ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

アンドリュー・バシアゴ博士:「私は物理的に時間を旅し、私はそれを証明することができます」


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200316145018j:plain

アンドリュー・バシアゴ博士:「私は物理的に時間を旅し、私はそれを証明することができます」(タイムトラベルの証拠)

( 図 タイムトラベル ウィキメディアパブリックドメイン)

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

ほとんどの科学者達は、タイムトラベルは「まだ」できませんと言います。ワシントン州(Washington)の弁護士は、冷戦時代に秘密のプロジェクトの一環として数十回も行ったと伝えています。

 

(Fig.1) ポータル

 

時間と空間で他の点に接続するポータル(Portals)は、多くの書籍、映画、ビデオゲームに登場しています。 それらのいくつかは遠くの場所に接続し、他は時間的に前後に移動し、最も強力な異次元に移動します。 ほとんどの人は、これらの進入は神秘主義の領域やSF(サイエンス・フィクション)にしか存在しないと仮定していますが、科学者を含む多くの人々が、ポータルが古代に、そしておそらく今日でも開かれていると確信しています。

 

2人の情報提供者によれば、国防総省(Department of Defense)は40年以上前にタイムトラベルのテクノロジーを開発しました。1967年早々に、米国政府はこれ専用の設備を使用しており、これはテスラ量子アクセス(Tesla quantum access)に基づいて建設されていました。

この技術は、軍事施設の建設を秘密に保つために使用されてきましたし、同様に将来の成果を知ることで政治的および経済的な利点を提供することができます。ある人は、CIAは、テスラ氏の文書を彼の死後直ぐに、テレポーテーション(teleportation)で押収したと言う人もいます。

これらの2人の情報提供者の1人はマイケル・レルフ(Michael Relfe)氏で、米国軍隊の元メンバーであり、彼はアメリカの高位の秘密オペレーションのメンバーだったと主張しました。彼は1976年に募集されたと述べ、彼は火星の2つの内の1つかそれ以上の米国植民地を維持し拡大するのを支援するのに次ぎの20年間を費やしました。

これらの基地は戦略的研究の拠点と防衛目的を果たし、それら秘密を守るために、それらは将来に建てられました。

アンドリュー D. バシアゴ(Andrew D. Basiago)博士は、時間と空間のホログラム(hologram)でのタイムトラベルに焦点を当てたDARPAペガサス計画(DARPA Pegasus Project、1968年から1972年迄)の参加者でした。CIAは第1世代の探検家になるために才能のある米国児童のグループを積極的に訓練していました。

 

(Fig.2) タイムトラベル

 

このミッションには、いくつかの不穏な理由により子供達がより適していました。まず、彼らのクリアな心と感想や経験の欠如のために、彼らは理想的な候補者と考えられていました。米国政府は、若い体と心でのタイムトラベルの影響に関心を持っていました。成人の有志は、通常、数回の旅行の後に狂ってしまいました。幸運なことに、素朴な子供達は、彼らをひどく苦しめてしまうかもしれない以前の経験と信念をほとんど持っていませんでした。

量子技術(quantum technology)のもう1つの使用法は、政治のコントロールで見いだされました。バシアゴ博士によれば、将来に関心のある人々は、何年も後に行うことになっていた任務について、初期の段階で通知されることになります。彼は、1970年代にニューメキシコ州(New Mexico)アルバカーキ(Albuquerque)で、ジョージ・HWブッシュ(George HW Bush)とジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)が彼らの将来の大統領を知らされた昼食の間に、それが存在すると述べました。

バシアゴ氏は1971年に、2001年9月11日に発生したツインタワー(Twin Towers)攻撃のイメージを見たと述べました。彼らは未来を観察することによって得られ、そして分析のために戻りました。これは、米国政府が30年前にそれが起こる前に9.11のことを知っていたことを意味します。

情報提供者達とそれを支援する人によれば、この技術は、多くの人々から資金提供されているにもかかわらず秘密が保たれています。これらの任務が、その巨大な可能性のために機密解除されたのは、初めてではありません。

彼らは、人々は本当に起こっていること、宇宙探査に関する真実、そして他の惑星上の人間の存在、こしたことを知る権利を持っていると言います;しかしながら、逆のことが起こります。テレポーテーションは、人や物を瞬時に動かせることで、世界中の輸送問題を解決する可能性があります。それはまた、現在の専制政権のピラミッドをすぐに破壊するのにも役立つでしょうが、どうしてこの情報が明らかにされないのかです。

 

----- 出典 -----

infinityexplorers.com(同様な記事)

medium.com

alien-ufo-sightings.comwww.ufo-spain.com

 

 

----- この記事を読んで / タイムトラベラー No.6 -----

なかなか盛りだくさんの内容です。タイムトラベルができると、何でもありに近いのかもしれません。特に、空間のテレポーテーションとはどのようなものだったのでしょうか !? もしも再現できるのならば、大革命となることでしょう。

 

タイムトラベル - Wikipedia

テレポーテーション:瞬間移動 - Wikipedia

 

NEXT タイムトラベラー

zzak.hatenablog.jpPREV タイムトラベラー

zzak.hatenablog.jp

 

タイムトラベル理論

zzak.hatenablog.jp