ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

2019ノーベル物理学賞


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200121115946j:plain

2019ノーベル物理学賞

(図 宇宙イメージ Pixabay)  (Fig.) 2019年ノーペル物理学賞

 

2019ノーベル賞受賞者のジェームズ・ピーブルズ(James Peebles)の物理宇宙論への洞察は、研究の全分野を豊かにし、そして過去50年間の憶測から科学への宇宙論の変革の基礎を築きました。1960年代中頃から発達させた彼の理論的枠組みは、宇宙について私達の現代のアイデアの基盤です。
 
ビッグバン(Big Bang)モデルは、ほぼ140億年前の、宇宙のその最初の瞬間から記述しています。それが極めて熱くて高密度だったときです。それ以来、宇宙は拡大し、より大きく、より冷たくなってきました。ビッグバンから40万年後、宇宙は透明になり、光の光線は宇宙を通ることができました。今日でも、この古代の放射線は私たちの周囲にあり、それにコード化[記号化/暗号化]され、宇宙の秘密の多くが隠れています。彼の理論的なツールと計算を使用して、ジェームズ・ピーブルズ氏は、宇宙の初期のこれらの痕跡を解釈できました。そして、新しい物理的プロセスを発見することができました。
 
結果は、そのコンテンツのわずか5%しか知られていない宇宙を示しています。それは星、惑星、樹木、そして私達を構成する物質です。残りの95%は、未知のダークマターダークエネルギーです。これはミステリーであり、現代の物理学への挑戦です。
 
2019年のノーベル物理学賞は、ジェームズ・ピーブルズ氏の「物理宇宙論の理論的発見(theoretical discoveries in physical cosmology)」に半分が授与されました。そして残りの半分はミシェル・マヨール(Michel Mayor)氏とディディエ・ケロズ(Didier Queloz)氏の「太陽型恒星を周回する太陽系外惑星の発見(the discovery of an exoplanet orbiting a solar-type star)」に授与されました。
 
 

----- 出典 -----

Nobel Prize フェイスブック10月8日投稿から

www.facebook.com

 

----- 参考ビデオ -----


Announcement of the Nobel Prize in Physics 2019

 
フェイスブックの2019受賞者のライブ
 
 
 
 ----- この投稿を読んで -----
2019年のノーベル物理学賞は、天体物理学の2つのテーマが受賞しました。
とても興味深いキーワードです。「ダークマターダークエネルギー」、「太陽系外惑星」。どちらも知的好奇心をかき立てられます。


しかし宇宙の95%を占める未知のもの。。。ダークマターダークエネルギーだと仮に呼んでいますが、何なのでしょうか、ね?
とてもイメージしにくい、もっと別のものなのかもしれません。