ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

1937年の古い絵はiPhoneを持っている男を示しています - これは時間旅行の証拠でしょうか


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191217073811j:plain

1937年の古い絵はiPhoneを持っている男を示しています - これは時間旅行の証拠でしょうか

(画像 ピンクン / ウィキペディア パブリックドメイン)

(Fig.) スマートフォンを持つネイティブ

 

1937年のこの古い絵画で、iPhoneのように目に見えるガジェットを持っているネイティブ・アメリカンを見つけられますか。このミステリアスな物体は、時間旅行の可能性についての推測を引き起こしました。7年前かそれ以上前にこの壁画を描いた時代に、誰かが21世紀のハンドヘルド機器を持ち帰った可能性はありますか。

この壁画は「ピンクン氏とスプリングフィールドのセトリング(Mr. Pynchon and the Settling of Springfield)」で、1937年にイタリアの抽象画家ウンベルト・ロマーノ(Umberto Romano)氏によって描かれた17世紀のシーンです。マサチューセッツ州スプリングフィールドの創設者、ウィリアム・ピンクン(William Pynchon)氏は、新世界に到着したときにネイティブ・アメリカ人に囲まれていました。このシーンは、「スマートフォン」の出現から400年近く前に起こったものです。

 

(Fig.1) ピンクン氏とスプリングフィールドのセトリング

 

あなたは、この歴史的な壁画で、スマートフォンを利用するネイティブ・アメリカンを見つけられますか。セラミック容器で満載された箱の中に座って、羽の装飾が施されたネイティブは、目の前の未知の長方形の物体を握っています。この物体はスマートフォンとやや似ています。

 

(Fig.2) スマートフォンを持つ姿

 

この驚異的な不一致は、コンピュータによって拾われました。

こんなイメージが時間旅行の証拠になるのでしょうか。ロマーノ氏は、今日の未来的なハイテクに精通し、今日の社会を70年前に事前に知ることがでたのでしょうか。

編み込まれた髪を持つ男は、自分のソーシャルメディアのフィードをチェックしているか、または自撮りスナップをしているのでしょうか。もちろん、彼らは携帯電話の信号はもちろんのこと電気を持っていないので、彼は何を持っていたでしょうか。

 

(Fig.3) 一般的なスマートフォン

 

歴史家のダニエル・クラウン(Daniel Crown)氏は、アメリカのネイティブ・アメリカンは、単に「鏡」に興味を持っていると考えています。これはピンクン氏の所有する財宝の1つです。

ロマーノ氏はおそらく近代性の導入を、技術的に低いコミュニティで好奇心として捉えようとしていたのでしょう。コミュニティはすぐに光っている物のピンクン氏の宝物に魅了された」と彼は言いました。

 

ネイティブ・アメリカンにとって、鏡は富と威信の象徴でした」とネイティブ文化の専門家であるエドウィン・L・ウェイド(Edwin L. Wade)氏は、ビヨンド・バックスキン(Beyond Buckskin)誌に伝えました。

 

あるいはそれは 「福音の一つか、あるいは詩篇のようなもの」と、クラウン氏は言いました。「これらは当時存在し、ほぼ同じ長方形であった」と彼は説明しました。

 

(Fig.4) 今日のスマートフォンを使う様子

 

一方で、ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)の人類学の助教授のマーガレット・ブルシャク(Margaret Bruchac)博士は、1600年代に人気のある貿易品であるアイアンブレードであると考えていますが、「スマートフォンとは、それの持ち方と注意を集中させる方法の両面で、むしろ凄い類似点があります」。

 

 

----- 出典 -----

元記事は掲載終了しております。

 (同様な記事)

doyouremember.comtimesofindia.indiatimes.comwww.gtgoodtimes.com

 

 

----- この記事を読んで -----

(タイムトラベラー No.2)

現代のスマホのようなものが1937年の絵画に描かれていたことから、過去へのタイムトラベルがあった証拠ではないかと推測された話題です。

現代物理学の範囲では、理論とテクノロジーを踏まえ、過去へのタイムトラベルは不可能と言われています。タイムトラベルは、バック・トゥ・ザ・フューチャーターミネーターなどなどのSF映画や、エンターテイメントの空想世界だけのストーリーなのでしょうか。

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp