ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

スフィンクスの頭部は、失われた街への入り口です


f:id:Zzak:20210423012915j:plain

スフィンクスの頭部は、失われた街への入り口です

(図 Sphinx Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

エジプトの建造物やアーティファクト[場違いの人工物]は、常に人類を魅了してきました。グレート・スフィンクス(Great Sphinx)は史上最もミステリアスな建造物の1つです。もっと、最近の考古学者達は、大衆からは秘密にされている何かを発見しました。

グレート・スフィンクスは1936年にフランスの考古学者エミール・バゲット(Emile Baguettes)氏によって発見されました。バゲット氏は、スフィンクスの半分が砂に埋まっているところを発見しました。

催眠物質の影響下ながら、エドガー(Edger)として知られている預言者によれば、グレート・スフィンクスの中には図書館がありました。

 

(Fig.1) スフィンクス

 

この図書館にはその起源に関連する多くの本や原稿が含まれており、もしもこれらの建築物であるならば、エジプトの建築は失われた都市アトランティス(Atlantis)のレプリカだと主張しています。

 

(Fig.2) スフィンクス内部通路

 

その後1987年に、考古学者達のグループが、スフィンクスの中に一連のトンネルを発見しました。結局彼らは、これらのトンネルがどこにも向かわないことを発見し、それが総ての事によりミステリーを加えました。

チャールズ・ラッセル(Charles Russel)氏による、スフィンクスのレクリエーションによれば、その中には、巨大なプロポーションの部屋(chamber)が見つけられ、その入り口はスフィンクスの頭部の中にありました。同時にスフィンクスの内部は別のスタンス(stances)に通じる秘密の通路でいっぱいでした。

 

(Fig.3) スフィンクスの構造イメージ

 

そしてもっと衝撃的なのは、スフィンクスの下にもう1つのピラミッドがありました。このピラミッドは、エジプト王朝の最初の支配者であるファラオ・メネス(Pharaoh Menes)の墓になるでしょう。物語によれば、ファラオ・メネスは、地球を支配するために神に選ばれました。

 

(Fig.4) スフィンクスのかつての外観イメージ

 

エジプトは、新しい発見と未解決の謎で私達を驚かせ続けます。これら総てについて、どう思われますか。

 

(Fig.5) スフィンクスの頭頂部の穴

 

The Head of the Great Sphinx: is it The Gateway to a City

(3:39) 2020/02/28

 

 

----- 出典 -----

newsinstact.com(同様な記事)

www.express.co.ukalienstar.netwww.ancientpages.comancient-files.com

 

----- この記事を読んで -----

2019/04/26に公開された記事でしたが、2020/10/18に改訂されビデオが追加されていました。

スフィンクスの頭部から内部に入るルートがあるとか、内部にはさまざまな小部屋があるとか、スフィンクスの下にもう1つのピラミッドあるとか、興味深い内容が盛り込また記事です。近年は考古学的な調査が許可されることはなく、こうした情報の検証が進まないことが残念です。いったい何が隠されているのでしょうか。そして、誰が、何のために、いつ、どのような文明が、何故この場所に、どうやって建設したのでしょうか。質問しか出てこないアーティファクトです。

 

スフィンクス - Wikipedia

ギザの大スフィンクス - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp