した巨大なエネルギー送信機の可能性はあるのでしょうか。

興味深いことに、金属のような石を充電することができ、そして電荷を放出することができます。地球上の古代のサイト(場所)が、いわゆる磁気渦や電気「レイ・ライン(Ley Lines)」に特別に配置されていたとしたら、いかがでしょうか。無数の、古代インドのピラミッド、モノリス、巨石彫像、ステルス、オベリスク、トーテムなどがあり、数え切れないほど多くの意味があるならばどうでしょうか。古代インドだけでなく世界のさまざまな文明は 特別な科学的目的を持っていました:膨大な量のエネルギーを伝達すること。

多くの研究者は、次ぎの主張をしています。インカ、エジプト、東インド、マヤおよびその他の古代文明に起因する複雑な古代の石造物は、特定の目的を持っており、自然界だけの美学ではありませんでした。

多くの人々が、ギザの大ピラミッドを古代のエネルギー機械の最高の例の1つとして考えています。このことに言及するのは注目に値します。それは、数千年前に作られたテスラ的な発電所でした。それは巨大な古代の構造で、地球の自然の性質を利用することができ、大量のエネルギーを創出したり生産したりしました。このエネルギーは、古代エジプト人や古代マヤのような他の文化や、世界中の他の文化が数千年にわたり使用されたと考えられています。しかしながら、この理論は、主流の研究者によって強く拒否されてきました。

私達が古代文明の歴史に別の観点からアプローチするならば、世界中の古代文明が、実際には極めて洗練されていることに私達は気付くでしょう。そして、主流の科学が「それらを再発明」する数千年前に高度な技術を使用していました。

これらの高度な技術は、古代エジプト、古代シュメール、北米/中米/南米に存在していました。電気、電気化学、電磁気技術、冶金、そして水理地質学、化学、物理学、数学と天文学の高度な形態を含む高度なエンジニアリング、これらは何千年も前から大規模に使われていました。

 

 

----- 出典 -----

ancient-code.com(同様な記事)

openheartedrebellion.com

 

----- この記事を読んで -----

古代宇宙飛行士説の一部になるとは思いますが、6000年前のインドにも、伝説なのか史実なのかを考えさせられることがあるようです。
なんとも、いかつい、仏塔のよう外観イメージから都市のようなサイズの飛行するものでもあったのでしょうか。いろいろと想像がかき立てられらます。

 

ヴィマナ - Wikipedia

マハーバーラタ - Wikipedia

ヴィマニカ・シャストラ - Wikipedia

2015年インド科学会議古代航空機論争 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp