ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

パラレルワールドが存在し、すぐに試験可能になると科学者達は言う


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200318164119j:plain

パラレルワールドが存在し、すぐに試験可能になると科学者達は言う

( 図 マルチバース Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

この瞬間にこの記事を、パラレル宇宙(parallel universe)で読んでいるあなたのコピーは居ますか。隠れた現実(The Hidden Reality)の執筆者のブライアン・グリーン(Brian Greene)博士:パラレル宇宙と宇宙の深い法則は、自然のこの奇妙な側面が存在する可能性がある信念を持っています。彼はこの3分間のテレビ・インタビューで素晴らしい見通しを議論します。宇宙論者の数が増えていることは、次ぎの考えでグリーン氏と同意しています。私達は多くの宇宙のうちの1つに過ぎませんが、それにもかかわらず、これらの他の世界の1つは私達の近くにあり、多分ミリメートルだけ離れています。私達は、この世界を、私達の通常の現実主義の4つの次元とは異なる種類の空間に存するので、この世界を知ることはできません。私達はこの世界を知ることはできません。それは、私達の通常の現実的な4つの次元とは異なる種類の空間に存続するからです。MIT(マサチューセッツ工科大学)のマックス・テグマーク(Max Tegmark)氏は、この「多くの宇宙(many universes)」の多元モデル(multiverse model)を信頼しており、それは現代物理学に根ざしており、最終的にはテスト可能であって、予測可能で反証ができないものです。

 

「これはSFではありません」と彼は延べます。「本当の科学です」

CERN大型ハドロン・コライダー(Large Hadron Collider)の研究が進むにつれて、研究者達は徐々に地平線上の「新しい物理学」を話しており、私達の宇宙の未知の謎を科学者がもっと理解するのに役立つポテンシャルがあります。この新しい方法論では、ダークエネルギー(dark energy)の理解を深めており、一部の前衛的な思想家が信じている匿名の力は、「シスター(sister)」の宇宙が私達の近隣に潜んでいます。特有の出来事は宇宙論者によって目撃されました。それは、アンドロメダ銀河のように250万光年離れて、200万mph(マイル毎時)で天の川銀河へのスピードアップをします。もし目に見えない宇宙から重力が漏れて、2つの銀河が一緒に描かれていたならば、この発生は理にかなっています。

WMAP宇宙望遠鏡の科学者達は、天の川銀河の重力の1万倍の力を発見しました。彼らは、パラレル宇宙がそこにあるかもしれない強い証拠を提供していると信じています。パラレルワールド(parallel worlds)を探索する別の取り組みとして、NASAは、他の宇宙の存在を示す可能性のあるデータを記録するためにISS(国際宇宙ステーション)にアルファ・マグネティク・スペクトロメータ-2(Alpha Magnetic Spectrometer-2)を搭載してデータを記録しました。そのうちのいくつかは反物質(anti-matter)で作られているかもしれません。この宇宙の秘密を解明することは、世界中の関心を惹きつけています。このプロジェクトは、ほとんどのEU諸国からの資金調達を引き出しました。加えて、台湾、中国、ロシア、米国。

私達は他の宇宙を訪れることができるのでしょうか。新しいPBSのインタビューで、宇宙の謎、USC[南カリフォルニア大学]の宇宙論者クリフォード・ジョンソン(Clifford Johnson)氏は述べました。私はフィクションの文脈でこれを議論することをOKと信じていましたが(FOX TVのフリンジ(Fringe)参照)が、それはまた研究者が発見できる何かです。 何人かは、物質と私達の重力と磁力の力で作られたものが、私達をこの宇宙に繋ぐ基本だと提案しています。それらは私達が、前後、上下、左右、時間の流れの4次元の動きを離れることを許しません。宇宙は近くにあるかもしれませんが、私達がそれを見たり接触したりするためには、私達は最初にその異なる次元を理解しなければなりません。私達はそれらを「サイドウエイの新種(new kinds of sideways)」としてイメージするかもしれません。

それにもかかわらず、重力は総ての宇宙に浸透しているように見え、何らかの革命的な重力操作によって他の宇宙とつながる可能性があります。パラレルワールドが近くにあると、どう思いますか。

ジョンソン氏は次のように述べています。「それは、私が人としてのユニークさを少なく感じるかもしれない、あるいは多分感謝するかもしれません。なぜなら、多くのことで、おそらく私のコピーによってどこか他の場所で行われており、そうした時間を発見していないからです。」

グリーン氏は、一部の宇宙は私達の宇宙と区別することが難しいかもしれないと付け加えています。他のものは、私達は存在するが、異種の家族、キャリア、およびライフ・ストーリーを持ち、私達たち総てのバリエーションを含むかもしれません。さらに他の点では、真実は私達とは劇的に違っていて、認識できません。専門家達は、今後数十年でインテリジェンスは指数関数的に進み、この「とっぴな(over-the-top)」のアイデアはいつか確立された事実になるとみています。他のあなたが、あなたよりも満足できる生活を送っている別の地球を訪れている写真。両方が合意すれば、あなたは場所を替えることができます。

あえての質問は、「私達のパラレル人格が出会ったらどうなるのでしょうか。私達の短期間の成果を組み合わせてより良い人間になるか、または私達は互いに競争するのでしようか。」

いつ、パラレル宇宙とのコミュニケーションが可能でしょうか。決意と幸運をもって、一部の専門家達は、この信じられないほどの偉業は、早ければ10年で達成できると予測しています。他方、情熱的でない人々は、これが起こるために不可欠な技術が次の50〜100年に渡る可能性があると考えてください。 乞うご期待。

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同じ内容の記事)

sinister-security.blogspot.comwww.physics-astronomy.com(詳細な関連記事)

#3 Parallel Worlds exist and will soon be testable, expert says – Institute for Ethics and Emerging Technologies

 

 

----- この記事を読んで -----

パラレル宇宙(パラレル・ユニバース)と、パラレル・ワールドの言葉が混在しています。ここでは、とても接近して重なり合いを持つが、変化や歴史のズレがある世界を考察しているようです。

私達は、「空間3次元+時間」の世界の住人です。物理学や数学は空間に第4次元や、高次元が存在することを示していますが、私達には知覚できません。高次元がパラレルワールドのことを指しているのか、パラレルワールドが高次元を指しているのか、これらの関係は全く不明ですが、興味深いものがあります。いろいろな可能性を考察するのは楽しいことです。

 

パラレルユニバース:多元宇宙論 - Wikipedia

パラレルワールド - Wikipedia

高次元:余剰次元 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp