ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

科学者達はストリング理論[弦理論]についての証拠を見出し、絶対に理解する方法


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200308160057j:plain

科学者達はストリング理論[弦理論]についての証拠を見出し、絶対に理解する方法

( 図 パーティクル Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

私達は壮大で複雑な宇宙に住んでおり、私達は本質的にそれに興味があります。数多くの機会に私達は熟考しました - ここで何をしているのでしょうか。私達と世界はどこから生まれたのでしょうか。世界は何で創られているのでしょうか。適切な回答の一部を発見するために巨大な前進が行われた時代に生きることが私達の利益です。

ストリング仮説[弦理論]は、最後の質問(および2番目の質問の一部)に答える最新の試みです。これは総ての材料科学で、最も華麗で疑問と疑わしい思考の中では傑出したものです:ストリング仮説。ストリング仮説の核心は、かなり長い間物質科学を通っている「思考(実験)のストリング」で、一部の原理のレベルでは、総ての特有の力、粒子、つながり、そして真実の出現は、類似の構造の主要な側面として絡み合っています。強い相互作用、電磁相互作用、弱い相互作用、重力相互作用の4つの独立した基本相互作用よりもむしろ、それぞれのものを包括する1つの仮説がまとめられています。数多くの点で、ストリング仮説は、重力子の量子仮説のための最善の候補で、最も注目すべき活発なスケールで結びつくことが単に起こります。それに対する探索的な確認がないという事実にもかかわらず、それが有効であるかもしれないと仮定するための説得力のある動機があります。ストリング仮説は30年前に、その完璧さで当時のシーンを確かに揺さぶりました。それは肝心な物質科学の厄介な問題に取り組むことになる、豊かな努力の結果で、アインシュタインの簡単に歪められた時空と、その総てを構成していた膨大な量の量子化されたビットとの間の、有名で頑強な交差[交わらない、行き違い]を含みます。ストリング仮説はアドバンスの仕事で、科学が何なのか、あるいはその主な構成要素は何なのか正確に結びつけようと試みで、それはやや疑わしいかもしれません。ストリング仮説は長年にわたり、数多くその名前の変更をしています。世界で最も有名な物理学者の中で際立った存在のブライアン・グリーン(Brian Greene)博士は、彼はストリング仮説が宇宙の重要な構成要素を理解する上でどのように役立つかを明らかにします:彼が宇宙に行くことを考えているならば:そして、なぜ彼は彼にちなんで命名された昆虫を持っていたのか、完全にすべてを理解する方法:

 


String Theory Explained

(2;46)  2016/10/29

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(関連記事)

www.space.com

www.theatlantic.comphys.org

 

----- この記事を読んで -----

ビデオ紹介記事の部類になります。ストリング理論[弦理論]と呼ばれる、基本的な相互作用を統一的に理解しようするモデル化の試みです。

 

弦理論 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp